みかづき

著者 :
  • 集英社
4.17
  • (446)
  • (444)
  • (189)
  • (20)
  • (8)
本棚登録 : 3285
レビュー : 488
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087710052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • んーっ。本屋大賞2位ですか?
    個人的にはそれほど引き込まれることなく、読み進めた感じ。普通面白いと、ページをめくる速度がどんどん上がっていくんだけど、これはなかったなぁ。親子3代、スケールは大きいんだけど、テンポも自分には合わなかったかな。

  • 塾業界を舞台にした物語。日本の戦後から現在までの教育政策と絡ませながら塾や学校、そして人の育て方について理想を追い求める。様々な人の視点から教育が語られるので、多面的な見方ができる。私は中学生の子供を持つ父親だ。その立場にいると、どうしても受験などいろいろ思うところもある。しかし、思ったことを言っても、伝わったかどうか分からないし、そもそも子供をコントロールしていいものかどうかも悩むところだ。本作品は自分の想像をはるかに越えるものだ。教育分野の大河ドラマである。子供を持つ親に読んでほしいし、中学生くらいの子供にも読んで欲しい。きっと心に響くエピソードがある。共感できるエピソードもある。自分の生きざまを振り返るとともに、自分の子供に対する教育の提供について考え直すきっかけとなった。教育は経済活動より尊いと思う。

  • 森絵都の本を愛読していたが、この本は読むのに苦労した。いつも、一気に読んでいたが、この本は登場人物に寄り添うことができなかった。たぶん主人公が好きになれなかったからだと思う。

  • 終わったぁ~  読み終えたぁ

    塾の立ち上げから始まり、教育や経営方針、時代の教育思考・国の方針などを織り交ぜながら 夫婦・親子・孫・・・家族の形を描いている。読みごたえあり。

    自分の時代は塾なしでもなんとかなったけど、今の時代の子たちは学校+塾や習い事が当たり前 忙しい毎日。

    親たちも共働き率は高く、シングルの家庭も増えている昨今。

    「自分で考える力」 どうやったらついていくんだろう。

    千明が言っていた「いつの時代でも 今の教育は悪いって言ってる」
    ホント 改善され、改定され、どんどん良くなっていくかと思いきや   相手は人間だからね。

    教育者には読んで欲しい1冊・・・かな。

  • 最後まで読めなかった。教育がテーマだから全然興味がなかった

  • 塾のはなし。
    登場人物にムカつくやつが多い。

  • あまり好きではなかった。
    今一つ誰にも感情移入できなくて・・・。
    私立に通っていたからか、文科省と塾の戦いにもイマイチぴんと来ず・・・。
    森絵都さんの割には文章も激しくて・・・うむ。

  • 期待が大きすぎたのか森さんの作品の中では…

  • 取材の徹底っぷりと、それを物語に仕上げた筆力は圧巻、でも......なんだか小説を読んでいる感じがしない。主人公たちの勤勉さと挫折ばかり目について、エンタメとして読むには息苦しい。ときどき家族の時間が描かれても、取って付けた箸休めのように感じてしまった。最終章の青春群像劇? は楽しめたので満足。
    伝記のつもりで読むべし、と言われたらそれまでだけど、期待していた分ちょっと腑に落ちなかったかな。

著者プロフィール

森 絵都(もり えと)
1968年、東京都生まれの小説家、翻訳家。早稲田大学第二文学部文学言語系専修卒業。
1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2003年『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞を受賞し、同作は2008年に映画化もされた。2006年、短編集『風に舞いあがるビニールシート』で、第135回直木賞を受賞。
その後も活躍を続けており、2017年『みかづき』で第12回中央公論文芸賞を受賞、2017年本屋大賞2位。同作は2019年にNHKでドラマ化された。それ以外にも、多数の文学賞を受賞している。

みかづきのその他の作品

森絵都の作品

ツイートする