みかづき

  • 2435人登録
  • 4.19評価
    • (312)
    • (286)
    • (129)
    • (15)
    • (3)
  • 334レビュー
著者 : 森絵都
  • 集英社 (2016年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087710052

作品紹介

昭和36年、学校教育に不信を抱く千明から学習塾の立ち上げに誘われ、吾郎の波瀾の教育者人生が幕を開ける。昭和〜平成の塾業界を舞台に、三世代にわたり奮闘する大島家を描いた、著者渾身の大長編!

みかづきの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやぁ~、面白かった!
    教育という堅苦しい題材から、難しく退屈な話なんじゃないかと敬遠する人がいるかもしれないけど、
    そんな心配は無用です。

    ある塾の50年にも及ぶ戦いを描いているのだけど、
    教育とか関係なくとにかく物語が単純に面白い。
    森絵都さんの物語る腕力(筆力)がすんごいので、どんどん引き込まれていく。
    (これを読むと森さんが作る物語の面白さと見事なストーリーテラーぷりに誰もが気付くハズ)

    学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在だ。
    太陽の光を十分に吸収できない子供たちを、暗がりの中で静かに照らす月。
    今はまだ儚げな三日月にすぎないけれど、必ず満ちていく。
    そう信じて塾を立ち上げた吾郎と千明の夫婦。

    永遠に続く塾と文部省の不毛の対立。

    先頭を走る子だけではなく、転んだ子供に寄り添うことこそが塾の在りかただと説く心優しい吾郎。
    しかし気が強く現実的な性格の妻の千明は
    塾の未来を見据え、補修塾から進学塾への趣旨がえを吾郎に提案する。

    千明が進める、教育を商売化していく流れに吾郎は反発し、
    やがて二人は別々の途を辿ることに…。


    聡明で心優しく、母・千明とは別の道で教育に携わっていくこととなる長女・蕗子(ふきこ)。
    勝ち気で成績優秀、空恐ろしいほど胆が座った次女の蘭。
    人懐っこく明るいが勉強嫌いの三女・菜々美。
    不器用でおっとりした性格だが、いつしか教育の世界に惹かれ、学校でも塾でもない新しい学びの場を作っていくこととなる蕗子の息子の一郎。
    そして優しく子供思いだが、女にはだらしのない(笑)吾郎を筆頭に
    登場人物たちの人間臭さが本当に魅力的で…。
    だからこそ、最後のページを閉じた後も、胸にストーリーが広がり続け、登場人物たちのその後に思いを馳せてしまう。


    子供たちに真の知力を授けるための授業、テストや受験のためだけじゃない教育とはいったいどういうものなのだろう。

    落ちこぼれを作らず、環境や貧富の差を越えて
    誰もが平等に学べる場所を作り維持していくことは果たして可能なのか?

    吾郎や千明やその娘たちのそれぞれの生き様に一喜一憂しながら、
    『学ぶ』こと、『教える』ことの本当の意味や意義を
    深く考えさせられた至福の読書時間だった。


    『みかづき』とは満月たりえない途上の月。
    このタイトルに込められた真の意味を知ったとき、
    なぜこの家族が50年もの長い年月を
    教育に捧げたのかが解った気がした。


    クロニクルが好きな人や物語の醍醐味を堪能したい人、
    読みごたえのある家族ドラマに飢えてる人、
    子供のいる人、今学生の人、教職に就いてる人、夢を諦めたくない人などに
    特にオススメします。


    https://youtu.be/-u2kE_KlSL8

    集英社のみかづき紹介ビデオ

  • 昭和36年、千葉県習志野市にある小学校。
    そこの用務員である大島吾郎が児童の勉強を見てやっているところから物語は始まります。
    昭和から平成へ、塾を舞台にした三世代にわたる教育者たちの物語。

    終戦後、いち早く六・三・三制を取り入れた日本。
    めまぐるしく変わる国の政策と、それに振り回される教育現場。
    それでも理想を追い求める姿に、真の教育とは?と強く考えさせられました。

    最終章の#新月が良かった。
    不器用な人が、遠回りでも少しずつ前進して、いつか自分の生きる場所にたどり着く、そういう話が好き。

    学ぶことか…、
    塾に通って勉強していたころより、人生の折り返し地点を過ぎた今の方が、学ぶことへの欲が強いです。
    そういえば、勉強したくなくて遊んでばかりいると、よく父に言われました。
    「好きなだけ勉強ができるということが、どれほどありがたいことなのか、いつかわかる日が来る。
    その時になって後悔しても遅いんだから」と。
    しっかり後悔しました。はい。


    <常に何かが欠けている三日月
    欠けている自覚があればこそ、人は満ちよう、満ちようと研鑽を積むのかもしれない。>
    この言葉がとても心に残っています。

    表紙に茶々丸がいる。可愛い。

  • 厚みのある本はやっぱり面白い。

    そんな感じで吾郎と千明が夫婦になる!?って、突拍子もない始まり。

    憎まれ役の鉄の女千明は、あんな形でしか吾郎を自由にさせてあげれなかったのかと・・・でも酷。

    でも「嬉しくないわけないじゃない」の言葉にはウルッときました。やっぱり吾郎を必要としてたと。
    影の立役者は国分寺さんだと思いました。

    登場人物すべてがとても愛しい人たちでした。
    塾の歴史も綴られてるし。いい本でした。

  • 「学校教育が太陽だとしたら、塾は月のようなぞんざいになる…。」

    昭和36年。小学校の用務員の大島吾郎は、仕事場兼住居の用務員室で、
    一部の授業についていけないって言う子や、宿題が出来ない子に勉強を教えていた。
    吾郎さんに教わると良くわかると慕われ「大島教室」と呼ばれていた。
    教員免許はないが、抜群に教える「才」をもっていたのだ。
    勉強を教えていた一人の児童・蕗子の母親千明に誘われて、学習塾を立ち上げる。
    女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族となった吾郎。
    ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、
    予期せぬ波乱がふたりを襲いーー。

    子供の学習能力を引き出すのに天才的な能力を持つ温厚な人柄の吾郎と、
    文部省の指導要領に激しく反発しながら、塾を発展させていく向上心の強い千明。
    対照的な夫婦の姿を描きながらその時代背景や夫婦の子供や孫を
    教育に関わらせるという描き方で、昭和三十年代から平成の現代まで
    一家族三世代にわたって、六十年間にわたる壮大な物語でした。
    壮大なのに飽きさせない、著者の筆力と思いの強さが素晴らしかった。

    敗戦後の日本の教育制度の迷走…塾って何?悪しきものかの様に言われていた時代。
    誰もが当たり前の様に通っている時代。少子化によって通う子が減ってる時代。
    また貧困化によって通えない子が多く存在する時代。
    時代によって、塾の在り方や真の教育とはと深く考えさせられました。
    私自身小学一年生から塾に通い、色んな習い事にも通わせてもらい。
    遊びの延長の様に過ごしていましたが、今思えば何と有難かった事なんだろう。
    もっと、もっと真剣に学んでおけば良かったって大人になって凄く感じてる。
    そして、大人になって資格取得の為に学ぶと凄く楽しい♪

    最終章の〝新月〟が良かった~何度も涙が零れました。
    吾郎と千明の孫の一郎。
    生まれながらにして不器用な性分。
    何事にも時間がかかるのんびり屋で、いつも人よりワンテンポ遅れる。
    ものを考える速度も遅く、急に言葉をふられてもすぐには応えられない。
    うわ~私みたいだって激しく共感した~( ˶´⚰︎`˵ )
    そんな彼が遠回りしながらも、葛藤しながらも自分の進む道を見付けて進んでゆく姿良かった。
    彼の優しさ、子供を想う心…本当に何度も何度も涙が零れた。

    「常に何かが欠けている三日月。
    教育も自分と同様、そのようなものであるのかもしれない。
    欠けている時間があればこそ、人は満ちよう、満ちようと研鑽を積むものかもしれない」
    とっても素晴らしくって素敵な言葉です。心に染み入りました。
    人間生きている間ずっと学んでいるのだと思う。

  • とてもいいお話。
    昭和の頃、用務員室で授業についていけない子の勉強を見てあげる21才の吾郎。この不思議な魅力のある青年が「教育」に嵌まっていく人生。
    吾郎の教える才能を見抜いて強引に伴侶にした千明。
    ふたりが塾を立ち上げた頃、まだ日本では私塾に対する風は厳しかった。

    「教育は、子どもをコントロールするためにあるんじゃない。」
    「すべての子どもに等しく勉強を教えられない現実に、絶えずある種の鬱屈を抱いている」

    貧しくて塾に通えない、勉強についていけない子どもが吾郎の孫の一郎が立ち上げたボランティア勉強会で受験に臨むエピソードには涙腺が緩みました。
    感動です。
    そして終わり方がまた良かった。

  • 教育現場に携わる家族の成長物語。
    時代の変遷と家族の成長と変化描写が秀逸。460Pの長編だが中盤からは一気読み必至。

  • どんな子であれ、親がすべきは一つよ。人生は生きる価値があるってことを、自分の人生をもって教えるだけ

    教育は、子どもをコントロールするためにあるんじゃない。不条理に抗う力、たやすくコントロールされないための力を授けるためにあるんだーーー。

  • 名作と呼ばずにいられない物語を久方振りに読んだ。学習塾と教育問題の歴史を辿りつつ群像劇的に進む物語を、食い入るように追った。かつて通った学習塾にも、相応の歴史があっただろうか。自分が教わった恩師達も、塾と学校の複雑な攻防に思うところがあっただろうか。私たちが当たり前のように供されてきた教育史を考え直す機縁を与えられた。

  • 主に3人の視点から見たその時代時代の教育が描かれていた。その時々の流行がちょいちょい出てきて、あーあの頃か〜とわかりやすかった。
    時代毎にいろんな問題を抱えているが、特にここ最近の問題が深刻で複雑だと思う。400ページ超えは、なかなかの読み応えだった。

  • 子どもに何かを教えるということ。
    例えば教育勅語を子どもに暗記させ愛国精神を育てること。
    よりよい人生を送れるようにと、少しでもテストで良い点数をとれるよう知識を詰め込むこと。
    何が良くて何がいけないのか、誰にも決めることなんてできない。
    世の中は変わり、文部省が変わり、親だって変わっていく。
    それより何より教育を受ける子どもひとりひとりが皆個性の違う人間なのだ。
    100人の子どもがいれば、100通りの教育方法が必要になるのだから。
    この本の主人公たちは、そんな形のない教育というものに手探りで挑んでいく。
    何が変わっても、一番大切なのは
    『自分の頭でで考え不条理に抗う力、
    他者からコントロールされないための力を養うこと』
    この物語は、その理想に少しでも近づくために
    決して聖人君子ではない主人公たちが流した涙と費やしてきた膨大な時間の物語です。
    これからどんなに教育の迷走が続こうと
    この教育の真髄が見失われないことを
    心から祈ります。

全334件中 1 - 10件を表示

みかづきのその他の作品

森絵都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みかづきに関連する談話室の質問

みかづきを本棚に登録しているひと

ツイートする