さすらいの皇帝ペンギン

著者 :
  • 集英社
2.78
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087711073

作品紹介・あらすじ

番組のレポーターとして南極に向かった作家椿三十郎は、経由地で少女から皇帝ペンギンの雛を南極に帰してほしいという依頼を受ける。悪戦苦闘の旅の果てに──。軽妙な筆致で命の尊厳を描いた感動作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ペンギンの描写自体は可愛らしくなくもないが、主人公を含めて人間の描写が下世話でつまらない。ただダラダラと南極行の経緯を垂れ流しているだけの文字の羅列でしかない。散漫すぎる。
    きっとこういう人が人を色眼鏡で見て差別や見下しをするのだろうな、としか感じられなかった。
    ペンギンにコドクと名付けたりして悦に入るセンスは共感するところがまるでない。

  • たいへん面白く読ませていただきました。

  •  極寒の冬に繁殖し、生存率を高める為、卵をひとつだけ産む皇帝ペンギン。オスが65日間半分眠った状態で卵をだいて孵化させます。レポーターの楠は、ある少女に頼まれ、ペンギンのひなを南極に届けることに。はたして皇帝ペンギンのひなは、人工のペンギンミルクを飲んでくれるのでしょうか。無事に南極まで行けるのでしょうか。
    (カウンター担当/HANAKO)平成30年1月の特集「極地へ」

  • あたらしい本なんで読んでみたが、
    さっぱり???

全4件中 1 - 4件を表示

高橋三千綱の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
宮部みゆき
宮下奈都
宮部みゆき
中島京子
鈴木 敏夫
柚月 裕子
劉 慈欣
三浦 しをん
塩田 武士
ミヒャエル・エン...
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×