ほどほど快適生活百科

著者 :
  • 集英社
3.26
  • (3)
  • (11)
  • (19)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 139
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087711301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こだわらず楽に生きたい

  • 「かもめ食堂」の群ようこさんによる、日々、ほどほど快適に暮らすために工夫しているあれやこれや。ご本人が悩んでいること、迷っていることなどもそのまま書かれていて参考になる。人生の先輩として、死ぬことに対する考え方にはとても共感した。

  • マダム向けの生活指南書

  • 2018 8/11

  • <哀>
    読み出しはそれなりに軽快で面白くどんどん読み進んで行くが、最後は哀しいお話になってしまう。もうなんだか、書き終わったのでハイここで寿命です!みたいな感じ。まあ群ようこさんとは本来そういう作家さんなのだろう。

  • 群さんの今現在の思いが詰まったエッセイ。今までのエッセイを100の項目に見出しを付けて簡素に纏めた感じかなぁ、と。ただ、最後に就活の事を書き上げて終了しているので、それがなんだか寂しいラストに感じてしまいました。

  • 衣食住からお金や人間関係、終活まで。
    諦念と頑なさが垣間見える。
    自分にあった漢方薬局で定期的にメンテナンスをおこない
    ひとり愛猫と暮らす。
    そんな60代には憧れる。


    【図書館・初読・4月11日読了】

  • 20180407M予約
    同意できるところがたくさん!
    多分群さんとは、20歳くらい違うけど。
    持病持ちなので、身体を労りながら、やりすぎないのは大事だと思う。

  • P64
    体力のある若いときは
    多少、無理をしてでも
    がんばって仕事をするのも
    いい経験だ。
    しかし、中年以降は生活が
    成り立つのであれば
    多少の収入増よりも
    時間の余裕がある方を選ぶ

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

群ようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする