大人は泣かないと思っていた

著者 :
  • 集英社
3.93
  • (43)
  • (74)
  • (40)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 688
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087711448

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとは、いつから嬉し涙を覚えるのだろう。
    子供の頃はいつもかなしくて泣いていたような気がする。
    そして大人の涙の意味が分からなかった。

    いつからか複雑になっていく涙の理由を、この小説はちゃんと登場人物と一緒に感じさせてくれる。

    一番心を打ったのは『妥当じゃない』かな。

    幸福感を感じた『君のために生まれてきたわけじゃない』もいい。

    一緒に泣いた。

  • ブクログのレビューで知って、タイトルが心にひっかかっていた本。
    僕は子どもの頃泣き虫で、それこそ毎日泣いていて、大人になるまでに泣くのをやめられるのか心配だった。
    大人は泣かないと僕も思っていた。

    大人も泣かないことないけど、子どもほどは簡単に泣けなくなる。それは間違いない。
    でも、泣いてもいいんだな、たまには子どもみたいに泣いてみたいな、とこの本を読んで思った。

    周囲から押しつけられた「あるべき」姿になれない、あるいは留まることができない大人たちの物語。もがき苦しみながら、救われていく様を描く。

    翼がいい人だな、大好きだなこの人。
    鉄腕も最高。「翼が無いなら跳ぶまでだ」なんてかっこよすぎて、不覚にも目が潤む。

    あまり期待しないで読み始めたのだけど、読み進めていくほどに話にのめり込んでいった。めちゃくちゃ面白かった!ほのかな名作だと思う。

    他の人のレビュー読んでて「なるほど!」って気づいたのだが、どんな登場人物に対しても優しいんだよね。だからこそ、様々な思いが心の中に積み重なっていく。心がほかほかあったかくなってくる。
    寺地はるなさんの本、初めて読んだけど、かなり好きです。他の本も読んでみたい。

    そして、「お酌警察は廃止すべき」に僕も賛成。お酌しない飲み会をさっそく明日から実行しよう。酒なんか、飲みたい人が勝手に飲めばいいんだよ。

  • 7編の連作短編集

    ・大人は泣かないと思っていた
      時田翼32歳。九州の田舎町で、大酒呑みで不機嫌な父と暮らしている。
      母は11年前に出奔。翼は農協に勤め、休日の菓子作りを一番の楽しみにしてきた。
      ある朝、隣人の老婆が庭のゆずを盗む現場を押さえろと父から命じられる。
      小学校からの同級生・鉄腕が協力を買って出て、見事にゆず泥棒を捕まえるが、
      犯人は予想外の人物で―ー。
    ・小柳さんと小柳さん
      小柳レモン22歳。バイト先のファミリーレストランで店長を頭突きしてクビになった。
      理由は言いたくない。偶然居合わせた時田翼に車で送ってもらう途中、
      義父の小柳さんから母が倒れたと連絡が入って……。
    ・翼がないなら跳ぶまでだ
    ・あの子は花を摘まない
    ・妥当じゃない
    ・おれは外套が脱げない
    ・君のために生まれてきたわけじゃない


    農協職員の時田翼32歳と小柳レモン22歳。
    この二人の周りにいる、翼の父や出て行った母。
    親友・農協の同僚。
    レモンの祖母・母・義父。
    色んな人の家族模様に人間模様…。
    田舎ならではの窮屈さ生き辛さ、男尊女卑・偏見等、
    普通に細やかに暮らしている人々の姿が細やかに描かれていた。

    各章ごとに主人公が変わるから、他人から見えてる姿が
    本人が語り手になる事で違って感じられた。
    物語全体に流れる優しい空気感がとても心地よかった。
    各章ごとにちょこっと涙腺が緩んでしまった(〃ω〃)
    心が優しく温かい気持ちに包まれるのに、何故か切なかった。
    心を魅了する言葉が散りばめられていました。
    どれもしみじみと心に沁みわたりました。
    大切にしたいって思いました。

    皆、目の前の些細なことに悩んだり苦しんだりしながら生きている。
    多分都会に暮らしていても、田舎で暮らしていても
    何処で暮らそうと窮屈なんだろうなぁ。
    私は弱虫で良く泣くし、頼りまくっている甘えん坊の大人だけど、
    大人になって人前で泣くのが恥ずかしいと思って我慢している。
    大人だって泣くよね。泣いても良いんだよね。

    過去があっての今現在の自分がいる。
    だからどうせ頭を使うなら、あの時こうしていればどうなっていたかな、
    なんてことじゃなくて、今いるこの場所をどうやったらもっと楽しくするか。
    そんな事を考えたい。

    一緒にいられてしあわせだなぁって良いなぁ

  • 大人は泣かない、と私も幼い頃思っていた。
    だから親の泣いている場面をうっかり見てしまうと動揺したものだ。
    幼い子供は悲しい時悔しい時、感情のままストレートに泣く。
    一方大人は泣きたい気持ちをつい我慢しがちで、泣く時は思いがけず不意に涙がこぼれ落ちる感じ。
    自分も含めて「泣かない」のではなく「泣けない」大人が多いように思う。

    この作品に出てくる大人達も思うようにいかず、悔しい気持ち寂しい気持ちをストレートに表現できず涙をこぼす。
    けれど泣いた分だけ、周囲の人の弱い気持ちを理解し寄り添える。
    「悲し涙」もいつか「うれし涙」に変わるはず。
    悲しい気持ちも涙が洗い流してスッキリするように、とても清々しい気持ちになれる物語だった。

  • 狭い世界の中で、「こうあるべき」とかって決め付けられてるのが古いなぁと思った。上司にお酌をしないといけないっていう考え方が日本からなくならないかなぁとも。
    そういう世の中を描いているからこそ、共感する部分が多かったです。


    この小説を読んで、わたしも絶対お酌なんてしないぞと思った矢先に会社の飲み会があってびっくりした(笑)
    でもうちの会社は料理なんかも上司が取ってくれたり、お酒ついでくれたりしてくれたから、自分でも進んでお酌とかしようって思えた。こんな会社もあるんだなぁと感動しました。

    全然本の感想にはなっていないかもしれないけど備忘録として。
    本を読む前の私は「こうあるべき」っていう型に頑張ってハマろうとしていて、それがしんどかったんですが(笑)この本の登場人物たちが「それはちがうぞ」って気づかせてくれました。私にとっては得るものが大きかったです。

  • ブクログさんのレビューで知って。

    最後の最後、涙がでた。
    自分の周りの人をもっと大切にしよう。

    人間が人間を捨てることなんてほんとはできないんだよ。(p134)

    だからどうせ頭を使うなら、あの時こうしてたらどうなったかな、なんてことじゃなくて、今いるこの場所をどうやったらもっと楽しく、ってことを考えたいのよね。(p148)

  • 寺地はるなさん、初めて読みました。

    凄くじわーっと温かい話でした。主人公をとりまく様々な人間関係の様子を、作者がジーっと優しく見守っているような気がしてしまいました。生きていくのは本当にしんどい。でもみんな不器用ながら、それぞれの思いを抱えて生きている。それぞれの人の視点が丁寧に描かれており、なるほど、こんな風に人間関係ってすれ違っちゃうんだな、なんとも難しいもんだなと改めて痛感させられました。

    人はみな自分が主人公だから、家族でも恋人でも同僚でも、本当の意味でその人の思いを汲み取ってあげるなんて、なかなか出来ないし、だからこそ、勇気を出して色々話してみる事は本当に大事ですね。人はどんなに強がっても一人では苦しい。一人で考えてばかりだと、どうしても自己中心的な考えになってしまいがちだと思います。

    最後が良かったですね!主人公にとって、何だかんだ鉄腕が一番のキーパーソンだったんでしょう。ちなみに私だったら、「そうだ。俺が愛してるのは鉄腕だ!」と言ってしまいそうです。^ ^

    様々な人間模様が非常に繊細に描かれ、それに価値観の押し付けみたいなものは全然なく、そうだよね、なるほどね、、と色々考えさせられて、最後は静かにジーンとなるエンディングでした。素敵な作品で、オススメです。

    • くるたんさん
      こんにちは♪

      初、寺地さんだったんですね♪私もこの作品で寺地さんの良さを噛みしめました(o^^o)
      人間関係はもちろん、人の奥底の気持ちを...
      こんにちは♪

      初、寺地さんだったんですね♪私もこの作品で寺地さんの良さを噛みしめました(o^^o)
      人間関係はもちろん、人の奥底の気持ちを掬い取るのがうまい作家さんだと思います。
      2019/06/13
    • kanegon69 さん
      くるたんさん、コメントありがとうございます。最新作も積読していますので、楽しみにしています。いつもありがとうございます
      くるたんさん、コメントありがとうございます。最新作も積読していますので、楽しみにしています。いつもありがとうございます
      2019/06/13
  • 時田翼を中心に周りにいる大人たちの連作短編集。田舎に住んでいる身としてはうなづくことが多々ありました。翼とレモン今後どうなるのか気になります(^ω^)

  • やっぱ、九州男子は時代遅れか。
    そんな気はしていたんだが、コテンパに書かれていると、ちょっと辛いな

  • それぞれに立場や事情と色々あるし人にはなかなか言えないことだってある。それらと折り合いをつけていかないといけない。そういうものの積み重ねが今の自分で、思い描いていた自分と違ったりどこで間違ったのかもわからなかったりする。そういう時に寄り添ってくれる人の存在の心強さ。たくさんの揺れ動く感情で気づく自分のこと。この作品自体が寄り添ってくれる存在で大切な一冊。

著者プロフィール

寺地 はるな(てらち はるな)
1977年佐賀県生まれ。大阪府在住。2014年『ビオレタ』で第四回ポプラ社小説新人賞を受賞。
著書に『ミナトホテルの裏庭には』『月のぶどう』『今日のハチミツ、あしたの私』『みちづれはいても、ひとり』『架空の犬と嘘をつく猫』『大人は泣かないと思っていた』『正しい愛と理想の息子』がある。

大人は泣かないと思っていたのその他の作品

寺地はるなの作品

ツイートする