チンギス紀 五 絶影

著者 :
  • 集英社
3.88
  • (4)
  • (13)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087711967

作品紹介・あらすじ

ついに、あの「剣」が、テムジンの手に!?
英雄たちのもとで、夥しい血を吸ってきた剣は、それを持つべき者を探していた……。
衝撃の展開が待ち受ける、好評第五巻!

同じモンゴル族のタイチウト氏との戦いに挑むテムジン。疾駆するテムジンの軍が、敵の長・タルグダイの隊に届くと思われたとき、新たな旗が現れる。そこには、草原最強の男・玄翁が、テムジンを待ち構えていた。玄翁の自在に動く50騎と、テムジンの隊との凄絶な戦いが始まる。テムジンは配下の槍の達人ジェルメ、強弓のクビライ・ノヤンとともに玄翁軍とあたり、草原を血に染めていく。結着がつかないなかで、玄翁はテムジンに驚くべき提案をする。それを聞いたテムジンは……。

【著者略歴】
北方謙三(きたかた けんぞう)
1947年佐賀県唐津市生まれ。中央大学法学部卒業。81年『弔鐘はるかなり』でデビュー。83年『眠りなき夜』で第4回吉川英治文学新人賞、85年『渇きの街』で第38回日本推理作家協会賞長編部門、91年『破軍の星』で第4回柴田錬三郎賞を受賞。2004年『楊家将』で第38回吉川英治文学賞、05年『水滸伝』(全19巻)で第9回司馬遼太郎賞、07年『独り群せず』で第1回舟橋聖一文学賞、10年に第13回日本ミステリー文学大賞、11年『楊令伝』(全15巻)で第65回毎日出版文化賞特別賞を受賞。13年に紫綬褒章を受章。16年「大水滸伝」シリーズ(全51巻)で第64回菊池寛賞を受賞。『三国志』(全13巻)、『史記 武帝紀』(全7巻)ほか、著書多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイチウト氏との戦いでついに玄翁と。壮絶な戦いの後、玄翁はテムジンにあることを告げる。そして、やがてある剣がテムジンのもとに送られてくる。
    玄翁の正体が語られ、テムジンとの繋がりも明らかになった。驚くべき内容の巻だった。北方さんの壮大な世界に入ってきてしまったな、楊令伝、読まなきゃね。衝撃があったけれど、テムジンのお話はまだまだ続く。これ以降、これより衝撃的な内容があるのだろうか、楽しみでならない。

  • 遂に玄翁との決着がついたかー。もうテムジンがタイチトウと戦うたびにドキドキしながら読んでたけれど、これで一つの幕が終わったな。
    この物語はどの殿もいい漢の姿が描かれていて全体が気持ちのいいくらいに北方ワールドで、無駄が無い。
    ただ、そうなると名前が違うだけで殿以外の人物がすべて同じような人物のように見えてしまう。
    「俺もそうありたい、と思います」
    どの副官も同じ台詞なのが笑わせるが、この北方ワールドでは許される。
    舞台はモンゴル平原からだんだんと広がってきて、どの武将からも目が離せない!

  • チンギスハーンを描く中国歴史小説第5巻目。

    御大は期待を裏切らないです。
    相変わらず、北方騎馬族のお互いのすくみ状態が続いていますが、国づくりとして馬や鉄について他部族も動き出したのに対しテムジンたちは一歩進んでいます。
    本巻の大きな展開としては、「楊家将」「血涙」から大水滸と流れてきた吸毛剣の継承と大水滸との完全なるつながりが明確になったことです。
    これによってテムジンが一大決心をした模様で、次巻からいよいよモンゴル統一に向けた動きが加速しそうです。
    ジェベ、スブタイも登場し、ムカリ登場も近いかと思います。

  • テムジンとタイチウト氏が激突し玄翁との戦いに決着。衝撃の出生の秘密が明らかになり、楊志、胡士児と伝えられてきた吹毛剣がテムジンへ。モンゴルだけでなくケレイトとメルキトがぶつかり合い、タタル族にも動きが…。草原、嵐の前夜の予感…

  • <試>
    物語はいつも唐突な描写から始まる.
    そこがいつのどかなのか,と云う事を北方は一切描かない.
    なので読者はその都度,うーむ と考えて時と場所と「陣営」を認識するが,僕などはそういう面倒な事をもう考えないで,どしどし読む.
    そうすると途中で何かが見えてくる・・・と言うような事は,やはり一切なくて,毎回後悔することになる.
    でも,又読む.
    それも仕方ない.
    そりゃもうづいぶんと長い付き合いだからなぁ.
    m(_~_)m(すまぬw)

  • 胡土児って。えっ聞いたことあるけど誰やったっけからの、まさかの生きてる宣凱って、あの梁山泊!びっくりそうつながるの~。北方先生に本当に感謝しかない。まだ梁山泊読める幸せ。なんでもええから面白い。楊令の孫ってほんと参った。

  • 男たちの世界。
    登場人物が多すぎていちいちひっくり返して見なきゃいけないけれど、それに、前の四冊はほぼ一気にいけたのに5冊目はだいぶ待ってしまつたけれど、のめりこみ度は前にも増して。

    ひとりひとりの人物描写がくっきりしていて分かりやすい。その中でも狼の友だちを持つトクトア、好きだなぁ。
    やがて、テムジンの敵になってゆくのかと思うと切ない。

  • 呪いのアイテム吹毛剣、テムジンの人生を狂わせるのか、それとも…

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全51巻)で菊池寛賞を受賞した。

「2019年 『魂の沃野(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北方謙三の作品

ツイートする