ハンサム・スーツ

著者 :
  • 集英社
3.39
  • (4)
  • (12)
  • (26)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 74
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087712049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鈴木おさむさんの人生のテーマは、ブスなのだろうか?でも、この本を読んでみると、著者自身が、交際0日で、森三中の大島美幸さんとご結婚なさった事も、何か、過去に色々あって、その結果での事ではないだろうかと、思わず余計な詮索をしてしまいそうになった。結局、人を好きになるって、容姿だけではないんだという人生の応援歌のようなこの本に、少し癒されたような気がした。

  • 2008-3-42

  • もてない男がハンサムになるスーツをきて人生を楽しむことになった。これも映画化されていた。

全26件中 21 - 26件を表示

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本や舞台の制作・演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。「秘密のチャイハロ」でまんが原作を初めて手がける。

「2019年 『小説 秘密のチャイハロ(3) 天才子役の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木おさむの作品

ツイートする