転身

著者 :
  • 集英社
3.58
  • (6)
  • (15)
  • (17)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 75
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087712186

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひらがなの「る」を書こうとしたら最後の返し部分をとめにできなかった。突き抜けて螺旋をぐるぐると描き、その上に自分が乗せられている錯覚に陥った。
    目覚まし時計が現在の時刻を知らせるのに、どれほど年月が経ったかわからない。突然、よどみなく流れていた水が止まってしまった。後ろを振り返ると、遠く、遥か遠くまで来たことを悟り、はっとする。
    ころころ転がる。ゆらゆら揺れる。
    ある場所に留まらない、あるかたちに定まらない命。
    むかしの記憶を閉じ込めたまま海を漂い、長い旅を続ける流氷でさえいつか溶けてしまうのだろうか。 それでも、生きた跡は消してくれるな。

    私はここにいます。あなたはどこにいますか。
    《2014.10.14》

  • 詩みたい。
    独特な世界観と綺麗な文章で好きでした。
    読んでいると映像が見えた。

  • この、読んでいる間の心地よさはなんだろう?細大漏らさず受け止めたくなる。惹かれる。

  • 難解だ…。アイヌを取り扱ってるので(アイヌって言葉は出てこないけどアイヌですよね…?)割合好きです。和人の思い描く理想的なアイヌっぽいのが…とてもファンタジックですね…。

    流されるまま、職場仕事を点々とする主人公とアザラシや鯨を先祖に持っていて、人間だったりアザラシだったりする人たち(はっきり書かれてないけど、そんなニュアンスだったかなと…)の転身を徒然と、ストーリーらしいストーリーはなく書き綴る…って感じの本。

  • 独特の文体。
    静かに、ひたひたと水が寄せるような感覚。
    読み進めて行くと、ゆったりと水中をたゆたうような感覚に。
    私の言語能力では感想を書くことが難しい・・・
    不思議な物語。

  • 映画をみているような最後 音にのみこまれた

  • 詩の選者などもしておられるハイレベルな詩人の蜂飼耳さんが書かれた初めての長編小説。・・・・と言われているほどには長くないけれど。 
    アルバイトだの同僚だの普通の一般社会の女の子であったはずの主人公が・・・・・
    全編キラキラ美しい言葉いっぱい いつの間にやら不思議な世界に引きずり込まれてしまう。
     

  • 鶏を飼っている女の子が、バイト先で出会った女の人について、
    マリモを丸めに行く話。

    淡々と話が進んでいくところがよかった。
    深く考えないで読めるタイプの話だと思う。

  • 修辞区や比喩が響きあって共鳴して、一つの歌を聴いている感じがした。とてつもなく余韻を残す物語だ。

  • 090114

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・作家。1974年神奈川県生まれ。作品に、詩集『いまにもうるおっていく陣地』(紫陽社/中原中也賞)、『食うものは食われる夜』(思潮社/芸術選奨文部科学大臣新人賞)、『隠す葉』(思潮社)、小説『紅水晶』(講談社)、『転身』(集英社)、エッセイ集『孔雀の羽の目がみてる』『空を引き寄せる石』(以上、白水社)、『秘密のおこない』(毎日新聞社)、童話『のろのろひつじとせかせかひつじ』『クリーニングのももやまです』(以上、理論社)、絵本『うきわねこ』(ブロンズ新社)、翻訳絵本『おやゆびひめ』(偕成社)、『くるみわりにんぎょう』『ちょっぴりおかしなどうぶつえん』『みつばちさんと花のたね』(徳間書店)などがある。

「2018年 『きのうをみつけたい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蜂飼耳の作品

ツイートする