逝年

著者 :
  • 集英社
3.35
  • (64)
  • (133)
  • (312)
  • (45)
  • (10)
本棚登録 : 1155
レビュー : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087712247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 娼年の続編。
    本当に好きになった人の最後の人になることを心から望んでいて。
    単純に強い、すごいって思えました。
    これからのことを考えながら、いろいろな面から性と向き合ってる内容。
    人を強く思う人ってすごいって思いました。

  • 「娼年」の続編。「娼年」よりも生きるということを考えさせられる深みのあるストーリー。優しくて奇麗な描写になったように感じた。

  • ちょっと私には理解できない世界。でも、色々なもの、考え方に固執しない生き方もいいのかなぁと思いました。

  • 体を売ることは簡単なのか?人間10000年の疑問。人権よりもお金がほしいかぁ~。もしくは快楽か。

  • 男として好きな女性の「最後の男」になることに強い憧れを感じました。

    また、歳を重ねていく大人の女性の美しさが、しっかりと物語の中で表現されていて、著者の女性への尊敬と敬愛の念を強く感じました。

    〝主人公〟(と言うか著者自身)の女性に対する感性に、共感出来ると言うのか、自分に似ているところが多く、凄く読み易すかったです。

    一度、石田氏と腹を割って話したいですね(笑)

  • 娼年の続き。
    生きてるって身体を通して誰かを感じて
    分け合うってこと。

  • カタカナの匿名性を思い出した。
    静香と咲良は漢字で動かしようのない個人、ほかの子は匿名性のあるカタカナ。
    二人の女性の物語なんじゃないかと。
    アユムくんの話はぐっときた。

  • 「生きているって、自分の身体をとおして誰かを感じて、なにかを分けあうってことだったんだね」

    『娼年』の続編。
    クラブのオーナー御堂静香の逮捕から、主人公のリョウが新しくクラブを建て直す。

    全体的に暗い未来を纏い続けた話だった。
    性についてと生命について、その2つがいまいち噛み合ってない気がした。

  • 初めて読んだ石田衣良の本が娼年で続きがあるということでこの本を読んだけど前作より性描写は少なくいやらしさがない。それよりも性同一性障害のことなど少し知る事ができた。 石田衣良の本はこんな感じの物が多いのだろうか??

  • 続編男性を派遣するサロンを再建した大学生とそこに集う仲間たち派遣を依頼する女性たちたのしくよみました

全197件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

逝年のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする