逝年

著者 :
  • 集英社
3.35
  • (64)
  • (133)
  • (312)
  • (46)
  • (10)
本棚登録 : 1155
レビュー : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087712247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 純粋。

    タイトルに惹かれて、手に取った。
    ここで描かれる少年は人の気持ちを受け止め、その人を笑顔にさせる仕事をしている。だけど、世間からは後ろ指を指されるような仕事でもある。
    汚い仕事とはなんだろう。ここでの少年はとても純粋だ。人の原点とはこういうことではないのかと思う。発展しすぎて見失ったものを、人が行う本来の行為で取り戻している、というか。

    衣良さんの小説はこういう性を扱う場面になると、ぐんと透明感を増すような気がする。

  • 前作の「娼年」を読んでから主人公のリョウは女性の心を理解する素敵な男性になったと感じた。
    身体を売る仕事は卑しく思えても、著者が描くとその人生そのもの苦しみや葛藤がきれいに並べられて愛おしく感じる。
    また自分の未熟な価値観が1つ階段を登ったように成長した気持ちになる。

  • 石田衣良さん著で、松坂桃李主演映画の話題作の第2弾!

  • 『娼年』の続編。『逝年』は、前作に比べるとかなり説教くさく、正直官能小説をみているような感覚もなかった。

    しかし、前作でやって欲しくなかった事が、今回やってしまった。しかし、『逝年』ではやってよかった!

  • 「娼年」の続編作品です。
    全くもって現実味はないのだけど、ゆるゆると悲しく穏やかな物語でした。

  • なんだかおかしいと思ったら、娼年の後、逝年の<1>があったみたい。
    理解できないことばかりだったけど、御堂静香への愛というか忠誠心というか。
    心を打つものもあった。
    ーーー
    リョウ、二十歳の夏。恋愛にも、大学生活にも退屈した日々を送るなか、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に見出され、とまどいながらも「娼夫」の仕事を始める。やがて、リョウは女性たちのなかにひそむ、さまざまな欲望の不思議に魅せられていく…。性愛の深淵を透明感あふれる筆致で描く長編小説。

  • 『娼年』を読んだ後に読みました。性描写は娼年の方が好きでした。今作は静香の最期をゴールとして進んでいて、それ以外の面白さはなかったかなぁ。

  • 続き物。前の方が面白かった。

  • リョウ、二十歳の夏。
    恋愛にも大学生活にも退屈した日々を送るなかボーイズクラブのオーナー・御堂静香に見出されとまどいながらも「娼夫」の仕事を始める。
    やがてリョウは女性たちのなかにひそむさまざまな欲望の不思議に魅せられていく…
    性愛の深淵を透明感あふれる筆致で描く長編小説。

  • こういう恋愛もありなのか。
    重かったなぁ。。
    心と体の一体感を描写するのは難しいんだろうね。
    つまらなくはなかったけれど
    やはりどこか遠くの出来事。内容が心に届かなくて終始上滑りしていた感が否めなかった。

  • リョウ、二十歳の夏。恋愛にも、大学生活にも退屈した日々を送るなか、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に見出され、とまどいながらも「娼夫」の仕事を始める。やがて、リョウは女性たちのなかにひそむ、さまざまな欲望の不思議に魅せられていく…。性愛の深淵を透明感あふれる筆致で描く長編小説。

  • 女性たちに春を売る「ル・クラブ・パッション」で働く娼夫たちの織り成す物語。店のオーナー御堂静香は逮捕され、医療刑務所に服役中。そんななか、リョウ、アズマの売れっ子ホストのふたりは、新たに性同一性障害のアユムを加え、御堂静香の娘、咲良と店を再開させる。
    身体を売るだけではない、もっと大きななにかをみつけたホストたちは・・・

  • 娼年の続作。
    どういった展開になるのか? ちょっと期待しすぎたのか、予想通りの展開で、少しがっかり。キツイ言い方をすると、娼年の焼き直しという感じ。
    どっちか1冊読めば十分。

  • 20140223

    前作の娼年を読んでいないけど、違和感なく最後まで読めた。
    リョウのお客さんに熟女が多いのが気になった。
    アズマの個人的な話も読みたい。(前作で既に語られているのだろうか)
    普段全く考えもしない世界(売春)の話なのでいろいろ考えさせられた。

  • 娼年の続編ということで読んでみた。

    主人公の成長(?)…というか、心理描写は、娼年のほうがあったような気がする。
    こちらだけ読むのはやめた方がいいかと。

  • 女性にも性慾がある、は、よしとしても、お金で年下の男の子を買うなんて、ありえないし気持ち悪い。
    ただ、主人公のリョウくんは魅力的。
    あんな繊細なセックスとてもいいと思う。

  • いわゆる社会のマイノリティの苦しみに目を向け、ごく自然体で彼らを受け入れている主人公らに心地よさを感じる。前篇にあたる『娼年』よりも私にはこちらのほうがおもしろかった。これほどまでに性描写はこのストーリーに必要とは思えないけれど。

  • 「娼年」の静香の扱いが半端なので完結させました、といったところかな・・・
    前作のメンバーが好きだったのでまた活躍を見たくて手に取った。
    嫌な人間が出てこない、仕事の挫折が描かれないけれど(そもそもそれがメインではないので構わない)、体を重ねることで魂を触れ合わせるシーンはとても美しい。
    肌を重ねることに精神的なつながりを求める人にはよい作品。

    でも娼年のリョウのほうが好きだな。

  • 再読。
    前作「娼年」の続編。
    娼夫として生きることを決めた青年が、「最愛の人」の「最期の人」になるためにがんばるお話。

    石田さんの書くセックスは、何度読んでも咽てしまいそうなほど匂いが強い。
    色恋、もとい色濃い。
    そういうのが前面に出ている作品だと思う。

  • またしても続編から読む。(『娼年』は未読)

    なんだかなー。
    オシャレさが鼻につきました。ひがみかしら、これ(´・ω・`)

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

逝年のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする