ハナシがはずむ! (笑酔亭梅寿謎解噺 3)

著者 :
  • 集英社
3.62
  • (10)
  • (29)
  • (27)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087712360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今作も面白かった。

  • 2018.3.12 読了

    第3弾!
    相変わらずの竜二 内弟子生活。

    それなりに事件も起こります。

    おもしろいです!

  • 竜二がアホで可愛い。
    福岡の老人芸人見てみたい。
    このシリーズ読むといつも落語聞いてみたくなるが
    だいたいすぐわすれる。
    普通に連ドラとかありそう。

  • 落語とストーリーのリンクが上手いが、ミステリィなのは8編中1編だけ?
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/12232938.html

  • ありえない、無茶苦茶じゃん! と思いながら、一気に読んでしまいます。
    ハマってしまった。はい次は、ハナシがうごく!

  • こっちは上方落語のお話。

    今回は竜二が襲名のあれこれに巻き込まれまくって・・・・という感じで。
    前作から感じていたんですが、主人公である竜二がなんだかんだで完璧すぎるんじゃないだろうか。

    いろいろ言っていながらも真面目に落語に取り組んで、実はいろんな人が認める「才能」の持ち主。元が手のつけられない不良ということですが、なんだかんだでキレずに酷い目にあっているだけだし。髪型が鶏冠って以外は文章で読んでいるだけでは「若者らしい迷いを持ちながらも落語に真摯に取り組んでいる好青年」くらいにしか思えない。
    話自体は面白いんですが、そのあたりのギャップが・・・

  • 愛川晶先生の落語シリーズにくらべて
    落語の掘り下げが甘く、師匠のキャラ
    に鋭さがないのが難点かな?
    でも作家さんの物語構成技術は凄い!

  • シリーズ三作目。主人公がだんだんと成長していく。
    彼が自分は落語が上手いと思うようになるのは、いったいつなのかということも気にかかる。
    文庫と単行本での主人公と思しき人間のイラストがあまりにもことなることに驚く。

  • 読み始めてすぐ気付いた。これ読んだ事ある。だけど2回目でも、やっぱり面白い!!落語、聞きに行きたいなぁ。出来れば上方落語。

  • 副題に「謎解噺」とあるほどにはミステリー色はありませんが
    落語の楽しさがあります。
    暴力的な部分がちょっと多すぎます。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年大阪市生まれ。「銀河帝国の弘法も筆の誤り」で星雲賞国内短編賞を受賞。09年「渋い夢」で日本推理作家協会短編部門を受賞。「水霊」「忘却の船に流れは光」「落下する緑」「笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ」「伝奇学園シリーズ」など著書多数。近著は『アケルダマ』『イルカは笑う』『猫と忍者と太閤さん』など。ジャンルを問わず活躍中。

「2018年 『警視庁陰陽寮オニマル 魔都の貴公子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハナシがはずむ! (笑酔亭梅寿謎解噺 3)のその他の作品

田中啓文の作品

ツイートする