宵山万華鏡

著者 :
  • 集英社
3.69
  • (439)
  • (853)
  • (837)
  • (131)
  • (19)
本棚登録 : 5671
レビュー : 831
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713039

作品紹介・あらすじ

祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまう-。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。様々な事情と思惑を抱え、人々は宵山へと迷い込んでいくが…!?くるくるとまわり続けるこの夜を抜け出すことは、できるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 間もなく祇園祭ということで、久々の森見さん。
    これからの時期にピッタリの作品。

    最初はあまり引き込まれなかったのだけれど、
    各章が分かれつつ、全てリンクされている構成の中、
    いつの間にか森見ファンタジーの中。

    お祭りの妖しい雰囲気の中、阿呆なことに全力を尽くす、
    『偏屈王』元メンバー他(笑)

    現実から宵山様の不思議な世界へ抜け出したい人に、
    お勧めの一冊。

    あぁ京都に行きたい。お祭りに行きたい。

  • 「働く人の目の前で、日の高いうちから飲む麦酒はうまいなぁ。背徳的な味がするよう……」

    阿呆な計画に巻き込まれ、宵山の夜を駆け巡る仲間たち。年中行事により頻繁にバスの運行予定は狂うわ、観光客は多いわ、平日でも山伏御一行に遭遇するわ、帰路はいつもニッキの香りに満ちているわ…京都、先月まで通っていたけれどまことに油断ならないところである。
    宵山の夜、しれっとした顔で妖が紛れ込んでいてもおかしくない。
    宵山金魚、宵山劇場がたまらなく素敵。金太郎に睨まれて宵山様のところまで引っ立てられたい!

    千と千尋✖きつねのはなし✖夜は短し〜 な世界観。ところどころ、ひやりと怖かった。

  • 祭りには恐ろしさと楽しさの両方があるけれど、その根っこは1つという作者のあとがきの言葉が好き。

    この作品に出てくる面白い話も怖い話もレトロな雰囲気で読んでいて文章の中で起こる出来事が京都を舞台にすんなりイメージできた。

    森見さんの面白いことにも怖い事にもとことん力を入れている感じがとても良い。

    宵山金魚の最後の台詞「よくぞ聞いてくれた。意味などない。」というのは純粋に面白さを求めている人々をよく表していてすがすがしかった。

    怖ろしさは、恐怖を感じる人々の目線で書かれている。宵山で起きる怖ろしさには悪意はない。でも人の手には余るものでそれに触れてしまったら怖ろしい目に会う。こういったものは日本昔話に出てきそうなものでどこか懐かしい雰囲気の怪談になってる気がする。

    レトロで無邪気な話でとても好みな雰囲気。うーん、京都行きたい。


    森見さんの作品を読んでいると、面白いものに強く憧れているような、でも一方でつまらない自分をすごく客観視した冷めたものを感じる。

    森見作品の面白さってすごく憧れるけど、つまらない自分の描写にはすごく共感できる。
    それがあるから森見作品はすごく大好きです。

  • 何だろう。こういう森見を待っていた、という気分になった。
    初めはすっとんきょうで愉快な面々のイタズラ話を読んでいたハズなのに、いつのまにか宵山の迷宮に囚われて、抜け出せなくなって…。
    妙にしんと静まり返った余韻が胸に残る。面白いのに怖い、怖いけど儚く美しい、そんな小説。好きだ。

  • 祭囃子の聴こえる宵山の夜、知られざる京都で開かれた宵山様のお祭り。
    仲の良い姉妹や、高校時代の友人や、画家と作家や、それぞれが体験した宵山の夜。

    それは霊験あらたかで、ときに奇々怪々で、気付けば恐怖に震え、知らずに優しさで包まれたような…そんな集大成が詰まった物語でした。

    森見さんは、やっぱり最高です。
    こんなにも摩訶不思議な世界を作り出して、さも異色の世界に自分も足を踏み入れた気分にさせてくれる技術。超一流だと思います。
    赤提灯や露店の賑わい、浴衣で京都を練り歩く人々の喧騒。屋台に吊るされて揺れる金魚。
    電飾で目がチカチカする祭の夜を味わった気分です!

    “人生には、意味の分からない遊び心も必要なのだよ“

    そう言われた気分です。

  • 京都が魔窟に見えてきた!宵山の夜に起こる不思議の数々。おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさと、ほんの少しの恐ろしさにページを捲る手が止まりませんでした。表裏でリンクする仕掛けもいいなぁ。

  • 読後、京都の宵山に行きたくなった作品。宵山の万華鏡に吸い込まれ、摩訶不思議な世界へ誘う、何とも言えないふわふわ感がある印象である。宵山の不思議な世界感はぞっとする場面あり、和む場面あり、万華鏡のようにキラキラした派手な世界で、何にでも形を変え、見方によって模様が変わる出来事、姉妹に起こる不思議な出来事、迷宮入りした不思議なほわんほわん感、金魚をめぐる謎など、宵山の世界において、七不思議以上の不思議があり、それらが現実世界と交互に入り混じっていて、何とも言えない面白さがあった。

  • 最高!!これぞ森見ワールド。
    赤い浴衣の女の子たちに手を引かれて、私も宵山がみせる異世界に迷い込んだみたいな気分。
    金魚、赤い浴衣、風船、山鉾、鯉…紺色と桃色が混じり合う時間。

    失踪した女の子はホンモノの宵山様になったのかなぁ。
    バレエ姉妹の姉の方が会ったのはその女の子では???
    でも結局あれは何だったのか…って考えるよりも、この浮遊感のなかを漂っていたい!

    というか、この世界観を活字で表現できるのが本当にスゴイ。
    表紙の装丁も素晴らしい。
    あと、平成狸合戦ぽんぽこのあのシーンと被る。(笑)
    京都に、祇園祭に、行ってみたくなった。

  • 祇園祭の宵山様は、変幻自在で神出鬼没♪ 目くるめく森見ワンダーランドで、頭の天窓が開きました。
    ストーリーがあちこちでリンクするのが楽しい。再読したら新発見があるかも。
    「宵山金魚」から「宵山劇場」への流れが好き。被害、じゃなくて、もてなしを受けた藤田君、仕掛人の乙川さん、小長井、丸尾、高藪さん、岬先生、山田川、みんないい味出してた。
    あんなにお茶目だった乙川さんが、「宵山迷宮」では怪人物に…。一体何者?

  • 京都の祇園祭宵山で起きる摩訶不思議な出来事の数々。

    バレエお稽古の帰りに寄り道した宵山ではぐれてしまった姉妹。
    同級生の乙川にまんまと騙された偽宵山作戦。
    偽宵山作戦に駆り出された人たちの奮闘。
    かつて宵山で姿を消してしまった従姉妹と叔父の行く末。
    繰り返す日々に悩まされるときに乙川に差し出した物によって助かった画廊。

    赤い浴衣を身にまとって、ひしめき合う人たちの合間を泳ぐようにすり抜けていく女の子たち。
    ふてぶてしい顔をした妖怪じみた超金魚。

    現実のなかに入りまじった奇怪なものたちの世界。

    どこからが現実でどこまでが異世界なのか、境界線が曖昧になりつつも、祭りの喧騒を感じて魅力的だった。)^o^(

全831件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

宵山万華鏡のその他の作品

宵山万華鏡 (集英社文庫) Kindle版 宵山万華鏡 (集英社文庫) 森見登美彦
宵山万華鏡 (集英社文庫) 文庫 宵山万華鏡 (集英社文庫) 森見登美彦

森見登美彦の作品

宵山万華鏡に関連する談話室の質問

宵山万華鏡を本棚に登録しているひと

ツイートする