宵山万華鏡

著者 :
  • 集英社
3.69
  • (439)
  • (853)
  • (837)
  • (131)
  • (19)
本棚登録 : 5671
レビュー : 831
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは窒息しなかった。

  • 不思議な世界観ではあるけど…なんか,他の作品も含めてギャグ要素?がないのは苦手なのかなぁという気がする。

  • 森見さんらしい華やかで、ドタバタ劇だった。
    でも内容がよく分からなかった( ꒪Д꒪)

  • 宵山をモチーフにした森見式ホラー。

  • 宵山の不思議。森見さんのファンタジーはやっぱり馴染めない。疲れてるときこそ本読みたくて開くのに、なかなか読み進まなかった。最後は斜めに速読してたから、星つけるのも申し訳ない感じ。

  •  京都の宵山を舞台とした幻想譚。
     どうしても方向性として『夜は短し歩けよ乙女』のヴァージョンアップとして考えてしまうのだけれども、『夜は~』が青春のエネルギーと絢爛な空間の構築に旨味があるとすれば、『宵山万華鏡』はその絢爛さをどうにか描ききろうと悪戦苦闘しているあたりでヴァージョンが上がっている。じゃあその絢爛な万華鏡が出きたかと云うと、まだ通過地点だと思うわけです。

     文体の重さというか、絢爛さを描く文章ではないんだよな。作品に登場する山田川ぢゃないけど、暴走するイメージの奔流の一方で、物事を精密に書こうとする文体の折り合いがつかなかった。ので、非常に読み終わるのに時間がかかった。つっかえつっかえ読んだ。

     作家にゃ当然「通過地点」があります。「伊豆の踊子」も「仮面の告白」も通過地点です。が、ここまで露骨に苦労の跡が見えてしまうと、ちょっと美しくない。せっかく豪華絢爛なものを書いているのに美しくないなぁ、といった塩梅です。

  • ファンタジー!
    なんでもありの!
    何処からが、夢、、?

    意味なんてなくて、
    不思議世界へ連れてかれる、
    それを楽しむ小説

  • 大好きな作家の残念な一冊!

  • 苦手なら読むなよ!と言われながらも手を出した本。
    四畳半とか夜は短しよりは読めたんですけど途中でもう限界だぜ!となってしまって斜め読みにシフトしました。
    多分私は彼の魅力というところが全部駄目なんだろう。

  • どうやら森見作品は肌に合わないらしく
    なんとなく惰性で読んでしまいました。

    設定など興味深かったものの
    不思議というか、全く入り込めなくて…
    残念ながら★2つです。

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

宵山万華鏡のその他の作品

宵山万華鏡 (集英社文庫) Kindle版 宵山万華鏡 (集英社文庫) 森見登美彦
宵山万華鏡 (集英社文庫) 文庫 宵山万華鏡 (集英社文庫) 森見登美彦

森見登美彦の作品

ツイートする