ここに消えない会話がある

  • 集英社
3.31
  • (26)
  • (70)
  • (116)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 608
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713053

作品紹介・あらすじ

恋人でも、友達でもない、たまたま集まった職場の同僚たち…「ここに消えない会話がある」。ずっと好きだった先輩の退職前、最初で最後の二人きりのデート…「ああ、懐かしの肌色クレヨン」。いま隣にいる誰かとの、二度と訪れないかけがえのない時間を描いた作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごく好き。
    まずタイトルが好き。
    消えない会話ってなんだろう?
    何が消えないんだろう?
    とても気になってワクワクした。

    淡い日常の中で交わされるたくさんの言葉は、それを口にした人とそれを耳にした人の中に少しずつ蓄積されていく。
    例えば毎朝お決まりのように発する「おはようございます」でさえ、それを言った自分と言わなかった自分を決定的に隔てる重要な何かになるのではないか。
    この本を読み終えてぼんやりとそんなことを考えている。

    小説の中で交わされる言葉は、輪郭が曖昧で、温度は温めで、色はパステルカラーのように淡い。
    シャボン玉みたいにふんわり生まれて、ふわふわ漂って、いつの間にかパチンと消えている。

    でも消えたと思っていたその一言は、消えたのではなくて本当は吸収されたんですよ。
    あなたの中に沁み込んでいったんです。
    ふんわりと生まれた一言が、意識しないまま消えた一言が、あなたの目線や心の向きをちょっとだけ変えているんです。
    その積み重ねが今のあなたです。

    消えない会話ってそういうことかな?
    そんな気がする。
    山崎ナオコーラさんが書きたかったこととは違うかもしれないけれど。

  • 夕日テレビ班の6人広田、岸、佐々木、魚住、別所、津留崎の
    なにげない日常「ここに消えない会話がある」
    この冒頭がたまらなく好き。


    夾竹桃の花が咲き、世界は甘く。
    電車も光の中を走っている。
    足を不自然に曲げて、手の爪は伸び過ぎ。
    まばたきで残像が残るほど明るい。
    長袖をやめようか。
    ~中略~
    夏の気配がアスファルトから立ち上ってくる。
    目眩。意識すれば海風。



    あと、パン工場で働く鈴木と山田の日常の
    「ああ、懐かしの肌色クレヨン」の二編。


    文章が相変わらずにきれいで過激。
    詩のように短い言葉なのに、情景がサーと浮かんでくるような
    クリアな文章が好きだわ。


    そして過激な方はというと・・・
    「人々の小さな営みは蛆虫のように温かい。」だ。

    ・・・・・・・・・おぉ~。ナオコーラ節花火炸裂だ。


    「人のセックスを笑うな」の「夕日がマグロ刺身のよう」も
    キョーレツだったけど
    「ここに消えない会話がある」の「蛆虫のように温かい」も
    なかなかのキョーレツっぷりだ。


    でもナオコーラさんの作品って、嫌いとか苦手と思えずに
    さらさら~と読んでしまう。
    恋愛感情を持たなくてもいい男女関係っていいな・・・
    (こんな職場いいな・・・)と感じる。
    不思議な読み心地だ。

    きれいとキョーレツのバランスが絶妙というか・・・「おっ?!」と思うけど
    違和感なく楽しめるから不思議だ。

    「ああ、懐かしの肌色クレヨン」の「肌色」が
    なぜか「郷愁」を誘う。
    私の中でも「ペールオレンジ」ではなく「肌色」なのだ。
    うん、やっぱり今でも「肌色」という言葉が好き。

  • 『ここに消えない会話がある』

    新聞のラテ欄を作る仕事をする若者たちの話。
    同じ職場なのに、雇い主が違ったりして色々と複雑。


    読み出してすぐに、「またラテ欄ですかナオコーラさん」とツッコミを入れてしまった。
    何気ない会話シーンを、日常の思想シーンのなかに格言めいたセンテンスが入ってくるのはいつもの調子。安心のナオコーラクオリティ。


    --------------------------------

    『ああ、懐かしの肌色クレヨン』

    工場で働く鈴木は先輩の山田さんが転職することを知り、
    彼をデートに誘う。
    鈴木は色が白い女で、山田さんは優しい男性。


    色が白いことの描写があんまり詳しくなかったけど、彼女はアルビノだったのかな。よくわからないけど、惹きこまれる話だった。


    アルビノについて
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%8E

  • 「小説すばる 2009.4」

    やはり同年代の作家さんだけあって、共感するフレーズがあちらこちらに鏤められている作品であった。

    彼女の作品は、平凡な日常にある種のスパイスを与えてくれる。
    それはストーリーの中でもあり、私自身の生活の中でもある。

    【付箋メモ】
    生きるのが面倒なのは、不幸だからではなく、生半可な幸せと堪えられそうな不幸が交互に訪れるからではないだろうか。(p36)

    世間の規範から外れた幸せが欲しい。
    ひとりだけで、こっそり笑うような。(p38)

    誤解が起きたら、言いわけはしないことだ。面倒だからだ。人の噂話はしない。自分の噂は放っとく。否定するのもばかばかしいことだ。
    なんでもかんでも得するように努力することが人生の近道ということはない。得するように考えることは、神経を擦り減らすことになる。(p46)

    二人で黙るのは楽しい。喋ると「伝え合う」ような気分になってしまうけれど、黙ると「共有」のような気持ちになる。(p68)

    痛みというものは消えることがないが、薄らぐという性質を持っている。(p69)

    先に続く仕事や、実りのある恋だけが、人間を成熟に向かわせるものではない。ストーリーからこぼれる会話が人生を作るのだ。(p69)

  • いままでに出会ったことのない、
    文体というか。
    不可思議ー!

    拙い、わけじゃないんだけど。
    極力、文字数を減らして
    シンプルにしてる感じ。

    ハマります。
    ナオコーラワールド。

  • 今まで読んだ山崎ナオコーラ作品でベストスリーに入る。(一番好きな作品のタイトル忘れてしまった。文学界で読んだんですが)

    会話の暖かみとぬけたようなリアルな雰囲気。

    味気なくも感じる物語の世界で、たまにキツイやりとりや文章が出てきてぐっと来てしまう。

    同時収録の「ああ懐かしの肌色クレヨン」もよかった。
    肌色のクレヨンが存在した時代も私は好きだとかなかなか言えない言葉だと思う。

  • ナオコーラの小説は、内容よりもフレーズが心に残る。ぐっとくる台詞もかなり多い。
    なので、読み終わると本は付箋でいっぱい。
    でもどれを読んでもしばらくすると話は忘れてフレーズしか覚えていなかったりする。

    淡々としているようで内側はすごく熱く生きている人たち。

  • 新聞に掲載するラジオ・テレビ欄の作成と校閲を仕事にしている非正規雇用者の広田、岸の物語。物語、というか、タイトル通り<会話>、あるいは<思考>の断片で成り立っている一冊だ。
    働くことは詩を詠むこと、という言葉が途中で出てくるが、まさしく詩篇のように感じる箇所もあった。彼らの社会生活を語っているようでありながら、概念を詩にしているようでもある。
    抽象的な印象を抱くことが多い山崎ナオコーラの作品は、時折はっとするくらい、ああそうだな、と頷きたくなるような「当たり前のこと」を的確に言葉にすることがある。
    なんでもかんでも得するよう努力することが人生の近道という理はない、とか、仕事をしていて相手を非常識だと思う時は相手もそう思っているだろう、とか、改めて言葉にされると、すとんと胸に落ちる。彼女の作品はこういうところが好きだ。

  • ストーリーからこぼれる会話が人生を作るのだ

  • 100:ラジオテレビ欄を作る6人の何気なく流れる日常を描いた表題作と、今は「はだいろ」と表記されなくなった色についての「ああ、懐かしの肌色クレヨン」の二本が収録されています。どちらも、何てことのない日々の描写が多く、物足りなさを感じる部分もあるのですが、淡々とした地の文のなかに時々はっとさせられるものがあって、その鋭さが痛くもあり、ああそうかと納得したり。起伏に富んだ話がお好きな方にはお勧めできませんが、私は好きだなあ。たぶん日常ってこんなものだから。

全116件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■山崎ナオコーラ(ヤマザキナオコーラ)
作家。1978年生まれ。性別非公表。
大学の卒業論文は「『源氏物語』浮舟論」。
2004年に『人のセックスを笑うな』でデビューしたあと、しばらくの間、「山崎ナオコーラ」でネット検索すると、第二検索ワードに「ブス」と出ていた。でも、堂々と顔出しして生きることにする。
目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。

「2019年 『ブスの自信の持ち方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎ナオコーラの作品

ここに消えない会話があるを本棚に登録しているひと

ツイートする