桐島、部活やめるってよ

著者 :
  • 集英社
3.30
  • (196)
  • (558)
  • (764)
  • (264)
  • (65)
本棚登録 : 3943
レビュー : 935
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087713350

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝井さんのデビュー作。
    朝井さんの作品を初めて読んだのは「星やどりの声」
    表現の瑞々しさと、全体の透明感に感動し、朝井さんの作品を追っかけた。
    この作品は、やっぱりデビュー作だなぁと思えるような初々しさを感じた。
    でも、わずか数年でこんなにも変わるの??と逆に驚いた。

    「桐島」がでてこないまま、話が進む。
    意外だった。最後には出てくるのかな・・と思った。
    高校生のリアルな現実が描かれていて、時代は変わっても悩んでることとか、そんなに変わらないんだな・・と実感した。

  • 有名な話だけど、桐島は出てこない。
    もっと言ってしまえば、桐島は部活を辞めるらしいけど、それも物語の本筋ではない。

    章立ては6章
    菊池宏樹
    小泉風太
    沢島亜矢
    前田涼也
    宮部実果
    菊池宏樹

    桐島に見えて、あるいは映画の影響で前田に見えて、菊池がメインなんだろうなぁ、一応。

    同じ高校に通う高校生が、関わり合い、あるいは関わらないままで、それぞれが主人公で進んで行く物語。

    届かない思いとか、形のないもやもやとか、押しつぶされそうな羞恥心とか、焦りとか、リアル。
    様々なカラーの登場人物が代わる代わる登場して、多彩だし、視点が変わるとはっとすることもある。

    個人的には前田の回が好き。
    中学まではうまくやれてたのに、とか、いつの間にか「ダサい」側に馴染んで、ぐっと黙ってしまう自分、とか。
    でも大好きなことをしているとき、世界はぐっと輝きを増して。
    かすみにも、伝えられるような気がする。そんな気持ちにさせてくれるものをちゃんと持ってる。
    私の高校生時代は、どちらかと言えば前田タイプだったなー。

    実果の話が唐突で、全体の中でがっつり浮いてる感じがする。
    話としては好きだけど。

    そして、恐らくメインの菊池。
    「上」のグループにいながら、なんかいまひとつ納得できなくて。
    いつも一緒にいる友人の軽薄な言葉にカチンときたり、彼女の価値観にちょっと引いたり、でも結局、自分もそうなんだって、わかってしまってる。
    これが、高校生の間だけなんだとも、知ってしまってる。
    ちょっと早熟で、感じやすくて、考えすぎちゃう男子校生。
    うん、こういう子いるよなぁ。
    斜に構えたイケメンだけかと思いきや、「青春小説」といえばまさにコレ!という王道を一手に引き受けてくれる子。傷つきやすく自分を持て余してる感じ。
    たぶん、作者自身の姿を投影してるんだろうなぁ、なんて深読みしつつ。

    最後まで読んでみると、桐島が出てこないことも、全く違和感がない。
    結局高校生の頃って、友達が部活辞めるとか辞めないとかって、その程度の話題な気がする。
    その子がどんなに真剣に取り組んでたとしても、「辞めるんだってさ」「まじかー」みたいな。
    話題への返答として驚いてみせるけど、だからといって自分の生活に大きく何か影響するわけでもない。
    だから別に、「桐島」に顔があろうとなかろうと関係ない。
    作中に名前が出てる子たちもたまたま出てるだけで、本質的には特に変わらない。「自分」と、「今目の前にいる相手」と、「その他大勢」の世界。

    ラストが、よくある希望を胸に前へ進もう!って感じじゃなくて、あくまで等身大な感じで終わるのがいい。

    若い作者にしか書けない、リアルな作品だったと思います。
    だからか、創作小説というよりは、自伝とかブログを読んでいるような気分で読めました。
    読み物としてめっちゃ面白いかと言われると首を捻らざるを得ないけど、だからこそその分、斬新な作品だと思う。
    高校生の頃の気持ちを思い出したいときとか、さっくり活字を読みたいときとか、いつもとちょっと違う毛色の作品を読んでみたいときにオススメです。

  • 映画がよかったので、小説も読んでみた。前田涼也の章以外は、青臭すぎて感情移入が難しかった。
    スクールカースト上位にいて、周りからもちやほやされて、いい気になっているけれど、高校を卒業したその先に何があるのか、ふと気づく狭い世界のお山の大将である宏樹。
    中学のときはそんなことなかったのに、高校に入ってスクールカースト下位になってしまう。でも映画に対する情熱は高く、映画の甲子園で特別賞を取る涼也。
    この二人の対比がよかった。
    確かに、中高と目立つ子たちが東京に出てきて、社会人になるとさえない人になってしまうのはよくあること。宏樹はそこをなんとなく感じ取っていたんだろう。
    と言って涼也がこののち、大成するかどうかはわからない。賞は取ったけど・・・というのもよくあること。
    ただ、この時点で未来に向かって輝いているのがどちらかというのが重要。いつまでも輝き続けるのは難しいけど、高校生で日和るのも残念な話だ。

  • 今から思うとものすごく狭い世界だけど、
    あの当時はここが世の中のすべてだった。
    将来やりたいことも、
    卒業後にどこへ進んだらいいのかもよく見えないまま、
    周りからどう見られているかを気にしながら、
    過ごしていた息苦しさ。鬱屈感。

    高校生の時って、ほんっとこんな感じだったよね、
    と、自分の姿をまざまざと思い出させられた。

    心がひりひり、そして恥ずかしい感じがするのは・・・
    私だけかな。

  • 高校時代の独特な空気感の表現は辻村深月と似てるなぁと思った。
    ラストの菊地宏樹の気持ちにとても共感できた。

    でもなんだろう…すごくあっさりと淡々と表現される高校生の日常。こういのが瑞々しいと言われるなら私にはちょっと分からないかも。

    映画の評価が高いので観て確かめたい。

  • 制服の着方とか持ち物とかいかに目立つかとか中身はどうであれそういう価値観で上とか下とか決まっていくのが高校。
    高校なんて小さい世界のはずなんだけど、そこにいるともうそこが世界のすべてだと思ってしまう。
    高校時代のなんともいえない心理描写がとても上手に表現されているなと思いました。
    スピンオフ風に一人ずつの物語がそれぞれ繋がっていたりしておもしろかったです。最後に桐島くんはどんな暮らしをしているのか気になりました。

    • HNGSKさん
      ちょこさん、はじめまして。あやこと申します。
      この作品を読んでいると、学校にいた自分を思い出してしまいますね。上とか下とか、自分で自分をラン...
      ちょこさん、はじめまして。あやこと申します。
      この作品を読んでいると、学校にいた自分を思い出してしまいますね。上とか下とか、自分で自分をランク付けして、自分の行動範囲を狭めてしまっていたこととか・・・(汗)
      2013/02/04
  • 桐島が部活を辞めた。

    おかげでレギュラーに就けることになったバレー部の少年は、
    それを嬉しく思う自分の中の「嫌な奴」と向き合う。

    ブラスバンド部の少女は、放課後、校庭でバスケをしながら
    桐島を待っていた少年の姿をもう見ることができない。

    映画部の少年は、桐島の抜けたバレー部が練習をしていない
    おかげで、かつて仲が良かったバドミントン部の少女を
    思いがけず撮影することができる。

    桐島の彼女と友達のソフトボール部の少女は、
    精神を崩した母に合わせて、死んだ姉の身代わりを続ける。

    野球部を続けることも、辞めることもできず、夢中になれるものを
    見失いながら過ごす少年は、自分の確固たる世界を持つ映画部の
    少年をまぶしいと思う。
    そして、部活をやめた桐島に「やりなおせる」と説きにいく。


    17歳のあの頃。世界は半径3mでできている。明確に階層化された世界で、自分の立つ位置が、自分の所属するグループが「上」か「下」かと探り合いながら、それぞれの小さな世界を生きている。

    そんな高校生活を思い出して懐かしかった。
    そして、一度も桐島が登場しなかったところが良かった。

  • 若いなー、青いなー、甘酸っぱいなー。
    同じ高校に通う5人の生徒各々の視点で描かれた青春連作短編集。
    軽いノリで交わされる会話中心の進行はあまり好きではなかったけれど、各々が抱える悩みや心の澱を高校生特有の他者との関係性の中で多面的に描く様は興味深かった。
    軽々しく薄っぺらな生活の中にも、最終的には希望の芽吹きを感じることができたことも良かった。

  • 結局、桐島はどうなってーん!!!!ってまず思った。笑
    あと、時系列にしたらたった2・3日なんだね・・・学校に来てる平日だけやから、土日含めたらもうちょっとあるけど。
    その視点というか、あえてそこで1作にしたのは凄い。

    しかし、タイトルになってるのに一切出て来ないって凄いなw
    まず原作読んで、そのあと映画観たけど、そんな風に映像化するのか・・・
    感想というか映画との違いになっちゃうけど、登場人物の設定違いすぎない?観てたら混乱してきたから相関図作ったけど、カップルの組み合わせとか、割と違いがあった。
    あと原作では宏樹が中心なのかなと思ったけど(宏樹視点で始まり、終わったから)、映画は違う・・・?どっちかっていうと、涼也?
    それと映画での桐島のカリスマ性ね。どんだけ桐島は求められてるん!?みたいなw

    でも学校でのカースト制度はリアルよね。学校だけじゃなくて、一生どこでもあるんだろうけど。

  • 高校生って大人の入口なのかもしれないな、と思った。どこに行くかは自由だけど、もうすでに自分のレール(これをスクールカーストで表現してるのかな)はあるんだという自覚もある。

    高校という狭い世界でやっていくにはちょっと窮屈になってきているさまざまな登場人物たちの心情が、キラっと光るようでした。

著者プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

桐島、部活やめるってよのその他の作品

朝井リョウの作品

ツイートする