我が家の問題

著者 :
  • 集英社
3.75
  • (181)
  • (536)
  • (366)
  • (39)
  • (5)
本棚登録 : 2384
レビュー : 495
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか読んだことあるような…と思ったら、「家日和」の続編でした。お弁当で仕事のできない夫を支える奥さんがステキ。

  • 色々な家族の形がある短編集。なんて事の無い感じなので嫌な印象は受けなかったが、逆をいえば何もない。1時間以内で読み終わってしまう位軽いので、暇つぶしにはいいかも。
    オムニバスが最後に一本の線で繋がるようなストーリーだったらよかったのになー。

  • オチがどれもイマイチだった。

  • 第一作の方がよかったかな。。

  • 家族の問題をテーマにした短編集。
    1時間もののドラマを観ているような感じでした。
    UFOと交信できるようになった夫の話が一番面白かったです。

  • タイトルのとおり、ひとつ屋根の下で暮らす夫婦や家族、その親戚の何気ない問題をテーマにした短編集です。
    結婚してから改めて読むと「あるある」となるのでしょうが、独り者の私はいまいち感情移入できず。各話の「問題が解決したような、してないような…」というオチが、不思議な感覚を残してくれます。

  • それぞれの 心の言葉で ストーリーが進んでくよ

    今日みたいな ぽかぽかの日に

    「ああ・・・こういうのありがち」

    ってみょうに 納得してしまう

    ほのぼのしたお話

  • なんだろなー。全体的にぬるい。
    どこの家にもあるちょっとした悩み、みたいなものを書きたかったのかもしれないけど、それにしても甘いだろ。
    これといったオチもなくて「へ?」みたいな感じ。

    「里帰り」なんて、実態はこーんなキレイごとじゃ済まないわよっ!と、ヨメとしては言いたくなるなw

  • よくあるオムニバス映画のような短編集。(家族編)。
    「いるいるこういう人!」という感想を狙ったであろう話、最後は愛だよねという定番モノ、人生なんてこんなもの的なおはなしまで。色々だけど、イマイチ心に何も残らない。登場人物がプレーン味過ぎて楽しくなかったせいだ。台詞も普通過ぎて味気ない。リアルと言えばリアルなのだろう。でも、物語、小説って感じではなかった。正直、私はこの本はあまり好きではない。

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。近著に『罪の轍』。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

我が家の問題のその他の作品

奥田英朗の作品

ツイートする