雲の王

著者 :
  • 集英社
3.27
  • (7)
  • (22)
  • (42)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 191
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714555

作品紹介・あらすじ

気象台に勤務する美晴は、息子の楓大と二人暮らし。放浪中の兄から突然届いた手紙には、謎の地名が記されていて…。
天気を「よむ」不思議な能力をもつ一族をめぐる、壮大な気象科学エンタメ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SFとファンタジーが入り混じった感じの
    雰囲気だったけど、家族とは何か、という切り込みも
    あって、読み応えがあって良かった。

    主人公は、小学校の息子を持つ女性だが、
    大気中の水蒸気の流れや温度の違いを視覚的に
    捉えることのできる能力を持っていて、最初の
    話では能力でゲリラ豪雨などを予測する、といったもの。

    そのあとは、その能力を持っている郷に行ったり、
    いつの間にか水関係の研究者になっていた兄に
    振り回されたりしつつも話は進み、
    主人公が幼いときに亡くなった両親とのつながりとは
    何なのか、というところにクローズアップしていた。

    気象関係の用語が多いながらも、話の中心は
    ヒューマンドラマであって、一癖も二癖も
    ある脇役が色を添えていて、面白かった。

  • 気象小説。異能を持った一族を登場させながら、それに寄りかかったヒーロー小説にしておらず、自然崇拝や人間の善なる力への過剰な信頼・傾倒もなく、(その分地味ではあるけれど、)混沌としたまま終わるところに著者の誠実さを感じる。

  • 帯には「気象ファンタジー」と銘打たれている。この本を読んで「そうか水蒸気は目に見えないのか」と知ったくらい地学全般に苦手意識が強いんだけど、たとえば積乱雲を巨大な木として表現するような例えが巧みで楽しく読めた。雲の意味や天気図がわかるようになれたらいいなあ。子供向けの本で勉強しなおすか。
    SFではない科学小説の分野を一人で切り開いている川端裕人が初めて伝奇的な題材に取り組んだ作品でもある。実はその伝奇的な要素のおかげで、読者は科学的に正しいイメージを頭の中で描ける仕組みになっている。主人公が気象の専門家とはいえ子供のいるおばちゃんという生活者の視点で語られるところも、ぐっとハードルを下げている。

  • 天気をよむ。竜神さま。台風。残された兄妹。
    幼い頃にコップからの湯気を見て竜を想像したことを思い出した。
    C0093

  • 気象台に勤める美晴の元に、ある日行方不明の兄から手紙が届く。手紙に導かれ、息子の楓太とともに事故で亡くした両親の故郷を訪れた美晴は、自分の一族には台風などの自然災害を予測できる不思議な力があることを知る。
    一族の風習に染まっていき、能力が開花した美晴は、最新の気象予報を織り交ぜ自然災害に立ち向かう。

  • 空中の水蒸気の流れや、寒暖の差が見えるという能力を一族から受け継いだ美晴。
    その特異な能力を使い、天気の災害にどう立ち向かっていくのかを描いた話。

    当然、私にはそんな能力はない。
    雨の降る匂いもわからないし、上昇気流が見えるわけでもない。
    だけど、不思議と主人公と共に、つい空を見上げてしまう習慣がついた。

    なかなか思うようには読み進められなかった作品ではあったけれど、
    気象の知識や面白さが少しだけわかった気がする。

    晴れた日は、ハケハケの雲やひつじ雲を探してみたいな。

  • あのね、この人、日本語が得意じゃないの。
    東大出てるから頭はいいんだろうし、発想も悪くない。
    問題は書く力だけなの。
    その力がないの。だから面白くないの。
    書く力のある人の本は、多少の傷や不整合や設定の無理があっても最後まで読めちゃうの。
    だけど、この人の本は、最後まで読むのに努力を要するの。
    扱ってるテーマが難解とか、複雑とか、高尚とかそんなんじゃないの。
    純粋に面白く書く力がないの。
    そんだけ。
    すごく頑張って読んで得るところ殆どなし。
    気象のこと知りたければ、わかりやすい専門書はいくらでもあるのよ。

  • 観天望気ということばがあるが、気象予報士のはるか以前よりその才に長けた人々が居た・・・。自然に翻弄される人々の中で、息づく力。描写に迫力もあり、気迫が伝わるのだが、ぜんたいに優しさが溢れてくる。

  • 気持ちが大きくなる。台風の目の中にこの身一つで入っていくなんてどんな気分?この空はつながっていて大きな自然の中、流れるときの中、私たちはそれぞれの生を生きる。大きな流れの中で生かされている。雲の動きの表現が豊か。文章も美しい。

  • 2014 1月

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

川端 裕人(かわばた ひろと)
1964年、兵庫県明石市生まれの小説家、ノンフィクション作家。東京大学教養学部卒業後日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。
1995年『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。1997年日本テレビを退社後、1998年『夏のロケット』で第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞し、小説家デビュー。
その後も小説とノンフィクション二つのジャンルで活躍を続け、2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2018年『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞をそれぞれ受賞した。

雲の王のその他の作品

川端裕人の作品

この作品に関連するサイト

ツイートする