友罪

著者 :
  • 集英社
3.95
  • (157)
  • (295)
  • (145)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 1384
レビュー : 229
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087714937

作品紹介・あらすじ

「凶悪犯罪を起こした過去を知ってもなお、友達でいられますか?」─ミステリ界の若手旗手である薬丸岳が、満を持して「少年犯罪のその後」に挑む、魂のエンタテイメント長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「凶悪犯罪を起こした過去を知ってもなお、友達でいられますか?」と言うのがキャッチコピーらしい。
    まさにこの通りの内容で、会社の同僚が有名な少年犯だったと知ることになった主人公がもがき苦しむ姿が語られる。

    意欲的な作品だと思う。
    でもなんだろうこのもやもや感。
    読み終わった後に全く心が晴れない。
    それもそうだろう、簡単に答えが出せるはずがない。
    神戸連続児童殺傷事件がこの作品のモチーフになっているのは明らかで、どうしたってその事件の記憶がよみがえってくる。
    今年も被害者少年の父親が手記を発表したのは記憶に新しい。
    被害者にとって事件は終わっていない。

    だからこそ私も主人公とともに読みながら苦しんだ。
    もし自分が同じ立場に置かれたらどうするべきなのか。
    倫理観と生理的嫌悪感とそして“友情”がせめぎ合って堂々巡り。
    少年犯罪や少年法のあり方について提議すると言う意味では良い作品だと思う。
    それでもやっぱり読むのがしんどかったし、自分の中で消化しきれなかった。
    大人のサイコパスの小説を読む方が精神的には楽かも。
    悩んだ末に☆3つで。

    • nejidonさん
      vilureefさ\ん、こんにちは♪
      わぁ・・重い課題をつきつけられた思いです。
      タイトルの意味するところを、レビューを読んでから理解できま...
      vilureefさ\ん、こんにちは♪
      わぁ・・重い課題をつきつけられた思いです。
      タイトルの意味するところを、レビューを読んでから理解できました。
      私の住む県に、かの少年がひっそりと住んでいるらしいという噂が、まことしやかに流れたことがあります。
      県知事さんがOKしたとかなんだとか。
      真偽のほどは分かりませんけどね。
      もうそれだけで当時は非難ごうごうだったのですよ。

      友達だったら、という問いかけは辛すぎます。
      仲が良かったらなおのこと、現実を受け入れるのに時間がかかるでしょう。
      父親が出した手記も、印税で賠償金を支払うのかと、
      どうしても納得がいかなくて手に取りませんでしたからね。
      ただ、少年法のあり方については考えたいですね。
      vilureefさんにしては珍しい☆三つ。うん、それもアリです。
      2013/07/17
    • vilureefさん
      nejidonさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます♪

      そうなんですよ、非常に重い。
      娯楽作品でありながら娯楽作品ではな...
      nejidonさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます♪

      そうなんですよ、非常に重い。
      娯楽作品でありながら娯楽作品ではない。
      そんな読後感です。
      作品としては良く出来ていると思います。
      でもあまりに現実とシンクロしてしまっているので・・・。

      そうですか、nejidonさんのお住まいの県にもそんな噂が・・・。
      嘘か真かは分からないとしても気になりますよね。
      そう考えると決して小説の中の話だけじゃないんですよね。

      結局は性善説に立つのか性悪説に立つのかってことになるんでしょうか。
      過去にどんな犯罪を犯していても、少年の更生を信じ見守るのか。
      それとも欧米のようにGPSを使って監視するのか。
      少年犯罪って考えれば考えるほど難しいですよね・・・。
      2013/07/18
    • ヒョードルさん
      vilureefさん、お久しぶりです。
      PCが壊れていて、ようやっと復帰しました。
      これ、薬丸さんということでもあり非常に興味ありました。
      ...
      vilureefさん、お久しぶりです。
      PCが壊れていて、ようやっと復帰しました。
      これ、薬丸さんということでもあり非常に興味ありました。
      なるほど。。ますは、機会作って読んでみたいと思います。
      ちなみにあの神戸の少年は、確かに某県の某駅にいると言われております・・。
      2013/10/17
  • ー過去に重大犯罪を犯した人間が、会社の同僚だとわかったら?ー


    ジャーナリストを志して夢破れ、でも再起を夢見て繋ぎの仕事として、
    川口の小さなステンレス加工の製作所に住み込みで働く事になった27歳の益田純一。
    同じ日に採用された同い年の鈴木秀人。
    鈴木は無口で、寮の皆を徹底的に避けている。過去の話もしない。
    極端な程、人を避けるから、職場でも好かれていない。
    そして、何故が毎晩うなされている。うなされているという言葉では足りない程尋常なものではない。
    そんなある日、益田は指を切断する大けがを負うが、鈴木の適切な処置によって、
    指を失う事もなく済んだのであった。
    その事故を機に、同い年で同日入社の二人は少しずつ打ち解け合っていく。

    事務員の藤沢美代子は、昔女優を目指して上京したが、当時付き合っていた達也により、
    AVに出演させられた過去があった。
    達也は執拗に美代子を捜しマンションに現れた時、鈴木に助けられ好意を抱くようになる。

    ある時、益田はスズキが日本中を震い上がらせた十四年前に、14歳の少年が
    幼い二人の子供の首を絞めて殺した後にナイフで目玉をくり貫き、警察に犯行声明文を送り付け、
    何とも大胆不敵で、おぞましい事件『黒蛇神事件』の犯人ではないかと、疑惑を抱くようになるー。
    鈴木は自分が死んだら悲しいと言ってくれた益田の事を唯一の親友だと言い、
    益田になら自分が抱えているものを全て話しても良いと言っている。
    そのかわり、何を聞いても友達でいてほしい…。
    益田はその話を聞く勇気が持てない。
    鈴木への恐れと嫌悪と彼の正体を皆に黙っている罪悪感に苛まれている。

    この事件は『神戸連続児童殺傷事件』をどうしても思い出させる。
    あの事件は、衝撃的でそしてとても異常だった。
    だから、益田の気持ちもわからないでもない。
    自分が益田の立場だったらどうするのだろう…。
    例えば、同じ殺人犯だとしても、その事情や背景が理解出来るものや同情に値するものもある。
    しかし、猟奇的殺人事件の犯人…答えは出せない…。
    益田の苦悩や葛藤も理解できましたが、一歩踏み出す勇気のなさがもどかしかった。
    そして、ジャーナリストの先輩に、鈴木の写真を安易に転送したり、
    一度は手記を書いて送ったくせに、途中で出版しないでくれと言ったり…。
    言っても彼らが出版する事は業界にいたならわかるはずなのに…。(-`ェ´-怒)
    それなら、自分が思っている事と違う様に捏造された記事ではなく、
    腹を括って、日本中の人を敵に回しても鈴木の人としての素晴らしい面も全て
    恐れずに書いて欲しかった。
    ただ、益田は決して強い人間ではないが、真っ当な人間ではある。それが救いだった。

    罪を犯した者は、いつまでもその罪から逃れられないのか?
    どんなに後悔しても、真面目に生きて行こうとしても社会から受け入れられる事はないのか?
    罪を犯した者の更生と贖罪とは…?
    友人が残虐な殺人者だったと知ってしまったら許せるのか?
    とても重いテーマでした。
    幸せになって欲しくない訳ではないのですが、鈴木の様に苦しんでいて欲しいと思った。
    後悔と、贖罪の気持ちを持っていて欲しいと思った。
    しかし、現実の事件の彼は遺族の願いも踏みにじって手記を出版しました…。

    益田の勇気をもって一歩踏み出したラストの手紙には心が打たれました。
    希望の光がさしていました。

  • 読み物としては面白いのだが、やはりいまだに記憶にある神戸のS連続児童殺傷事件が思い出されて抵抗感がある。この題材に敢えて挑んだのだろうが手放しでは受け入れ難いね。この本ではちょっといい人間にもしてあるし。実際の事件があまりに残酷だっただけに単なる読み物として楽しめなかった。

  • テーマは重いし長編けど、久しぶりに夢中で読んだ本。視点が変わるから、飽きっぽい私も飽きずに一気読みでした。

    「自分だったら??どうする?」
    過去とは言え、そんな残虐な殺人犯と知っていたら恐らく初めから敬遠しちゃうんだろう。
    でも今回のように打ち解けてきた頃に知ったら?

    初めは益田の立場だったら…と考えて読んでいたけど、そのうち、もしも自分が鈴木の立場だったら??(さすがにそれはないけど)
    山内の立場だったら??山内の息子の立場だったら??(それはあってはならないけど可能性として絶対にないとは言い切れないかも)
    自分だったら…がずっと頭にあって考えさせられる話でした。

    余韻が残るラストで若干モヤモヤしたけどそれでOKなんでしょうね。

    面白かったけどちょっと疲れたので次はコメディタッチの軽い話を読みます(笑)

  • 皆さんもレビューで書かれている通り、神戸での事件を彷彿とさせる内容。
    重い重い問題提起作品。
    どうしたって嫌悪感を抱かざるを得ないかもしれないけど。
    でも清水や内海、達也、マスコミ、、、、
    罪には問われない悪意はそこらじゅうにあるのではないか。
    そんなふうにも感じた。
    うまく消化できない1冊。

    2013年 集英社

  • とても難しくて考えさせられる内容でした。

    過去に幼い子供を殺害し、医療少年院に入り、精神面からも矯正され、まだサポートされながら生活していかなければいけない鈴木。
    でもそこから飛び出し、自活しようとする。
    そして、たまたま同じ会社に入った益田。
    2人はしだいに友人としていい関係を築き始めるが・・・

    過去の罪を知ってしまったら、やはり今が良くても心は閉じてしまうものなのか。
    自分だったらどうなんだろう。やっぱり怯えてしまうのか。
    友達でいたいと思いながらも、それは難しいものなんだろう。

    美代子もまた忘れたい過去に苦しめられて生きている。
    どんな事も無かった事に出来たらいいが、
    鈴木も美代子も背負って生きていかないといけない。

    益田にも忘れられない過去がある。
    過去を克服できればいいのだが・・・悲しい話だ。

  • 酒鬼薔薇聖斗事件を連想させるストーリーを薬丸さんらしい料理の仕方で読者にも問う作品でした。

  • 『友罪』×薬丸岳、となると何となくストーリーは予想がついた。友達が元犯罪者でも友達を続けられますか?と問うような内容かと思い、概ね合ってはいたのだが...ちょっとその犯罪が桁違いだった。許せん。私は大原則、加害者の更生よりも被害者や遺族の人権を尊重すべきと思うので、どう寄り添ってこの物語を読んでいくのか大いに悩んだ。この著者は犯罪者サイドからの話が多く、自分の倫理観が問われるので疲れる。それでも引きこまれ、各々登場人物の苦悩が伝わって、イッキ読みしてしまった。でも正直ラスト含め、腑に落ちない所多々あり。

  • 重たい内容で、嫌な気持ちにもなるがあっという間に読み終わった。色々と考えさせられる。それぞれの登場人物の気持ちを考えると辛い。

  • ブクログのよみたいリストに加えたのが2016年5月。ようやく読むことができた。

    ミスチルの桜井さんは歌の中で言った、「殺人鬼も聖者も凡人も共存していくしかないんですね」と。
    それがどんなに難しいかを思い知らされた小説。

    この話をすっきり終わらせるのは無理だし、そもそも終わりなんてないテーマ。
    めちゃくちゃ重いから苦しくて悲しくて途中で涙が出た。
    もちろん本人の自業自得も大きいけど、本人が更正するのに週刊誌が妨げになるのがなんだか悲しい。
    隠されたことを報道する必要はある、でも必死で生きている誰かを殺すほどの権力を簡単に振りかざしていいのかな。
    買う人がいるから作るんだという意見もわかるけど。ジャーナリズムってなんや。
    私は絶歌を今後も読まないだろうし、少年Aの現在なんてこれからも調べない。
    「知らないほうがよいこともある」は自分のために使われることが多い言葉だけど、他人のために使えるようになりたいなあと思った。

    これ、生田斗真と瑛太で映画化するそうだけど
    予告で見た瑛太がはまりすぎて怖いくらいだ

全229件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年兵庫県生まれ。2005年に『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2016年に『Aではない君と』で第37回吉川英治文学新人賞を、2017年に短編「黄昏」で第70回日本推理作家協会賞〈短編部門〉を受賞。『友罪』『Aではない君と』『悪党』『死命』など作品が次々と映像化され、韓国で『誓約』が20万部を超えるヒットを飛ばす。他の著作に『刑事のまなざし』『その鏡は嘘をつく』『刑事の約束』『刑事の怒り』と続く「刑事・夏目信人」シリーズ、『神の子』『ガーディアン』『蒼色の大地』などがある。

「2020年 『告解』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薬丸岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

友罪を本棚に登録しているひと

ツイートする
×