かたづの!

著者 :
  • 集英社
3.49
  • (35)
  • (95)
  • (116)
  • (26)
  • (2)
本棚登録 : 800
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087715705

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中島さんが、今度は時代小説を書いた!しかも、時代小説ファンタジー!みちのくの小藩での女大名の一代記を、カモシカが語るという設定に興味を惹かれた。読みやすい文体、ストーリーのテンポもよくて、先へ先へと読者を誘うような展開は、さすが中島さんという感じがした。
    ただ、中盤以降やや中だるみが感じられ、別にあえてかたづの(カモシカ)が出てこなくてもいいような気もした。

  • 日本史は好きですが、南部の女当主のことはこの本を読んで初めて知りました。
    ファンタジー要素がかなり入っていますが、実在した女当主の生涯は、史実だけで十分にドラマティックです。
    先が気になって,読み出したら止りませんでした。
    「かたづの」に語らせるというのはユニークな試みですが,ファンタジー要素がなかった方が私好みでした。

    晩年の清心尼が嫁ぐ妙に語る,生きる知恵ともいうべき言葉がこの小説の肝でした。

  • 江戸時代唯一の女大名の一代記。
    片角の羚羊の目を通して語られるので、時折その性質が現れてどこかしらユーモラス。河童が登場したり、遠野を含む東北の民話も加わりファンタジー歴史小説になっている。
    遠野物語も、南部氏についても詳しくないが、読みやすくとても面白かった。
    「カモシカ」は鹿でなく、牛に近い生き物、ということもよく知らなかったが、びっくりすると立ちすくんでしまう、とか反芻する姿とか、想像するとほっこりした気持ちになる。画像を検索すると鹿よりもふかふかと毛深くて足は太めでしっかり。これに乗ったり、寄り添ったりしたらあたたかそうだ。
    血なまぐさいお家騒動のあれこれや主人公の女大名の苛烈さなどが民話や伝説などと上手く混合されて、歴史小説としてだけでなく、ファンタジーとしても楽しめた。

  •  「かたづの」とは「片角」である。物語は一本角の羚羊(カモシカ)の語りで進行する。大変珍しく一本しか角がないため「かたづの」と呼ばれていた。江戸幕府が開かれる少し前、根城の八戸南部氏が遠野へ移る頃の物語である。

     その頃の根城第二十代城主直政に祢々が嫁ぐ。しかし越後からの帰還途中、何者かに暗殺される。叔父にあたる三戸南部氏の仕業であることは明白だった。さらに直ぐ跡継ぎの息子も毒殺される。三戸は喉から手が出るほど八戸を欲しがった。そこで祢々は女亭主として第二十一代当主となる。髪を下ろし「清心尼」と呼ばれるようになる。そして三戸から突きつけられる数々の難問に「かたづの」の知恵を借りながら立ち向かう。しかし遠野への国替えを命じられる。戦も辞さないという藩士たちをなだめ、遠野へ移る道を選択する。

     自分のふるさと八戸にこのような女性大名がいたとは知らなかった。フィクションとはいえ、ある程度は歴史を踏襲しているはずで、あまりの三戸の横暴に腹が立ってしかたがなかった。

     始めは羚羊に、その羚羊が死んだ後はその角に語らせることで南部氏を俯瞰している。このことがただの歴史小説ではなく、ファンタジックな物語にしている。一気に読み切ることができた。

     また、実際に八戸に残る伝説を挿入することによって、河童の起源を語り、物語面白くしている。左甚五郎が建てたという櫛引八幡宮は我が家の目と鼻の先だ。また清心尼が盛岡に叔父を訪ねる際通ったという櫛引、八幡、通清水などは私の住む集落で、その街道は今は県道八戸上名久井線となっている。

     これを読んだことによって、改めて八戸の歴史を紐解く機会を得た。そもそもなぜ根城から遠野に国替えになったのか知らなかったのだ。

     とても面白いストーリーであったが、参考文献(古文書)が三戸や盛岡の文書ばかりで八戸の文書がなかったのはちょっと残念だった。

  • 登場人物も、河童もカモシカも、魅力的な設定なのになぜか生かし切れていない気がしました。
    カモシカの角、スペックは有りそうなのに、肝心なところでいまいち役立たず。
    ちょっと不発だったな・・・

  • 出だしは取っ付きにくいが、読み進めると引き込まれる。江戸初期に一国を護る事の難しさ女の苦悩が描かれていて共感しながら読める。

  • それなりに面白かったけれど
    少々読み難い作りだった。

  • 最初、慣れるまで読み進めるのに時間がかかりました。
    面白かったです。

  • テーマが新鮮で手法も面白かったが、中盤以降はやや中だるみだった。遠野を訪ねたくなった。

  • 面白かった。ストーリーを鹿が語るが、鹿の死後は角が語る。最後まで粋だなぁ〜と思った。

全123件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

中島京子(なかじま きょうこ)
1964年東京都生まれの作家。『FUTON』でデビュー。著書に『小さいおうち』(直木賞)、『かたづの!』(河合隼雄物語賞・柴田錬三郎賞)、『長いお別れ』(中央公論文芸賞)等。2019年5月15日、新刊『夢見る帝国図書館』を刊行。

かたづの!のその他の作品

かたづの! (集英社文庫) Kindle版 かたづの! (集英社文庫) 中島京子

中島京子の作品

ツイートする