にじいろガーデン

著者 :
  • 集英社
3.45
  • (48)
  • (117)
  • (160)
  • (28)
  • (10)
本棚登録 : 1029
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087715781

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらすじ知らなかったからまさか同性愛の話だと思わなかったけど、とても心に残る話だった。

  • それぞれに子どもを持つ、レズビアンのカップル。血の繋がりのない母二人、子二人の一家が、家族として成長していく姿を描いている。

    唖然とするくらいふわふわした前半は、レズに目覚めるくだりも唐突すぎてリアリティに欠ける。そして後半は一転して深刻になり、不治の病やら自殺未遂やら、取って付けたような展開に。
    マイノリティにスポットを当て、血の絆より強い家族愛を描こうとしたのだろうけれど…。表面をさらっと撫でただけで、作者自身がこの重いテーマを消化しきれなかったのかな、という感じ。

  • こんな家族が世界中にあればいいのにと思った。

  • 確かに温かく、優しい気持ちにあふれた素晴らしい作品です。でも、ふと現実に帰ったとき、こういう一家が我が家の隣に引っ越してきたらやだなぁ気持ち悪いなあと感じるワタシが確かに存在します。
    これからのこの世界で、LGBTを受け入れるのか(つまりワタシは受け入れられていないということか?)、それが良いことなのかを問われると、ワタシは困ってしまいます。
    レインボーフラッグの持つ意味をこの作品で初めて知りました。登場人物が順番に一人称で語る書き方、新鮮で心地よく感じました。

  • 小川さんらしい、心温まる系のお話でした。
    目次だけ見て、駆け落ち、結婚、ハネムーン…というハッピーハッピーな話かと思ったのだけど、女性の同性愛カップルと家族の、いいことも悪いこともな人生の物語でした。

  • 御伽噺のように美しい愛情に満ちたストーリーに、あたたかく力強い家族の絆と切実で現実的な問題。
    そして、悲劇。
    家族って血じゃないって思うけれど、
    強い絆で結ばれた家族でもやっぱり本人にしかわからない想いがある。
    泉と千代子の関係はとても素敵だけど、
    草介の想いを考えると涙が止まらなかった。
    千代子にはわかってたんじゃないかなぁ。
    あんなラストって、あり?
    あまりにも、な展開に憤りすら感じたけれど、
    タカシマ家のこれからに明るい未来が待ってると信じたい。

  • 小川糸さんの本は優しいネ。
    陽だまりにいるような暖かさがある本でした。
    同性愛の両親とその子ども達との視点で物語が進んでいくから、全員の気持ちも良く分かって、全てがクルッと回って腑に落ちる。
    だから、読み終わったあともオールスッキリ!笑
    難しいテーマだけに考えさせられるコトもたくさんあったなぁ。
    全てに対して偏見は持ちたくないと思ってる時点で、偏見の目で見てるってコトに繋がるし、気にしないになるとそれは無関心になっちゃう。
    言葉はホントに難しいネ。

  • 何があっても、受け入れて許すことが大事よ。

    虹色憲法
    自分には決して嘘をつかない。
    一日に一回は、声をあげてげらげら笑う。
    うれしいことはみんなで喜び、悲しいことはみんなで悲しむ。
    絶対に、無理はしない。
    辛かったら、堂々と白旗をあげる。

  • 小1の息子がいる女性が高卒ほやほやの女性と出会って恋に落ちる。なぜか娘が生まれて4人で暮らすストーリー。同姓同士の愛には障害が多いんだろうな。

  • 最初は少しメルヘン的な印象が強かったものの、後半で様々な難局も出てくる中で、家族という単位の大切さを感じることができた。各章ごとにメインの人物がかわるのも面白かった。「あぁ、あの人が感じていたこんなことは、実際はこの人はこう思っていたのか。」みたいに、多面的に納得感が深まった。読了して思えば、一定の時間軸をいろんな登場人物の視線で繰り返し記すことにより、一つの深みがある物語を作られており、読み始めに「なんか薄い話だなぁ」と思ったのはある意味必然か。
    自分の、家族の人生って、こうありたいなぁと思える話でした。

全147件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

小川 糸(おがわ いと)
1973年生まれ、山形県出身の小説家であり、作詞家・翻訳家でもある。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。
2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品だったが、目に留めた編集者によって刊行され、ベストセラーとなり映画化された。同作は、2011年7月、イタリアの文学賞である、バンカレッラ賞料理部門賞も受賞している。
2017年、『ツバキ文具店』が「本屋大賞2017」で第4位にノミネート。ドラマ化もされた。続編『キラキラ共和国』も発行、代表的シリーズかつヒット作となっている。
その他代表作として、テレビドラマ化された『つるかめ助産院~南の島から~』。

小川糸の作品

ツイートする