愉快な青春が最高の復讐!

著者 :
  • 集英社
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087716832

作品紹介・あらすじ

気鋭の小説家、初のエッセイ集。
パーティーもBBQもフェスも見当たらず、学生でもない。でもこれは紛うことなき青春だ!
会社の同期五人との、謎の熱狂。平日は毎晩のように誰かの部屋に集まり、一台のベッドにぎゅうぎゅう詰めで眠る。会社のロッカーに共用の風呂道具を入れて、仕事帰りにみんなで銭湯に通う。北は北海道から南は長崎まで、弾丸旅行へ行きまくる――。
「私が体験した青春は、ジェネリックだったのかもしれない」。
記録魔だからこそ振り返ることのできる、あまりにもさっぱりとした自虐エッセイ!
どうか笑ってあげてください。

【著者略歴】
奥田亜希子(おくだ・あきこ)
1983年(昭和58年)愛知県生まれ。愛知大学文学部哲学科卒業。2013年、『左目に映る星』で第37回すばる文学賞を受賞。著書に『透明人間は204号室の夢を見る』『ファミリー・レス』『五つ星をつけてよ』『リバース&リバース』『青春のジョーカー』『魔法がとけたあとも』『愛の色いろ』がある。本作は著者初のエッセイとなる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 社会人になっても青春を謳歌できるのっていいな、と思った。

    わたしも社会人一年目の時、趣味つながりで同じ社会人一年目の友達ができた。生まれた場所も育った環境も、学校も職場も違ったけれど、なぜか仲良くなれた。

    それから毎年のように京都に遊びに行った。行きたいと思ったところは全部一緒に行った。祇園祭、大文字焼き、納涼床、嵐山、鞍馬、鴨川デルタ...。真夏に河原町から出町柳まで歩いたり、好きな小説の聖地巡りをしたり、激安BARにも高級BARにも行った。

    最近はそれほど頻繁に会わなくなってしまったけれど、京都に行くたびに、当時のことを思い出して幸せなきもちになる。

    青春に年齢は関係ない。いい思い出をたくさん作ること、それが人生の目標。そう思ったら、今も青春真っ最中かもしれない!

  • 人との縁にすごく恵まれてる人なんだなぁ…羨ましい。まさに青春、って感じの旦那さんとの馴れ初めや、同期たちとのバカみたいな話が山盛りで、すごく羨ましいと思った。いいなー。こんな友達、旦那様

  • ただただ面白い。あまりの馬鹿馬鹿しいエピソードの数々に笑ってしまう。そしてちょっと羨ましい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

奥田亜希子

1983年愛知県生まれ。愛知大学文学部卒業。2013年、「左目に映る星」ですばる文学賞を受賞しデビュー。『ファミリー・レス』『五つ星をつけてよ』『リバース&リバース』『青春のジョーカー』など著書多数。

「2020年 『愛の色いろ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥田亜希子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×