菜の花物語

著者 :
  • 集英社
3.23
  • (2)
  • (1)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087726213

作品紹介・あらすじ

旅する空に、休息の夜に、椎名誠のかたわらを通過した女たち。出逢いと別れ、そして再会。哀しくて、やがてアカルイ物語を11。ロングセラー「岳物語」「続岳物語」に続く私小説PART3。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当時の感想。

    椎名氏はすごく繊細でかなしい人だと思う。そのかなしさの中にそこはかとなくユーモアが漂うのだと思う。

  • 今まで私が読んだ椎名さんの本といえば岳くんの小さい時の話とかで、がははと笑えるものが多かったのですが、今回読んだこの本は時に鼻の奥がツンとするようなちょっとしょっぱい気分になる本でした。こんなのもたまにはいいね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

菜の花物語のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする