赤い楯(下) ロスチャイルドの謎

著者 :
  • 集英社
3.76
  • (5)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087728170

作品紹介・あらすじ

全世界のジャーナリズムと諜報機関を育てた集団が、じつは同じ系譜にまとまる一族であったため、欧米のジャーナリズムはひとつのタブーを避け事件を報道し、歴史を記録してきたという重大な疑惑がある。ヘップバーン、グレイス・ケリー、バルドー…。華麗な映画界の裏にみえるスターの素顔。湾岸戦争に踏みきったベーカー国務長官の素姓と多国籍軍を組織したイスラエル人脈とは?現在もなお金融支配のもとで進行する数々の政治的策謀を明らかにする3000枚におよぶ大調査。経営者・サラリーマン・学生にとって必読の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シェルブールの雨傘ロスチャイルド商会が制作したミュージカル、

    フリーメイソン、自由な石工、

    フランは通貨の単位であると同時に、フランク族を表現し、また自由という三重の意味を持っている

    ロスチャイルド家とフリーメーソンの密接な関係、

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

広瀬 隆
1943年東京生まれ。早稲田大学卒業後、大手メーカーの技術者を経て執筆活動に入る。『東京に原発を!』『危険な話』『原子炉時限爆弾』などを世に出し、一貫して反原発の論陣を展開してきた。福島原発事故後は、いち早く『福島原発メルトダウン』『第二のフクシマ、日本滅亡』『原発ゼロ社会へ!新エネルギー論』『原発破局を阻止せよ』を出し、「原発即時撤廃」を訴え、各地で講演活動をおこなっている。

「2014年 『原発処分先進国ドイツの現実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

広瀬隆の作品

赤い楯(下) ロスチャイルドの謎を本棚に登録しているひと

ツイートする