召使と私―そしてギベール写真集『孤独の肖像』抄

  • 集英社
3.42
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087731644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 体の不自由な主人と根性の悪い召使。
    もっと倒錯的な展開を(卑猥なほうじなくて陰惨なほうを)期待していたんですが、そうでもありませんでした。

    ただ、この作者(エイズで夭折しています)なだけに、いろいろメタファーになっているのかなあと勘繰ってしまい、それはそれで楽しめました。

    渡辺多恵子「ファミリー!」の漫画にガムをずっと噛んでいる意地悪メイドと暮らしているおばあさんの話があったのを思い出しました。

  • 長旅に出ることがあれば、必ず携帯したい中の一冊。エイズ末期にありながらこんなに秀でた「滑稽小説」を綴ったエルヴェ・ギベールが私には大きすぎるから。

  • 偏屈な私に仕える一癖も二癖もある召使の話。
    ふと読み返したくなって読んでみた。
    なんかいろいろと私が誰かと被って読めて面白い。
    初読は高校生の頃かな。ふと古本屋さんで手にとって。
    そのときはただ淡々と読んでいたけれど、また何年かして確か大学生の頃。
    ふと読みたくなって読み返してみたことがあった気がする。
    何年か一度に読み返したくなるのかもしれないです。この本。

  • マンガ家の山田南平さんが、柱で紹介していた本その?
    ゲイの召使と、老人「私」の小説。
    この小説でモルヒネの存在を知りました。

    2人のかけあい漫才みたいな会話が面白いデス。

全6件中 1 - 6件を表示

エルヴェ・ギベールの作品

ツイートする
×