存在の耐えられない軽さ

制作 : 千野 栄一 
  • 集英社
3.77
  • (24)
  • (32)
  • (41)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 217
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087731774

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 個人的に、ずっと一定の暗い雰囲気を保っていて最後で地上から3センチくらい浮くような作品がすきなので、この作品の読後感はとても好物であった。
    主要登場人物のトマーシュ、テレザ、サビナ、フランツ以外の著者が語るような形式であるが、たまに物語とはなれたところにいる著者の意見などが挟まれているのが珍しくておもしろいと思った。

    結構前から読みたいと思っていたところ、某雑誌で某女優がおすすめしていて、彼女が自分は受験生だったから癖で気に入った箇所に線を引いていた、ようなことを言っていた。
    その話を知っていたからではないけれど、自分も気に入った文章をブックマークしてしまった。
    これは多分彼女が受験生だったからではなくて、この作品の持っている特性のような気もした。おかげで手帳が真っ黒。

  • 愛読書。読むたびにいろいろな新しい発見がある。ヒトについて、世界について。一見とっつきにくいけど、「うん、そういう感じわかるわかる〜」とうなずいてみたり、「はて、これは…」と考えさせられたり。そんなラブストーリー。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      文庫化された時に再読して以来、ご無沙汰。西永良成によるフランス語版からの翻訳を読もうと池澤夏樹個人編集世界文学全集を購入したが、何となく積読...
      文庫化された時に再読して以来、ご無沙汰。西永良成によるフランス語版からの翻訳を読もうと池澤夏樹個人編集世界文学全集を購入したが、何となく積読中(読みたい本が一杯有り過ぎて後回しに)、、、
      2014/02/26
  • 大変哲学的。普通の人の人生をここまで哲学的な思想に高めてしまっているのがすごい。どちらが悪かどちらが善か、軽さと重さ、幸福か不幸か。そんな二極化思考でどちらが正しいかなんて決めることはできない。自分の頭の中のモノサシ自体を疑ってみなければならない。そう感じた作品でした。

  • チェコを舞台に、左右の政治的動乱で揺れる中、男女の愛の在り方を、宗教、哲学的史観から描ききった格式高い小説。一人ひとりが愛の在り方に揺れるさまが愛しい。トマーシュ、テレザ、サビナ、フランツの愛に対する真摯さ。そしてカレーニンの愛くるしさ。愛のあり方を描く現代小説の名作。

  • 生きることは困難だ。
    人と関わるのは困難だ。
    誰かを愛するのは困難だ。

    でも生きたい。なぜなら生まれてきて、今ここに存在しているから。
    人と関わりたい。人間は一人きりで生きるようにはできていないから。
    誰かを愛したい。誰かに心からの愛を捧げて、受け入れられたい。愛を夢見ることもできなくなったら、とても生きてはいられない。どんなに短くても、心から愛し愛されたと信じられる時間があったら、人生の全てを美しく照らしてくれると知っているから。

  • 再読。愛は人に重さを与える。弱さは武器であった。裏切りはあるものにとっては自由と同義語であり、俗悪なものは違うものにとっては正義だった。ドイツの諺は物語全体を覆う呪いとなり、ベートーベンの音楽は男主人公トマーシュを縛る鎖になった。偶然、男と女の言葉の誤解、分かち合うことの出来ないもの。犬への愛。翻弄されるチェコの歴史。この物語を真に理解出来るようになるのはいつだろう。

  • 映画を先に観ました。
    本には映画に無い哲学感が満載です。
    良いです。

  • 恋愛ものが好きではない私にも読めた恋愛小説。
    軽いと重いどちらがより優れているかなんてない。

  • 存在は耐え難いほどに「軽く」
    しかし、このテーマは耐え難いほど「重い」
    恋愛を通じて描き出されるのは
    人間存在の質量であり、それは
    重力でもある。。とか思う。

  • この本が無かったら、確実に私の人生は今とは大きく違うものになっていた。
    深いことをサラっと書いちゃうのが、クンデラのすごいところかも。そして、翻訳された千野先生も素晴らしい。
    でも、自分自身が日に日にサビナに近付いている気が…。

著者プロフィール

1929年、チェコ生まれ。「プラハの春」以降、国内で発禁となり、75年フランスに亡命。主な著書に『冗談』『笑いと忘却の書』『不滅』他。

「2015年 『無意味の祝祭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

存在の耐えられない軽さのその他の作品

ミラン・クンデラの作品

ツイートする