ダイング・アニマル

制作 : 上岡 伸雄 
  • 集英社
3.05
  • (1)
  • (5)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 54
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087733969

作品紹介・あらすじ

60を過ぎた老批評家ケペシュに美しい乳房を持つ若い愛人ができた。美しい体への執着は、せまりくる老いと生への渇望を想起させ、初めての嫉妬にとらわれる。そして大きな喪失感に苛まれた別れから8年、ふたたび彼の前に現れたとき…。「死にゆく獣」としての男の生と性への執着を赤裸々に描くフィリップ・ロス円熟の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ペネロペ・クルス主演の映画『エレジー』の原作ともなった、アメリカを代表する作家フィリップ・ロスの作品。個人的には2013年のノーベル文学賞はロスがくるんじゃないかなぁ(きてほしいなぁ)と勝手に予想していましたが見事にはずれてしまいました。

    主人公は女性との性交を生きがいとし、年老いてなお快楽を求める大学教授。しかし、彼は芸術と見まがうほど美しい学生に恋をしてしまいます。豊かな教養を武器に学生を魅了することに成功しますが、老齢の彼はその女性をいつまでも自分の物とすることにできないことに苦しみはじめます…。

    いまではありふれた、老いらくの恋の物語…、というとちょっと違います。
    過激な性描写や社会批評めいた独白、容易にカタルシスを与えない展開…、この小説を読んでいて苦手意識をもつ方も多いと思います。
    しかし、主人公は正直に生きています。ロスは正直に生きる"自由"こそ尊ぶ価値のあるもので、自由を阻もうとするものすべて(社会、道徳、老い、恋ですら)と戦おうとしているように感じました。

    映画も完成度が高く面白かった(ペネロペ・クルスがきれいだった・・・)ですが、小説とはオチが正反対で比較しながら見てみるのも興味深いと思います。

    余談ですが、ブックカバーの表紙がすっぽんぽんの女性のおしりです。図書館で借りたとき、司書さんと微妙な空気を分かち合ったのを今でも覚えています。

    『見どころは表紙です!形のいい生尻です!』なんてレビューを書いてはいけません。

  • 老年学者の、若者にいれこむ性と老い。
    共感できず、初めてのロスだったけどあんまりでした。

    “死を背負う獣性”という意味の題名はイエイツの詩句から。

    よく見ると表紙が魅惑的な女性の尻で、それに気づいたのがスターバックスで読んでいる間の小休止でした。

  • 62歳の大学講師・評論家と、24歳の女性の恋愛。
    70歳を越えて再開したときには、彼女は乳癌に。
    本当に恋愛に歳は関係ないのか。なってみなけりゃわからないが。

  • あんまり好きな感じではなかったです、初フィリップ・ロス。選んだ作品間違えたのかな。まぁ、こういう世界文学的なのは長い目で見て、評価しないとダメかと。そもそも読んでるこちら側にいろんな素養がない場合が多いので。(10/7/13)

  • 浮気する男性の心理がリアル過ぎて腹立つ~!

  • 読みたい。『本から引き出された本』より。

  • 2009010

  • 2009/02/12

  • 短編なので一気読み。初老の男性の性を赤裸々に書いてるのに、嫌悪感をまったく抱かせません。短編でココまでの技量を発揮できる作者はあっぱれ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

フィリップ・ロス(Philip Roth)
1933年3月19日 - 2018年5月22日
ニュージャージー州ニューアーク生まれ、アメリカの小説家。ユダヤ人移民の子として生まれる。アイデンティティや、性的志向、世間的慣習をテーマにした作品から、アメリカの社会や歴史を再構築した作品まで、様々な作品を記した。
1959年にユダヤ系移民を描いた『さようならコロンバス』でデビューし、この作品で翌年に全米図書賞を受賞。注目を浴びる。以後、全米図書賞を累計で2度、全米批評家協会賞を2度、ペン/フォークナー賞を3度獲得。世界的にも高い評価を受けてきた。

フィリップ・ロスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イアン・マキュー...
コーマック・マッ...
村上 春樹
フランツ・カフカ
ポール オースタ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする