飢餓の娘

著者 : 虹影
制作 : 虹 影  関根 謙 
  • 集英社 (2004年9月発売)
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087734195

作品紹介・あらすじ

少女「六六(リュウリュウ)」には出生の謎があった。大飢饉の直後に生まれ、凄惨なスラム街に育ち、あたかも生まれながらの飢餓の魂をかかえた娘だった。18歳の誕生日が間近かに迫った1980年から物語が始まる。彼女の家は重慶のスラム街にあり、狭い部屋に父母と6人の姉妹兄弟がひしめき合って暮らしていた。末っ子の「六六」は、しばしば余計者、邪魔者として邪険に扱われてきた。家族が住む凄惨なスラム街の様子、作者自身の生身の痛切な体験-影のようにつきまとう男の気配、自らの出生の秘密、恋。人間としとての尊厳を求めてこの町から絶対に抜け出す決意をしたときに運命的に出会う「詩」と才能の目覚め…。飢餓の魂は救われるのか?深い感動とともに読者の魂も癒されていく。

飢餓の娘の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ワイルドスワンでスルーしてきた文革に直面。
    字面では、良いことのように感じる文革の実態におののく。 殺伐としているが、どこか飄々として、ラストに向けて軽やかに駆け抜ける。 中国文学に共通する、読後感。人民のしたたかな強さ。

  • 図書館。
    1997年台湾出版、2000年中国出版、2004年日本出版。
    1960年代、1970年代の中国。飢饉、スラム、文化大革命、国民党と共産党など

  • 貧民街で育った娘が自分自身を見つけ出す。
    よくある話?でも、この女性にしか語れない何かに強くひきつけられました。
    素晴らしい文章です。

全3件中 1 - 3件を表示

虹影の作品

飢餓の娘はこんな本です

ツイートする