離れ部屋

著者 :
  • 集英社
4.11
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087734249

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10年くらい前に読んだ本。 文章が独特すぎて最初は読みにくいけど、内容がおもしろい。韓国ってこんなだったんだ!と驚いたのを覚えている。これ読んでるから、キム・ジオンは響かなかったのかな。

  • とにかく重い。
    読み進めるのに、2~3ヶ月かかりました。
    「漢江の奇跡」時代を描いた作品。実話のようです。

    いかに60年代の韓国労働者が悲惨であったか、そんな「漢江の奇跡」ですら、国の都合が悪くなれば教科書から消す韓国政府に反吐が出てしまう。

    韓国国民の苦労と努力に支えられて今があることを、韓国政府はよく知ったら良い…と思うけれど、無理なんだろうな。

    この作品を読むきっかけは、よく行った「九老デジタル団地」の近くでの実話だったからです。
    あの土地が工業団地だったとあまり深く考えずに行っていました。

    いろんな意味で、いつまでも記憶に残る作品です。

  • ちょっと読みづらかったけど、なんとか読めました。
    日本なら、16歳はまだこどもだけど、この小説では、過酷な労働条件で働いている。
    その格差がなんとも言えないです

全3件中 1 - 3件を表示

申京淑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
村上 春樹
三浦 しをん
ジュンパ ラヒリ
村田 沙耶香
ヴィクトール・E...
村上 春樹
パク ミンギュ
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×