新訳 チェーホフ短篇集

制作 : 沼野 充義 
  • 集英社
4.16
  • (30)
  • (22)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 332
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087734706

作品紹介・あらすじ

人生って素晴らしい!-珠玉の短篇13と、エッセイとして楽しめる充実した解説を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読んだことはなく、名前を聞いたことがあるだけのチェーホフ。

    三谷幸喜さんの演出する舞台「桜の園」について、
    三谷さんがお話されていたのをテレビで見たのが、
    チェーホフを読んでみたいと思ったきっかけです。

    図書館に「桜の園」がなかったので、こちらの短篇集を読んでみました。
    表紙がかわいい。
    初めてのチェーホフです。

    「いたずら」のラストは、雑誌版と改訂版の二通りがありおもしろいです。
    改訂版も良いのですが、
    雑誌版のほうがかわいい感じがして好きでした。

    沼野充義さんの解説があり、とても読みやすかったです。
    他の作品も読んでみたくなりました。

  • 大学のゼミでこの本からとった「いたずら」の一編を読んだ時からすごく気になっていた。そして思ったとおりはまった。
    訳者による気合いのはいった解説(もはや「ロシア文学講義」である)が短編ごとに挿入されるのは、ちょっと野暮ったくはある。けどそのおかげで童話「おおきなかぶ」の謎の「一本足」くん(とても笑える)にも出会えたし、リルケの「トスカ」という言葉をめぐる切実な手紙も素敵だし、なによりチェーホフの逸話はどれも面白いので良しとする。

    なかでも自分的に大ヒットは「牡蠣」だ。絶賛。大拍手。
    解説にもあるけれど、ピュアな想像力を前に「わ!うれしい!」となっちゃうこと請け合いなのだ。
    あと女の人にまつわる話はぜんぶいい。

    チェーホフの特徴としてあげられている、
    ・呼びかけが届かない
    ・子供の話がとにかく残酷
    の2点が気になる。

    とりわけ「ワーニカ」における呼びかけの断絶は圧倒的だ。
    子供がじいちゃんにはじめて手紙を出すが、そもそも宛名がきちんと書かれていない……という滑稽な話のなかに人間関係の根源的といってもいいような不条理を感じてしまう。それがなにしろ「生きるか死ぬか」がかかっている重大なメッセージなのにもかかわらず。
    「ねむい」では子守の娘と泣きじゃくる赤ん坊……もちろん赤ん坊に「言葉」というメッセージを送るわけにはいかない。そう考えるとやはり、あの結末しか考えられない?

    「言葉」が届かない状況で小説に何ができるか…というのはすごく今日性のある話というか、いや、小説が小説である限りつきまとうのかな…とか。

    短編は普段あまり読まないけれど、「短編すごい!」と思える本だった。
    長篇に劣るものとしての短編ではなく、この短さでしか伝えられないものがあるのだと思い知った。

  • ロシア文学って“誤解を受けやすい”と思う。その思潮や言動が必ずしも日本人が美徳と考えているものと一致せず、この本は特に、他の露人文豪の作品を並べて見ても、日本人からすると不可解なものが多いように思える。
    したがって、自分の感性に合う・合わないだけでこの作品群を評価してしまうのは早合点であり、もっと人間本来の真性に照らして“深く”読むべき。

    そうなると分量としては少ないこの短編集の作品を読み終えるのは私にとって意外と時間がかかった。有り体に言うと「この作品、何が言いたいの?」と感じて終わる作品もいくつかあり、1つ読み終えました、ハイ次、とは中々ならず、熟考のためしばらく本を置くというのも1回や2回ではなかった。
    そうなったらどうすればいいだろう?そのためのテキストを翻訳者の沼野さんはちゃんと考えて、各作品には「講義ノート」とでも言うべき解説文を付けてくれている。

    沼野さんの解説で特に私が興味を引いたのは「せつない」に付けられた『ロシアの「トスカ」』について。
    その前に「せつない」の筋に簡単に触れると-
    辻ぞり(冬のロシアのいわば“タクシー”)の老御者イオーナは客待ち中に雪が体に積もるのも気にしない。そしてごくたまに来る客を乗せても、心ここにあらずといった様子。しかしイオーナはふと客の方を振り返り、唇を動かして何か言おうとしてるのか?そうとも見える。しかし言葉は出て来ない。そんなこんなで誰かに何かを話そうとするがいっこうに成就しない。それは聞いてもらえないというのもあるが、それよりも、イオーナは話したいのだけど、話すための何かが揃わないと話が喉でつかえてしまい、そのまま飲み込んでしまう、そんな感じ。実は彼は息子を不慮の病気で失ってしまっていた…(これはほんの導入部なので筋の全開はしてません。安心してください。)

    沼野さんはトスカについて、ロシア語以外の言語への翻訳が困難な独自の語彙を持つと書いている。そして詩人リルケが、自分の中にある最も言い表したい感情がロシア語で言うトスカであり、母語のドイツ語ではその感情のあやが言い表せないと煩悶する様が詳細に引用されている。
    つまりトスカとは「ペーソス」ではなく、また「心痛」や「憂鬱」も一面しか表していない。
    私が「せつない」を読んで、沼野さんの説明も読んで感じた「トスカ」とは、本来の精神状態では真円の状態であるものが、言葉では言い表せない何か“欠けるもの”が(ごく一部でも)存在し、そのために他人からは真円、つまり普通に見える感情が真円たりえないために心の内部の整合性が取れず、精神的バランスを崩してしまうものと解釈してみた。
    そうなると、一般的にはイオーナは誰にでも息子の死を話すことで同情をしてもらえることになるのだが、心に欠けたものがあるために、心が同情を本能的に拒絶し、そのため口から言葉が出なくなるということになる。
    それは、他人からすると「同情得られたら楽になるよ」というつもりかもしれないが、イオーナからしたらわかってるかのような態度を取ってほしくない、大切なものを安っぽい言葉で汚してほしくないという感情に結び付き、これは日本でも震災での被災者が安直に「ケアしましょう」と言われるのをものすごく不快に思うのと同じ感情で、人間の共通する心理として理解できる。
    ただ、日本語ではそういう感情を的確に言う単語がないが、ロシア語だとそれは「トスカ」になるということだと理解した。

    そうなると沼野さんは解説で『「せつない」は元々日本では「ふさぎの虫」と翻訳されていて原題のニュアンスがこれでは伝わらない』と書いてはいるが、私の『「トスカ」=心の中が何か理由不明で欠けている』説に立つと、「ふさぎの虫」(=気分がふさぐことを虫のせいであるとしていう語(大辞林))という邦題も言い得て妙、と言える。

    以上のようにロシア文学の意義を正確に移すのがいかに難しいか!それを沼野さんは「キモい」「なごみ系のルックス」「ナンパ」という言葉すら翻訳で用いて、チェーホフの生きた息吹そのままをわたしたちの現代感覚で読めるように配慮している。
    異論や批判もあるだろうが(私も正直少し違和感はある)、トータルでは私はこれもアリだと思う。この翻訳が合うか合わないかは時代が証明してくれるから、今結論は出さずに数年後に見てみればよい。ダメならば数年後には先人の訳が残りこの訳は淘汰されることになる。

  • 訳者の表現が偏りすぎな部分もあるが(とくに他のロシア文学も読んだことのある自分はナッちゃんで興ざめ)、作品ごとに解説があり、全体的に講義をうけているような雰囲気で、自分のようなチェーホフ初心者にはありがたい一冊だった。
    解説は、近くて遠い国ロシアのわかりづらい文化などにも及んでいて、これをきっかけにロシア文化を知ってみようと思った。

    もったいない。
    いままでの人生でチェーホフを知らなかったなんて。
    急に詩的な羅列が入る部分など秀逸で、その言葉の選び方のセンスまで憎たらしいほど素敵である。
    訳者がチェーホフを「七分の死に至る絶望と三分のユートピア希求の夢」というふうに表現しているのだが、この分配がぴったりくる人にはたまらなくだいすきになってしまう作家だと思う。

  • 2011年1月17日読み始め 2011年1月18日読了。
    まさに選りすぐりの短篇集。収録されている短編はどれもこれも面白かったです!チェーホフの短篇集としても十分に面白い上に、訳者の解説が1篇1篇についてるご丁寧さ。一粒で二度美味しいです。
    なんの解説もなくても面白いのですが、当時のチェーホフの心情や状態、ロシアという国の背景なども説明してくれてるので、作品をより深く楽しむことができます。
    チェーホフを一度も読んだことのない人にとっては、最高の入門書になるのではないでしょうか?新訳なので、かつて読んだ方にももちろんおすすめ。
    訳者の沼野さんには第二弾をお願いしたいです!

  • 好き、とかそういう言葉じゃない感じで、
    私の中に残るんです、チェーホフ。
    ロシア語に「トスカ」というのがあるのだとかで、
    それは哀愁とか切ないとか、
    日本語にはなかなか置き換えづらいものだそうで、
    私はその「トスカ」というやつをいつも自分なりに感じていて、
    チェーホフを読むとその「トスカ」をしんしんと感じます。

    胸に深く残ったのは、
    「いたずら」「ワーニカ」「ねむい」
    でした。
    特に、「いたずら」は、
    もう私の中で忘れられない短篇になりました。

  • 初めてのチェーホフだったけど、沼野さんの細かな解説がありがたく、とても楽しく読めた。

    チェーホフに限らず、ロシア文学には小さく、弱く、愚かな人によりそう優しさがあり、そのへんが好きな理由かなと思った。

    ドストエフスキーとかと比べると登場人物がとても素直で、本心を語っている感じがよくわかる。(ドスト氏の登場人物は喋ってる内容が本心なのか嘘なのか判別しづらいと思う)

  • これすごい、一冊の本として情報量もまとめ方にも専門家ならではの手腕を感じる。こんなものが手軽に読めてしまうのはお得である!何気に初チェーホフ、面白い!!!短編面白い!!!もっともっと読みたいしカーヴァーと比べたりしたい。

  • チェーホフ初読。
    思想を押し付けない。説明をしない。ただ語る。と言う印象。文学としての純粋性というか専門性が高いと思った。

  • 『かわいい』…すなわち自分は「かわいくない女」だと思った私は、まさしくかわいくない。こうなりたいとも思わないけど。
    『ジーノチカ』…憎まれることに快感を得る性癖?好きな子をいじめちゃうのとはまた違うんですかね。
    『いたずら』…どちらの結末にせよ、このいたずらはちょっと気持ち悪いな。
    『中二階のある家』…この短篇集の中では一番好き。姉妹の好対照な性格がはっきりしていて面白い。リーダは「かわいくない女」、ミシュスは「かわいい女」。しかし手厳しい姉がそばにいなければミシュスはただの大人しいお嬢ちゃんに過ぎず、おそらく画家の気は引かなかっただろう。
    『ロスチャイルドのバイオリン』…

全38件中 1 - 10件を表示

新訳 チェーホフ短篇集のその他の作品

新訳 チェーホフ短篇集 (集英社文芸単行本) Kindle版 新訳 チェーホフ短篇集 (集英社文芸単行本) アントン・チェーホフ

アントン・チェーホフの作品

新訳 チェーホフ短篇集を本棚に登録しているひと

ツイートする