分身

著者 :
  • 集英社
3.35
  • (15)
  • (54)
  • (130)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 440
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087740318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらも20年数年ぶりの再読。
    やはり昔ほどの感動はなくちょっと残念。

  • こんなことが現実に起こりうるのか?現代の技術からすれば可能なのかもしれない?と考えながら。
    できれば知りたくなかったであろう真実に少しずつ近付いていくふたり、読んでいて切なくなる。やはり東野さんの作品は読み出したら止まらない。

    【内容紹介】
    私にそっくりな人がもう一人いる。あなたにそっくりな人がもう一人。札幌で育った女子大生と、東京で育った女子大生。宿命の二人を祝福するのは誰か。追跡と逃走の遥かな旅が始まるサスペンス。 

  • 2人には幸せになって欲しいなって思う終わり方だった。


    私にそっくりな人がもう一人いる。あたしにそっくりな人が、もうひとり。札幌で育った女子大生・氏家鞠子。東京で育った女子大生・小林双葉。宿命の二人を祝福するのは、誰か。

  • クローン技術、倫理、親子愛、人情、マッドサイエンティストなどなど。

    昔叶わなかった片想いの女性のクローンが自分の娘になると思うと、、、その気持ち分からんでもない。

    「あー、こんな時人はこんな気持ちになるんかなー」って感じで面白かった。

  • 2人の、いや3人のまったく同じ顔の女性が可哀想だった。

    政治にそういうものを利用するのは、時代がいくら変わろうと、文明がいくら発達しようと変わらないのだな、と思った。

  • 分身ってこうきたかっ!という感じです。

  • 札幌の大学に通う、氏家鞠子18歳。東京の大学に通う、小林双葉20歳。
    「鞠子の章」と「双葉の章」が交互に描かれながら、物語は進む。
    二人の背後に迫る影。二人を結ぶ糸とは、一体何なのか?
    二人はそれぞれに隠された過去を追う。
    そんな二人に手を伸ばす、医師とは名ばかりの人間たちに、怒りが募る。
    二人はそれぞれの人生を生きてきた。それはこれからも変わらない。

  • 最後の最後に、鞠子と双葉が出会う。
    この先、彼女達には幸せに暮らしていってもらいたいと願うように、終わる。。。

    自分とまったく瓜二つの人がいたらどういう心境になるのだろうか。

    東野さんの作品は止める事が出来なくなるくらいに面白い。

  • 突拍子もないがそこはかとなく身近な話題を描くこの人らしい作品で,今回も医学的な話題が提供されておりとても惹かれる作品だった.ただ,これもこの人の作品の特徴であるが,結末が中途半端で,もうちょっと先のところまで描いてほしかった.

  • クローン人間の研究と実験から誕生した鞠子と双葉。北海道と東京、生まれも育った環境も全く違う二人がどうやって出逢うことになったか。それぞれの母娘の関係が切ない。

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

分身のその他の作品

分身 (集英社文庫) 文庫 分身 (集英社文庫) 東野圭吾

東野圭吾の作品

分身を本棚に登録しているひと

ツイートする