裸足と貝殻

著者 :
  • 集英社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087743944

作品紹介・あらすじ

青空のような未来はあるのか?敗戦、そして中国からの引き揚げ。あの夏を過ぎ、崩壊した価値と秩序の中で始まる、少年の新しい生。終戦直後の青春を描く自伝的長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三木卓の自伝小説。
    敗戦とともに満州から引き揚げてきた一家の末っ子を主人公に書かれている。
    当時を生きた人なら、懐かしいだろう流行りの歌、文学、出来事。
    しかし当時を知らなくても戦後の一般庶民の暮らしや三木卓という作家がどのようにして出来上がったのか知るのは面白かった。
    小児麻痺の後遺症で片足が不自由で気後れしがちな主人公だけでなく、夫を亡くし、女手一つで息子たちと父を養った母、母を助けるため頭はいいのに学業に専念できない兄、捨てた子に養われる屈辱に耐える祖父、学友、教師、それぞれの人物をきちんと描いている。
    若い人にも読んでもらいたい、まっとうな文学だと思う。
    こういうのをいまどきの中高生も読めばいいのにな・・・。

  •  物語の始まりと終わりが、ものすごくいい。
     目の前に広がる風景、出会うであろう人々、そこへと進み続けるであろう主人公の姿。そこに心が触れることで、無限に大海原に波が広がっていくように、物語は繋がっていく。始まりも終わりも無いように。

     終戦後間もなく、大陸から日本へと引き揚げてきた少年。思春期というには幼く、幼年期というには分別がついている世代。自分なりの価値観に拘りながら、劣等感にさいなまれながら、激動の時代を生きて行く、ひとつひとつの振る舞いが瑞々しい。端正な史実の描写とともに、読む者の心に少年期の人生が眩しく感じられた。
     読み終わったあと、ふと自分の少年期を振り返り、今へと続いて生きた道程を、主人公の未来に重ねてみて、力をもらった気分になる。そんな小説。
     

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1935年、東京生れ。早稲田大学卒業。芥川賞、平林たい子賞、芸術選奨文部大臣賞、谷崎賞、読売文学賞、2006年「北原白秋」で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞を受賞。07年、日本芸術院賞恩賜賞受賞。

「2016年 『私の方丈記 【現代語訳付】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

裸足と貝殻のその他の作品

三木卓の作品

裸足と貝殻を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする