よもつひらさか

著者 :
  • 集英社
3.67
  • (17)
  • (38)
  • (32)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 160
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087744064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集。

    長編でも面白かっただろうなぁって内容ばかりでした。

  • みんなのレビューを見て図書館で借りた、面白かった!

    この面白さ、裏切らないなぁと思った。
    ちょっと不気味な短編集。どれも最後にははっとさせられた。

  • 短編集。
    いくつか読み進めるうちに結末がよめるようになってくる。
    ホラーとして手に取ったけど、どちらかというと「世にも奇妙な物語」といった読後感。
    表題の「よもつひらさか」が趣があって良い。「家に着くまで」も好き。

  • どの話も怖くて良かったけど「双頭の影」だけは読みにくくて苦痛だった。この作者にしては珍しいな、と思いました。

    「穴二つ」が特によかった。パソコン通信の世代ではないけど、なぜか懐かしさも感じてしまう。

  • なんかくせになる感じの後味悪さだった。なので短編なんだけど、どんどん読みすすめてしまった。純粋に面白かった。またこの人の本を読もうと思う。そしてこの方、都留文科大学出身なんですね。ますます好きになりました。

  • どの話も楽しかった。
    長さもちょうどいいので、スラスラ読める。
    ほとんどの話のオチは予測通りだった。

  • 昔よく読んでた作家。久々に読見返した短編集は90年代の話だから出てくるものが古い。ただ、それはそれで味わいがある感じで面白かった。

  • 2015.7.30

    世にも奇妙な物語の短編集。

    ヒューマンホラーってやつかしら?

    面白かったよ

  • 図書館にて読了。
    文章は難しくなく、読みやすい。読んでいるうちに結末は想像できるけれど、それでも面白かった。内容・設定云々よりも、小説の終わらせ方が好き。
    幽霊的なものは殆どなく、ミステリー的な要素や奇妙な話という印象の方が強いかもしれない。
    好きだった話は「ささやく鏡」「時を重ねて」「双頭の影」「よもつひらさか」

全32件中 1 - 10件を表示

よもつひらさかのその他の作品

今邑彩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする