ネバーランド

著者 :
  • 集英社
3.55
  • (114)
  • (193)
  • (383)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 1181
レビュー : 206
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087744637

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔、ドラマになった時に初めて買った恩田作品です。たまにふと読み返したくなる一冊。

  • まず、この絵が読む気を削がれます、フィーフィーかよと思いましたがどうも本書に登場する高校生を表現しているようでびっくりしました。
    ただし、この表紙は宇野亜喜良の書下ろしらしいです。そりゃあダメ出しなんてできないですよね。恩田さんのラブコールのようなので猶更でしょう。

    さて、内容的には青春群像劇年末バージョンという趣きで、年末実家に帰らず寮に残った3人+1人の男子高校生の4日間です。事件らしい事件は起こりませんが、不穏な空気がずっと立ち込めていて、幻想的な雰囲気も感じられます。
    美少年好きの女性らしく、端々にBL的な要素も垣間見えるのですが、ほんとこの表紙がイメージの邪魔をします。本を閉じる度にこの絵が目に入るので、是非カバーをして読んで頂きたいです。

  • ちょっと昔の高校生のお話。冬休みに寮に残って、友達とお酒を飲んだりタバコを吸ったり、、今もこんなことあるのかな?

    4人の高校生の個性を把握するのに、なかなか時間がかかった。個性的な家庭環境。寮の冬休み、残った友達と過ごすうちにどんどん親密になっていく。そういえば高校時代って、親や家族以上に大切な関係を築いていく時期なんだっけなぁ。

    自分の息子にもきっとこんな風に、親と過ごすことよりも大事な時期が来るのだなぁ、息子にもこうやって何でも本音で話し合える友達が出来たらいいなぁ、と、ちょっと違う視点で読んだ。

  • 読んで良かった。読書にはまって2年目は恩田陸さんをたくさん読むぞーと思っているのですが、これは何度でも読みたくなるかもしれません。高校生の男4人の友情物語。皆がそれぞれ問題を抱えていて、しかもそれがとんでもなくヘビーで、胸が痛くなったし、一緒に泣きたくなりました。言葉を尽くす訳でもない、喧嘩もしつつ悪ふざけもしつつ、確実にお互いを救い、友情を深めていく様子は涙なくしては読めませんでした。きっとずっと続く友情が育まれたのでしょう。この冬休みの間に。おぞましい記述もあるのに清々しい読後でした。

  • そのタイトルにひかれて手に取ったものの表紙が気に入らなくて(失礼な)…。
    けれど、1回読みはじめたらすごく面白かったです。
    とある男子進学校で冬休みに寮に居残った男の子たち4人のお話。
    みんながみんなそれぞれ複雑な事情を抱えていて(だから里帰りしないわけで)、
    毎日一緒に暮らす中でお互いに自分のことを告白し、友情をふかめていく、てな感じ。
    あたしは幸せな環境で育ってきたから彼らの気持ちを上手に理解できないけれど
    お話の中で彼らが友情を深めていくのを読んでいると「友達っていいなあ」と思いました。

  • 青春はきれいで輝かしいものとは限らない。

    深泥のような感情の澱が音もなく積もっていく。

    彼らの青春は、秘密の告白であるからこそ明かされ

    それが暗鬱で思い返すに耐えなくても

    彼らが今あるのは、それゆえ。

  • あとがきで『トーマの心臓』が出て来るけど、たしかにそんな感じは有る。

    全編通して不穏な感じがあって、僕としては眉村卓とかのジュヴナイル小説っぽいとも思った。考えてみれば、恩田陸はデビュー作の『六番目の小夜子』からして、そういう作品だった。

    ただ、そういうベースが見え隠れしつつも、これは青春小説として面白く読めた。

  • 読み終えてタイトルが秀逸と感じた。
    表紙絵と内容のギャップは埋められなかったけど。

  • 高校の寮に残ったそれぞれの家庭事情を負った少年たち。
    背負っているものから一時自由である寮生活を“ネバーランド”と題したのが巧い。
    しかし寮監も教師もなく、酒盛りし放題って・・・(笑)
    少年を完全に脱してしまっている表紙絵も・・・

  • 寮に残った男の子たちの冬の間の出来事。
    それぞれに抱えた葛藤がうまく書かれていた。

全206件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

恩田陸の作品

ネバーランドに関連する談話室の質問

ネバーランドを本棚に登録しているひと

ツイートする