松浦弥太郎の新しいお金術

著者 :
  • 集英社
3.70
  • (33)
  • (74)
  • (52)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 545
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087754049

作品紹介・あらすじ

お金は友だち。子どもから大人まで、今こそ大切にしたい、"本当のお金持ち"になる方法。『暮しの手帖』編集長の人生を変える新・マネー術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金は友達。そして、お金が喜ぶ使い方をしよう。

    みんな、どうも話題にしにくいお金の話。
    それをこんなにも優しい目線で、そして率直に綴るこの本。

    生活して行く毎に凝り固まっていく、お金への思想、日常の考え方。
    そんな凝りをほぐして、考え方をいい意味でリセットしてくれる。

    定期的に読んで、自分の気持ちを考えを定期点検したくなる。
    そんな本。

  • 勤ちゃんと務くんの考え方は好き。私もお金さんと仲良くなりたい。自分の生活を振り返って、まだまだ改善の余地あり。もっと工夫で仲良くなれるはず。シンプルライフとも繋がっている世界観。哲学があれば安心、このフレーズは心に残った。自分の哲学って何か、自分は何に貢献できるのか、どんな生活がしたいのか、全ては繋がっている。正直、親切、笑顔、今日もていねいに。、のような自分の哲学をはっきり人に伝えられるくらい明確にしたい。

  • 「お金さんと呼びましょう」という文章に最初は抵抗がありましたが、読んでいるうちに平気に。かえって、お金を大事に扱うと暮らし方も丁寧になるよなあ、と筆者の考えに共感できる部分が多くなっていきました。特に参考になったのは娘さんにお小遣いをあげる部分でのお話です。子どもにどのようにお金の使い方を教えるか。なるほどなぁ、と思いました。最近の松浦弥太郎さんの本の中で一番好きかも。

  • 「お金さん」との付き合い方。
    お金さんは友達。

    お説教じみてなくてすっと入ってくる文章。
    「金持ちは長財布を持つ」とか「金色の財布が金運を呼ぶ」とかバカバカしく思えてくる

    必要なもの「消費」、欲しいもの「浪費」
    与えるもの「投資」の3つに分かれるというのは説得力がある

    「お金持ち」になりたいのではなく、「お金さんとお友達になりたかったのだ」

    お金さんは私物化してはいけない 納得。

  • 最近はまっている松浦弥太郎さんの本。
    以下心に残ったところ。
    ・「さて、こんな使い方をして、お金さんは喜んでくれるだろうか?」
    ・年代にふさわしいお金プランを
    ・自分でできるお返しはきちんとする
    ・弱者になるな cf.敗者

  • 経済の本でも財テクの本でもなく、どうお金と向き合っていくべきかということが書かれた本。具体的なテクニックというより、お金と付き合う際の精神性について書かれてあるので、お金術というタイトルで何か具体的な術を期待していた人にとっては、相性が悪い。
    お金について書かれたエッセイという軽い感じで読むのがオススメ。お金持ちの人の言葉や考えが紹介されているので、自分の考えにも取り入れてみようという気になる。
    お金を私物化してはならないという言葉には、はっとさせられた。また、まずは自分から差し出すという記述にも、反省させられる。

  • タイトルからもっと実用的・具体的なことが書いてあるのかと思って読んでみると、驚く内容。

    確かに、お金ってどうしても汚いものだと思っていた気がする。
    「お金さん」が喜ぶような使い方をしているだろうか、常に振り返りながら、生きていきたい。

  • お金さんとの良き関係について。
    他のためにお金さんを使う。とか、
    お金に関する考え方を変えてくれた。

  • お金さんと友達になり、友達が悲しまない使い方をする。
    私は自分株式会社を経営する農婦であるということを忘れずに。

全72件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エッセイスト。元『暮らしの手帳』編集長。

「2018年 『ご機嫌な習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦弥太郎の新しいお金術のその他の作品

松浦弥太郎の作品

松浦弥太郎の新しいお金術を本棚に登録しているひと

ツイートする