こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説

制作 : 西上 心太  日本推理作家協会  秋本 治 
  • 集英社
3.33
  • (27)
  • (93)
  • (187)
  • (20)
  • (8)
本棚登録 : 669
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087804669

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こうゆうコラボ小説おもしろい。
    今野敏のコラボが読みたくて買ったのだが、
    以前よんだ、鮫島の貌にでてたコラボものっていた。
    おなじ「こちかめ」なのだが、作者によって、
    まったくちがう味がでてておもしろい。
    やっぱ、作風ってあるようで、内容は「こち亀」なのだけど、
    その作者の有名な小説が頭にうかんでくる。
    おもしろいなー

  • 全部は読んでません。好きな作家の所だけ読みました。自分の知ってる両さんイメージとかけ離れた描き方をされてる方もいて、自分はあまり楽しめなかったです。

  • 7人のミステリ作家によるこち亀のノベライズ。一番原作の雰囲気が出てたのは東野さんだと思う。京極さんがこち亀マニアだったのは驚きました。

  • 割と好きな作家さんがたくさん書いていて、これはこれでいいんでしょうけど…どれも、イメージする両さんに近いものはないように感じたので(麗子の両津の呼び方から両津の制服以外の恰好まで…)、作家さんが好きで読むのはいいけど、こち亀リスペクト目線から読むと不満が残ります。。。

  • 長寿連載マンガの「こち亀」と日本推理作家協会に所属する人気作家がコラボした短編小説集。
    それぞれの作家のキャラクター(大沢在昌の「新宿鮫」の鮫島や、石田衣良の「IWGPシリーズ」のマコトなど)とこち亀のキャラクターがうまくコラボしていて、こち亀の世界観を損なわずプラスアルファとなっていてよかった。

  • こち亀のキャラと有名ミステリー作家のコラボ。大沢在昌、石田衣良、今野敏、京極夏彦、東野圭吾といった期待を掻き立てるメンツが両津や中川、麗子が登場するショートストーリーを展開。
    大沢先生の話では鮫島が出てきたりして、嬉しい限りで脳内ミックスがはじけますね。
    両津という稀有な存在をいろんな角度から描いていて、両津を軸にして作家の色がとても読み応えがある作品でした。
    愛されてるなぁ、両津。時々入る挿絵が秋元先生のものでなおさらおもしろいや。

  • われらが両津勘吉への、

    瞠目のトリビュート・アンソロジー!!


    きまぐれ図書館のレビューはコチラ
    http://ameblo.jp/kimagure-library/entry-11418285887.html

  • (収録作品)幼な馴染み(大沢在昌)/池袋ー亀有エクスプレス(石田衣良)/キング・タイガー(今野敏)/一杯の賭け蕎麦―花咲慎一郎、両津勘吉に遭遇す(柴田よしき)/ぬらりひょんの褌(京極夏彦)/決闘、二対三!の巻(逢坂剛)/目指せ乱歩賞!(東野圭吾)

  • 両さんと、名物シリーズの名物主人公とのからみはまあまあ面白かったが、消化不良な感じは否めなかった。期待していたがちょっとがっかり。

  • 請求番号:913.68/Osa 
    資料ID:50044415
    配架場所:図書館3階東館

    【感想文 by F.K】
    東野圭吾や石田衣良といった七人の作家が描く「こち亀」の短編集で、非常に読みごたえのある作品でした。「こち亀」の世界観を壊すことなく作家さんの持ち味が出ていたので、世代や好みを問わず誰でも読みやすく親しみやすいと思います。しかし、筆者は違っても、言動はムチャクチャで誰からも愛される「両さん」は健在でした(笑)。

全147件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説のその他の作品

東野圭吾の作品

ツイートする