こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説

制作 : 西上 心太  日本推理作家協会  秋本 治 
  • 集英社
3.33
  • (27)
  • (93)
  • (187)
  • (20)
  • (8)
本棚登録 : 669
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087804669

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マンガと小説の人物競演

  • オリジナル小説とは違った楽しみ。
    作家さんの持ちキャラと共演の場合、軽い作風だと両さんのキャラに負けてしまうようで、全く作風が違う方が面白かった。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14549672.html

  • 小さい頃から少年ジャンプで親しんできた
    こち亀、これを小説で読めるなんてすばらしい
    ただそれぞれもう少し長編で読みたかった
    マンガもさほど長いお話はないのだが
    どうしても小説はある程度の長さがあるものと
    期待してしまう
    最後のページにくると、あ、終わりか・・・と

  •  私は、両さんのほうを見られず背を向けたままだった。きっとぼろくそに言われるに違いない。
     両さんの声が続いた。
    「35分の1スケールだな。素組みだけど、丁寧に作ってあるな。ウェザリングも良い感じだ。作り手の情熱を感じるね」
     その言葉が信じられなかった。
     神にも近い両さんが、ほめてくれたのだ。その一言ですべてが報われた気がした。
     何だか、じんわりと涙が滲んできそうだった。
    (P.99)今野敏/キング・タイガー

  • 大沢在昌,石田衣良,今野敏,柴田よしき,京極夏彦,逢坂剛,東野圭吾の7人が,「こち亀」の両津勘吉を登場させる短編集。
    もともと両津のキャラクター自体がマンガならではの強烈さがあり,しかも話によって多少変化することもあり,「両津ってそんなだっけ?」という違和感を感じるところもあるが,それでも楽しい。

  • 全部は読んでません。好きな作家の所だけ読みました。自分の知ってる両さんイメージとかけ離れた描き方をされてる方もいて、自分はあまり楽しめなかったです。

  • 両さんと、名物シリーズの名物主人公とのからみはまあまあ面白かったが、消化不良な感じは否めなかった。期待していたがちょっとがっかり。

  • 漫画亀有派出所の背景、登場人物を題材に、有名どころの小説家がそれぞれに話を書いています。
    亀有ファンの一つの楽しみかたかな。

  • まあ、くだらないといえばくだらない。

    でも、両さんの良さをしっかり掴んでそれを読者に伝える文才は素晴らしい。

    何せわたしはこち亀を読んだことないのだから。


    今流行りの有名作家が描くこち亀の世界。

    交わるはずのない別世界の人間が共演してたり、妙に豪華。

    京極さんに至っては妖怪ぬらりひょんに絡ませてくるし(笑)

    個性ある作品集なのにどこか共通した趣がある。

    相変わらず騒がしい問題児両津勘吉だが(実際のところ聞いた話でしかないので正誤性には欠けるが)

    人情味と奥深ーいところ、海底2万マイルぐらいに至ってやっと見つけられる正義感を併せ持っているので

    まあ、よしとしよう(笑)


    とまあ、こんな感じでok?

    むしろ感想ですらない唾棄すべき文字の塊(笑)

  • やはり作者が変わると微妙に両さんのイメージが変わるのが良い。
    すごくかっこ良かったり、ちょっと抜けていたり。
    作者の人はこういう風に見えているのかーって感じで。
    私の中での一番は、京極夏彦。
    作品をだいたい読んでいたので登場人物がわかるところがいい。
    意外な未来になっていたので読んでいて驚いた。
    関口先生がなくなっている事にはちょっとショックだったけど…

    なので、他の作家の作品も自身の作品の登場人物とクロスオーバーさせているので、その作品を読んでみたいと思った。

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説のその他の作品

東野圭吾の作品

ツイートする