こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説

制作 : 西上 心太  日本推理作家協会  秋本 治 
  • 集英社
3.33
  • (27)
  • (93)
  • (187)
  • (20)
  • (8)
本棚登録 : 669
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087804669

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東野圭吾が書いた部分は傑作。
    江戸川乱歩賞をめざす両さん。
    締め切りが明日だと聞いて、刑務所にいる犯罪者4人に原稿を書かせて,それを継ぎ合わせて間に合わせる。
    1次予選、二次予選で,現実的でないといって切られたところが,
    最終予選では「はちけていない」という理由で落選する。

    自分を両さんにたとえて,
    文学賞を笑い者にしようとしている。
    賞をもらったことがあるから書ける嫌がらせ。
    両さんを主人公にしたからこそ書ける嫌がらせ。
    与えられた条件を自分の好きなように利用する,技術者ならではの作品に仕上がっているかも。

  • 大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾
    という、目もくらみそうな豪華メンバーによる

    「こち亀」コラボ!

    こち亀30周年記念コラボらしいんだけど
    いやぁ~~。もう最高っす!

    新宿鮫の鮫島が!
    ウエストゲートパークのマコトが!
    にこにこ園の花ちゃんが!
    そのほか、綺羅星のような人気メンバーが両さんと絡むんですよ!
    もう大興奮(笑)
    始めっから終わりまでニヤニヤしっぱなしです

    文句なしの☆5つ!!!

  • 執筆陣が超豪華!!!!!
    これからミステリ読もうかな?って人にはそれぞれの作家のアンソロジー的になってるのでオススメ。
    柴田よしきを読んでみたいなー。

  • 大沢在昌、石田衣良、 今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾という豪華作家陣による競演で、ワクワク度もMAXでしたが、結果的には非常に面白い作品でした!
    どの作品も両さんや派出所のキャラクターをうまく生かした、さすが!と、うなるような作品ばかりで、とても楽しめました。
    娯楽としては最高な作品で、今野敏のように独自の趣味感と合わせた作品もありましたが、各作家の出世作に登場するキャラクターと両さんとの共演が非常に面白かったですね。
    東野圭吾もさすがの両さんの強欲さをうまく活かした内容で痛快でした!
    これは「こち亀」ファンならずとも非常に楽しめる作品なので、読む価値ありの遊び心たっぷりの娯楽作品ですね。

  • こち亀のキャラと有名ミステリー作家のコラボ。大沢在昌、石田衣良、今野敏、京極夏彦、東野圭吾といった期待を掻き立てるメンツが両津や中川、麗子が登場するショートストーリーを展開。
    大沢先生の話では鮫島が出てきたりして、嬉しい限りで脳内ミックスがはじけますね。
    両津という稀有な存在をいろんな角度から描いていて、両津を軸にして作家の色がとても読み応えがある作品でした。
    愛されてるなぁ、両津。時々入る挿絵が秋元先生のものでなおさらおもしろいや。

  • 両津はいつ借金返すんだ。

  • 豪華ミステリ作家陣が書く、読みごたえあるこち亀!
    各作家さんごとの両さんがなかなかに面白く、楽しんで読むことが出来ました。
    こち亀ファンも、各作家さんファンも、読む価値はあると思います。

  • 豪華なラインナップの作家陣に驚いて手にとってみたがこち亀を読んだことがない人間でも凄く楽しめた。それぞれの作家の主人公とこち亀とのコラボになっていたり、こち亀オンリーの話だったり。(新宿鮫とこち亀、花咲探偵とこち亀、IWGPマコトとこち亀のように)こち亀はあまりの巻数の多さに読んでみたいという気が薄いが(2,3冊なら読んでみたいが)この連載陣の未読の作家の何人かはこち亀とコラボしていた作品を図書館で借りて読んで楽しんだ。(特にハードボイルド分野)ある意味新たな分野開拓のキッカケになってくれたありがたい本である。

  • 秋元治大先生のこち亀をまさかの小説化。
    しかも日本推理作家協会監修という…
    なんとも豪華な。

    とりあえず京極夏彦、東野圭吾が参加しているので読んでみる。

    すごいわ、これ。
    新宿鮫と両さん。
    中善寺と大原部長。
    ありえーんと叫ぶような組み合わせにニヤリ。

    京極作はなんともマニアックなネタも盛り込み、
    中善寺のきめ台詞も聞けるなんとも贅沢な短編です。

  • 圧倒的に京極夏彦。しかし、このメンバーで宮部みゆきがいないのが不思議。

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説のその他の作品

東野圭吾の作品

ツイートする