「なんかヘンだよね…」 ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間

  • 集英社
3.43
  • (50)
  • (119)
  • (162)
  • (32)
  • (13)
本棚登録 : 1082
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087805338

作品紹介・あらすじ

元ライブドア社長のホリエモンと、元2ちゃんねる管理人のひろゆき、"時代の寵児"ふたりが、格差社会・政治・裁判・メディア・お金・IT・教育からAV・風俗までニッポンの"ヘン"を語り尽くす!おかしいのはオレたちなのか?ニッポンか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西村 でも、自分にご褒美って、どう考えても 
       損失なんですよね。「こんなツラいことを   
       したんだから、あれ買っちゃえ!あぁ幸せ!」みたいな。
       別に幸せって感じなくても生きていけるんだから
       それってただの損失でしかないと思うんですよ。

  • 気の置けない話を収録したという意味でタレント本ぽいなぁというのが率直な感想。

  • 図書館
    ひろゆき
    堀江貴文

  • 対談本。テーマを決めて喋ってるわけではないので問題提起レベルの論説が多数。一般化してる一般論を一般人とは違う視点でつっついてて一般人にこそ楽しめる一冊。変人の初めは一般を疑うところから。

  • 企画勝ち!人選&文章の形式&装丁。

  • ライブドアの堀江貴文さんと2ちゃんねるの西村博之さんの対談本です。テーマは「社会」というおおざっぱなくくりでありがちではありますが、一時代を築いたお二人なだけあって鋭い切り口で社会を切ってくれます。こういった本は古くなると時代に合わなくなりますが、日本は2009年とあまり変わってないようで古さは感じませんでした。

  • ホリエモンの発想は ちょっと、未来的なところがあり
    ひろゆきが 普通の若者の発想で、
    かなり聞きにくいことや言いにくいことを
    肩のチカラを抜いて 話しているのが 印象的。

    「常識はずれ」「間違いを指摘する」
    格差は あって当たり前。
    問題は、コミュニケーション能力を高めること。
    所有の概念が 変化しているのかもしれない。
    お金は 信用であり、信用があれば、
    会社なんていらない。

    政治 裁判 税金 メディア 教育
    を もう一度 うたがって、再構成する。
    おもしろい、対談である。 

  • こちらも「やっぱり変だよね」を先に読んでしまったので順番的には逆になってしまったが「やっぱり~」よりも読みやすかった。対談形式になっている点は「やっぱり~」と変わらないが二人の考え方の違いなど興味深かった。
    西村氏のメディアは共感を得ることでお金をもらうシステムであり知識人に訴えかけるよりもバカに対して共感をおぼえさせるほうが楽という指摘はなるほどと思った。
    堀江氏の「自分が苦労している姿を人に晒すのが嫌」というのもカッコいいと思った。日本人は何かと苦労話が好きでいかにも美談っぽく語られるのも正直うんざりする面もあると思う。
    仕事から恋愛や教育まで幅広く語られていてとても面白かった。

  • 彼らの生き方・考え方を羨ましく思ったりはしませんが、このお2人特にホリエモンの言動には余裕を感じるね。

  • おもろい

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本経済新聞社編集委員兼論説委員
1992年、日本経済新聞社入社。主に東京経済部で官庁や銀行を長く担当し金融庁、経産省、日銀の各クラブでキャップ。2010年に渡米し、ニューヨークで記者・編集委員として米経済と金融を取材。経済部次長、Nikkei Asian Review統括エディターを経て現職。

「2019年 『リブラの野望 破壊者か変革者か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村博之の作品

「なんかヘンだよね…」 ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間を本棚に登録しているひと

ツイートする