ザ・万遊記

著者 :
  • 集英社
3.36
  • (29)
  • (102)
  • (170)
  • (28)
  • (6)
本棚登録 : 830
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087805628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直、小説より小説のようなけったいな体験をし、発想も大気圏突破している人だなあ、と思った。

  • ほぼ全編渡辺篤史推しである。
    建もの探訪!の人らしいが、渡辺篤史さんを存じないので面白さ半減。

    個人的には前作 万歩計 の方がはるかに面白かった。が、小説を書き始めた頃の話や、作品を書くにあたっての読書トレーニングの話は興味深い。マキメ文学はこうやって生まれるのかー。

    サッカーチーム アーセナルのベンゲル監督のラダー練習法が執筆に活かされているなんて!

  • 図書館本。

    一冊目は面白かったんだけど。

  • ゆる~い
    どうでもいいことにこだわる

    なんかいいんだなぁ^^

  • 万城目学『ザ・万遊記』も読了。図書館で著者の本を探したところ、これしか残っていなかったので。サッカーの観戦記から若き日の読書録までいろいろなテーマのエッセイ集。「建もの探訪」の渡辺篤史を偏愛する著者にニヤニヤが止まらない。書き物は伝わらなくては意味がないというポリシーに超同意。

  • 万城目さんの本は初めて読みました。

    全体的に読みやすくて面白かったけど、
    特にある芸能人に対する
    万城目さん独自の目線のエッセイが良かったです。

    まだ小説は読んだ事がないので、
    これから手にしてみたいなと思っています。

  • エッセイ。
    前作と続けて一気に読んでしまいました。

    これも結構面白いんだけど、
    温泉・スポーツ観戦、たてもの探訪(万城目さんが好きな番組)の比率がだいぶ高くて。
    前作のほうが面白かったかな。
    私の趣味の問題ですけどね。

  • 万城目さんのエッセイは絶対電車で読めない…。
    「ザ・万歩計」に続き、面白すぎた。
    万城目さんが東京でカルチャーショックを受けた話の内容に、私もカルチャーショックを受けた…。

  • サッカーがあまり詳しくないので、分かっている人はさらに楽しいかも!!と思いました。あと、関西人の気風というか、雰囲気を的確に描写している所があって、思わず苦笑いしてしまいました。

  • サラッと読める。
    普段こんなこと考えてるんだっていうのが面白い。けっこうくだらない。(だってマキメだもの←褒めてる)でも面白い。渡辺篤史好きすぎだろう笑

    あとがきが一番素敵だった。

全150件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ザ・万遊記のその他の作品

万城目学の作品

ツイートする