ザ・万遊記

著者 :
  • 集英社
3.36
  • (29)
  • (102)
  • (170)
  • (28)
  • (6)
本棚登録 : 830
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087805628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エッセイだから面白く書こうなんていう気負いは感じられず、素直に面白かった。
    今までに読んだ作品だけでなく、万城目氏その人も好きになった。

  • 最高に面白かった。
    大爆笑。

    特に「今月の渡辺篤史」シリーズが好きだ。
    『ザ・万歩計』なるエッセイと『渡辺篤史の建もの探訪BOOK』なる番組の特集本にも、万城目さんの『渡辺篤史の建もの探訪』への愛が詰まったエッセイが載っているらしい。
    是非読みたい。

  • 初めての万城目本はエッセイ集。一気に読み切ってしまった。「渡辺篤史の建もの探訪」を熱く語る「今月の渡辺篤史」が秀逸。

  • めっちゃ笑う!!

  • 面白かった!前作の万歩計も面白かったけど、この人のエッセイ面白いよ。万太郎の話とか、湯治の話とか。バルサやアーセナル見に行った話はうらやましすぎる!

    頭空っぽにして、クスッとしたいとき読むといいね。

  • 万城目学のエッセイは、いちいちツボだ。
    先に「ザ・万歩計」も読了しツボったんだが、その上をいくツボり具合だ。
    彼の作品に関連する取材の裏話は彼の著作のファンであるからあたりまえにツボなのだが、「渡辺篤史の建もの探訪」でこれほどツボるとは思わなかった。その他にもサッカー(クラシコ)話では、ヨーロッパのスタジアムの雰囲気がすごく伝わるし、とにかくツボ押されまくりな一冊。

  •  万城目学さんのエッセイとしてはザ・万歩計に続く二作目。

     いきなりドラマ「鹿男あをによし」の豪華メンバー打ち上げから始まり、フットサルでアキレス腱を切ったり、スポーツ観戦と温泉旅行エッセイのはずが、怪我のために本当の意味で湯治になったり、いやはや大変な人生です。(笑)
     それを、万城目さんならではの独特の表現で、真面目ながらもなんとも笑えます。

     よぴ吉個人的には、渡辺篤史さんをネタにしたシリーズが面白いです。篤史ラヴに溢れています。思わずYouTubeで「渡辺篤史の建もの探訪」探してしまいました。
     このエッセイのせいで、「建もの探訪」ビデオに撮って見るようになってしまいました。あの長寿番組、何を今更と言われそうですが。

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ザ・万遊記のその他の作品

万城目学の作品

ツイートする