ザ・万遊記

著者 :
  • 集英社
3.36
  • (29)
  • (103)
  • (170)
  • (28)
  • (6)
本棚登録 : 831
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087805628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 万城目さんのエッセイを読むのは二冊目。
    多分、スポーツに興味のある人なら楽しく読めると思う。私はいかんせんスポーツは阪神タイガースとロードバイク(自転車)にしか興味がないものだから…。後、温泉にも渡辺篤史にもあまり興味がないものだから…。小ネタ的な短い話は面白かった。
    万城目さんの小説は大絶賛な私なのに、エッセイは何となく合わないんだなぁ。私の印象的に「普通の男性」過ぎるのかもしれません。

  • モリミ・オッパイ・トミヒコと万太郎。ついに描かれる二人の邂逅。たった3ページのストーリーで滲み出る信頼関係。熱い。

    プリンセス・トヨトミの話がぽろぽろ。スポーツ観戦が多い点は不満である。Gフリーだけど虫との奮闘は続く。

  • 正直、小説より小説のようなけったいな体験をし、発想も大気圏突破している人だなあ、と思った。

  • 図書館本。

    一冊目は面白かったんだけど。

  • サッカーがあまり詳しくないので、分かっている人はさらに楽しいかも!!と思いました。あと、関西人の気風というか、雰囲気を的確に描写している所があって、思わず苦笑いしてしまいました。

  • 最近、いいエッセイに当たらないな。。。
    小説を書くこととエッセイを書くことって
    本当に違う能力を必要とするみたいだな。

  • この著者の「鴨川ホルモー」がおもしろかったので、エッセイもおもしろかろう、と借りた一冊。結果は・・・「ウーン、いまいち」でした。ただ、「渡辺篤史の建物探訪」のファンという著者の、観察眼とかそのエピソードは、おもしろかった。
    あの番組、一発撮りなんだって。下見なし。驚き!

  • 渡辺篤史さんとやらへの愛が溢れる一冊。以上。

  • ところどころ面白い内容もあるのですが、全体としてみるとつまらない内容も多くて残念な1冊でした。

著者プロフィール

1976年大阪府生まれ。京都大卒。2006年ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』が直木賞候補になる。他の著書に『ホルモー六景』『偉大なる、しゅららぼん』など。

「2016年 『バベル九朔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ザ・万遊記のその他の作品

万城目学の作品

ツイートする