JORGE JOESTAR

  • 集英社
3.17
  • (40)
  • (53)
  • (47)
  • (30)
  • (34)
本棚登録 : 736
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (768ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087806502

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さすが舞城王太郎さん。
    ぶっ飛んでるゥ。

    嫌いじゃないけど読むのがきつかった。

  • 途中までは良かったが、最後はちょっと舞城ワールドを出し過ぎたか。。。
    普通にリサリサとジョージの話をして欲しかったなあ。

  • うーん。
    色んなキャラが出て来て楽しいは楽しいけど…分厚いッ!
    舞城さん初めて読んだけどこんなノリなんすね。
    あとは西尾維新を読むのみ。
    今のところ乙一がピカイチ。

  • ぶっ飛んでんなー。
    嫌いじゃない、けど、半笑いで読んでしまう。
    そこがいいのか。
    いや、嫌いじゃないんだけどね。

  • 原作での設定や出来事がめちゃくちゃでよく分からない上にかなり長く後半は流し読みでした。でも面白かったんじゃないでしょうか、文句いいつつ楽しませてもらいました。流し読みですが。
    ジョジョのノベライズではなく舞城王太郎がかくジョジョの同人誌として読めばなかなか楽しめると思います。

  • 正直、俺にはよくわからんかった。

  • 途方もない分厚さで、今までにないぐらい、後半読むのが辛かったです。
    頻繁ではないけど、たまに出てくるハートマークとか矢印とか、アクの強い文章。奇を衒ったキャラの名前。これはこれで個性的ですが、ジョジョのカラーには対抗しきれてないのでは?
    ジョジョの擬音を意識した?変わった擬音が出てきますが、文章だけではイメージしにくく、読みづらかった。
    ストーリーは…私にはややこし過ぎてぼんやりとしか理解できませんでした(笑)このややこしい感はある意味ジョジョに近いかも。
    他の方のレビューにもあるように、同人誌的なノリと思って読むのがいいと思います。

  • 舞城王太郎さん『JORGE JOESTAR』読了。
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険』で登場することのなかった、
    ジョナサン・ジョースターの息子、
    かつジョセフ・ジョースターの父である
    ジョージ・ジョースター2世の冒険を描いた小説。
    単行本のサイズで768ページの、ものすごいボリュームの一冊でした。
    第7部から導入された、ジョースターの血統の正史に対する
    パラレルワールドのシステムを取り入れた作品でした。
    イギリス、イタリア、杜王町、
    波紋、スタンド、石仮面、究極生物、
    岸辺露伴、カーズ、ディオ、バレンタイン大統領、
    ナランチャ、ミスタ、ブチャラティ、虹村兄弟等々、
    上げていけば切りがないのですが、
    ジョジョで登場したキャラクター、設定、舞台などが
    ふんだんに盛り込まれています。
    とあるサイトで、『JORGE JOESTAR』を
    ジョジョの同人誌のような小説と評していました。
    私も、そのとおりだという印象を持ちました。

    --------------------
    ジョナサン亡き後、カナリア諸島ラ・パルマ島でエリナと暮らす少年ジョージ・ジョースターは
    リサリサと愛を誓い、成長してパイロットとなり世界大戦の空を駆る。
    その一方、日本では、福井県西暁町のジョージ・ジョースターが運命とともに杜王町へ向かう…!
    --------------------

  • 最後が理解できなかった。ジョジョ?

  • 第一印象。なんか文章の表現が好みでない。
    (20121228読み終わり。)ぐっちゃぐちゃ。ジョジョっぽくなかった。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

JORGE JOESTARのその他の作品

舞城王太郎の作品

ツイートする