ソニア・リキエルのパリ散歩

  • 集英社
3.45
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087811964

作品紹介・あらすじ

とっておきの、パリ、本当のパリのエスプリ!!今なお斬新なファッションを発表し続けるデザイナー、ソニア・リキエル初のフォトエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ニットをメインにした素材と、黒ベースのカラフルなボーダーでおなじみのデザイナー、ソニア・リキエル。パリジェンヌでもある彼女が、パリ市内のお気に入りの場所やテーマについて書いたエッセイ集です。

    章立てが「朝」「昼」「夜」とされているところがすでにおしゃれ(笑)。最初のエッセイのテーマは作家のガブリエル・コレット。煙草を持って男仕立てのスーツを着た彼女の写真とともに、「彼女を○○にたとえたら」とまさにインスピレーションが湧き出る瞬間のような文章が添えられています。

    見開き2ページ(文章1ページ、写真1ページ)なので、気が散らず読みやすい分量です。1ページいっぱいの分量の章もありますが、5〜6行の章もありますので、お好みでぱらぱらとめくればいいと思います。

    テーマには音楽や美食、お気に入りの場所といったアミューズメントがある一方で、パリの5月革命当時のソルボンヌ大の講堂の雰囲気なども取り上げられており、ソニア・リキエルを作ったものがよく分かるとともに、ヨーロッパ人の教養の持ちかた、というものも見せられているような気がします。ということでこの☆の数です。

  • パリの写真を楽しむには良いが、文章は難解。
    彼女が哲学的なのか、訳し方がまずいのか?!

  • こういう本、好きだなーと思いました。
    写真があって、言葉があって。
    パリ行ってみたかったんですが、これ読んでますます、行きたくなった。

  • 絵本のような感じで読んじゃった!
    ソニアリキエルのエッセンスがたっぷりつまった感じ★

全4件中 1 - 4件を表示

ソニア・リキエルの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×