• Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087812602

作品紹介・あらすじ

ミステリー本能寺の変、最新史料と新解説。なぜ、殺したのか?黒幕は誰か。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【目的】

    【引用】

    【感じたこと】
    秀吉は知っていたのか。
    イエズス会は関与しているのか。
    黒幕はだれか。

    【学んだこと】

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家。1955年福岡県生まれ。久留米高専卒。東京の図書館司書を経て本格的な執筆活動に入る。1990年、『血の日本史』で単行本デビュー。『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』『レオン氏郷』『下天を謀る』『冬を待つ城』『おんなの城』等、歴史小説の大作を次々に発表。2015年から徳川家康の一代記となる長編『家康』を連載開始。2005年に『天馬、翔る』で中山義秀文学賞、2013年に『等伯』で直木賞を受賞。

「2022年 『家康はなぜ乱世の覇者となれたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安部龍太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
加藤 廣
谷口 克広
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×