犬がいたから

著者 :
  • 集英社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087813890

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 犬との出会い。犬との過ごし方などを考えました。
    短編で字も大きく読みやすい。すぐ読めちゃいました。

  • 犬派か猫派か聞かれたら間違いなく犬派!! パッヘルベルのカノン?森高のHey! 犬?!、レゲエやスカ。とにかくシチュエーションに合う音楽が人それぞれあるんだ。

  • 『4コマ図解・読書録゛(ログ)』No.13
    http://archive.mag2.com/0000255083/20080325033000000.html
    石黒謙吾:犬がいたから
    『盲導犬クイールの一生』でおなじみの石黒謙吾氏の初の短編小説。

  • 生きていくあなたを、犬は見つめている。
    「盲導犬クイールの一生」の石黒謙吾が贈る、心にしみいる7つの短編。
    記憶をつないで奏でる、人と犬との協奏曲。(コンチェルト)

  • タイトル通り、犬が関わる7つの短編集。もっとじんとくる話ばかりかと思った。中途半端に終わる話が多くてがっかり。

  • 「盲導犬クイールの一生」の作者による犬をめぐるいくつかの短編集。人と犬のかかわり方が甘ったるくならず、だけどとても優しく描かれていて犬好きには楽しい小説集。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

企画プロデュース&編集 石黒 謙吾(いしぐろ けんご)
著述家・編集者。1961年、金沢市生まれ。
著書には、映画化された『盲導犬クイールの一生』、『分類脳で地アタマが良くなる』、『図解でユカイ』、『2択思考』『エア新書』『ダジャレ ヌーヴォー』など幅広いジャンルで多数。プロデュース・編集した書籍も、『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(神田桂一、菊池良)、『ジワジワ来る○○』(片岡K)、『負け美女』(犬山紙子)、『餃子の創り方』『飛行機の乗り方』(ともにパラダイス山元)など250冊以上。

WEBサイト
http://blueorange.co.jp/blog/

Twitter
https://twitter.com/ishiguro_kengo

Instagram
https://www.instagram.com/1496kengo/

「2021年 『昭和レコード超画文報1000枚 ~ジャケット愛でて濃いネタ読んで~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石黒謙吾の作品

ツイートする
×