大衝突 ―巨大国家群・対決の行方

著者 :
  • 集英社
3.72
  • (8)
  • (6)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087813968

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 飛ばし読みしながら

    アメリカの、太平洋に対する思い
    ダルフール紛争と中国の関係
    ビンラディンとフセインの関係
    中国、尖閣諸島の三段論法

  • 無関心で全然知らなかった私だけど、色んな国の事情が少し分かりました。

    この書籍は何年も前に発売されてるから、それ以降のことも知りたいなと思いました!

    池上彰さんの本は分かりやすかったです!

  • 覇権国家は自国以外の覇権を認めようとはしない。中国が覇権国家として強大な力を持たないようにするために、アメリカは対中封じ込め政策を練ることになる。

    チャイナフリーの生活は無理。
    米中両国の共通の利害が日本と戦うことだった時代もあることを忘れてはいけない。

    中国が注力してくるのは台湾問題と資源エネルギー。

  • 4年前の情報ですけど、勉強になりました。その後の4年で更に情勢が変化してますが、現在に至るまでの状況が良くわかって、最新の情報を知りたくなってます。

  • 400ページほどあるが、読み疲れすることもなくサクサク読んだ。

    テレビで話されるようにわかりやすく、書かれており国際関係や時事問題に興味のある方には、格好の入門書だろう。

    2008年とやや昔の感もあるが、今読んでもその分析と解説に違和感を覚えることもない。

  • さすが池上氏!!!と言える良書。
    分かりやすいし、大事なことがきちんと書いてある気がしますが、あと一歩踏み込みが弱いなぁというところが少ーーしだけ不満。

    今、世界経済や世界政治を新聞だけをパッと読んで把握しようとするのはあまりにも難しく、このような全体感を分かったなかで個別の記事に触れるということがとても大事だし、記事の論調に流されないための自己防衛技術として大事だと思う。

  • 勤勉な方の本は面白いね。
    分かり易いです。

  • 米中・中露・欧米露の対決構造は必見。惜しむらくは、米中東が石油であっさり片付けられている感がある。

  • 読みやすいの一言に尽きる。
    さすが、こどもニュース。


    中国、ロシアの少子化は日本の次に顕在化してきそうですね。

    それからサウジの教育はちとまずいと思います。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上彰(いけがみあきら)
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。科学・文化部記者を経て、NHK報道局記者主幹に。2005年3月にNHKを退職し、フリーのジャーナリストに。
主な著書に、『経済のことよくわからないまま社会人になった人へ(第4版)』(海竜社)他、多数。

「2020年 『池上彰の今さら聞けない日本のこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
村上 春樹
池井戸 潤
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×