佐藤可士和×トップランナー31人

制作 : 集英社 編集部 
  • 集英社
3.54
  • (20)
  • (32)
  • (47)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 310
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087814149

作品紹介・あらすじ

時代の空気をかたちにする気鋭のクリエイター佐藤可士和が迫る、31人の横顔と「今」への軌跡。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 様々なジャンルのゲストと佐藤可士和さんとの対談集。芸術家でも意外と感性だけではなく、ロジカルな考え方の元に仕事をしていることに驚いた。戦略的に自分のキャリアを築いていっているところにも。
    やはり、一流の聴き手は一流のゲストと話が通じやすいのかもと思った。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「一流の聴き手は一流のゲストと」
      そうかも、、、
      佐藤可士和のように、クライアントの望むことがスパっと判って、それにチョイっと色付け出来れば...
      「一流の聴き手は一流のゲストと」
      そうかも、、、
      佐藤可士和のように、クライアントの望むことがスパっと判って、それにチョイっと色付け出来れば、凄いだろうなぁ~と思っているけど。。。無理だよねー
      2012/07/07
  • ジャンル問わず、おもしろい方々と対談している。それに、ほとんど佐藤可士和さんは聞き手となり、相手の話を聞きだしている。なかなか読み応えがあります。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「相手の話を聞きだしている」
      やっぱり仕事が出来る人は、聞き上手なんでしょうね!
      「相手の話を聞きだしている」
      やっぱり仕事が出来る人は、聞き上手なんでしょうね!
      2012/04/18
  • 佐藤可士和×トップランナー31人

  • 対談集までも行かない。雑誌連載をまとめただけか

  • 佐藤可士和ってどんな人?と思って読んだ。
    写真があるので、名前だけを見て対談を読むよりは楽しめたと思うけれど、とっかかり的な意味ではいいとしても読み物として軽すぎてなんだか不完全燃焼な気分。

  • 成功している人の自信と余裕はかっこいい。

  • 2007(?)-2009年の時代の時の31人と佐藤可士和さんの対談集。

    雑誌の企画が前提ということもあって、一人一人、あるテーマに沿って深く突っ込んでの対談ではなく、それぞれの得意分野のヒアリングといった感じのさらっとした対談集。

    ビジネス、デザイン、芸術、スポーツ等の第一人者との対談だけあって、それぞれの中に、気になる一文を見つけることができた。
    サラリーマンでも、共感できたり参考にできる一文があると思う。

  • 興味のある人ばかり。この本を名簿として、どんどん読書が広がった。

  • ☆☆☆★

  • 目指すターゲットを持たないと人生は成功をしない。自分の仕事に使命と理想を持って取り組んでいればチャンスも生まれると信じ、40代までに自分の方向性を定めるのが大切。

    勝つために近道はない。毎日のプロセスを大切に地道に練習をして、どうすれば勝てるか知恵を絞る。変化が進化と心得て、自身があってもそこに固執しないこと。

    現実の世界の厳しい条件の中で過酷な試練を乗り越えたものだけが、リアルワールドを見ることができる。

全40件中 1 - 10件を表示

佐藤可士和×トップランナー31人を本棚に登録しているひと

ツイートする