みにろま君とサバイバル 世界の子どもと教育の実態を日本人は何も知らない

著者 :
  • 集英社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087817058

作品紹介・あらすじ

これからの時代、絶対知っておくべき、
世界では常識、日本では非常識なトピックが満載!
英国在住の日本人有名ツイッタラー「めいろま」こと谷本真由美氏による、
息子みにろま君(愛称)が生まれて初めてわかった、
海外と日本とでは驚くほど異なる教育事情、子育て環境の赤裸々レポート。
コロナでわかった真の国力と教育の重み、
新興国の富豪の過酷な教育方針はなぜか、多国籍な言語環境に放っておけば、
マルチリンガルなグローバルエリートに育つわけではないなど、
日本で暮らす日本人の親子が全然知らない本当の情報がわかります。
ベストセラーシリーズ『世界のニュースを日本人は何も知らない』の、
子育て版ともいえる本!



はじめに
第1章 子供を持つことで社会の見方が変わった
第2章 海外では……は真っ赤なウソだった!
第3章 子供の人権、それはどこ?
第4章 コロナで暴かれた海外の現実
第5章 バイリンガル教育の実践
第6章 100マス計算が否定される国
第7章 子供を国際人に育てるには?
終わりに――みにろま君にひとこと

【著者プロフィール】
谷本真由美(たにもとまゆみ)
1975年神奈川県生れ。著述家、元国連専門機関職員。英国在住の日本人有名ツイッタラーめいろま(@May_Roma)として、かねて時事や文化、ビジネスに関し、数々の舌鋒鋭いツイートを展開している。数年前に息子のみにろま君(愛称)が生まれ、子育て事情の情報発信も増えた。日本、英、米、伊など世界各国での就労経験がある。米国シラキュース大学大学院にて国際関係論および情報管理学修士を取得、ITベンチャー、コンサルティングファーム、国連専門機関、外資系金融会社を経て、現在はロンドンに住む。近著に『世界のニュースを日本人は何も知らない』『世界のニュースを日本人は何も知らない2 未曽有の危機の大狂乱』『日本人が知らない世界標準の働き方』など。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハックショイ!
    そこに たまたまNYから一時帰国していた
    「海外出羽守」がいて
    彼女 曰く
    ー あれっ みなさん
      そのあとに なにか言わなきゃ
      God bless you って つけなきゃ

    という 話を知人から聞いたばかりです

    いるんだよねー
    少ちょっと滞在していた輩に
    こんな奴が

    実際に 性根を入れて海外(日本以外の国)に
    暮らしたことのある人は
    間違っても 恥ずかしくて
    そんなことは 絶対に言わない

    このような 話がてんこ盛りに
    書き綴られた一冊です

    書き慣れておられることも
    あり
    次から次へと
    ーそんなことは あり得ない
    の オンパレード が
    実に心地よく 読ませてもらえます

    「日本人は何も知らない」
    をキーワードにして
    さすが 海外での就労経験、放浪経験での実話を
    もとに おもしろおかしく読ませてもらえました。

  • こう言うエッセイ的なモノに国際的な違い。外からと言うか、外に触れる状態でこそ見えるニホンと言うのは、少し流行なんでしょうね。とは言え、子育てであったり、大きく変わる状況で見えてくるものが変わるとか、国によっての違いって、どう冷静に文字にするかってのは難しいですよね。そのうえで、パッション的なアツい想いも乗らないと伝わらないですし。いくつか読むと多面的に見えるものもありますよね。

  • リバリアン 完全自由主義…個人が自由に活動し、無駄を省いて、自分の能力を最大限発揮することが、社会に最も貢献することだと考えている

    「海外出羽守」…何でもかんでも海外の方が素晴らしいと絶賛する人

  • 問題が山積してるといっても、日本の教育、保育は恵まれてるんだな‥ということが分かった。
    子どもをグローバル人材に育てるにはという指南がとても参考になった。

  • 167
    良い教師と英語学校の探し方
    英語を学ぶにあたって良い先生を探すのは、実は非常に難しい。

    英検とTOEICなどの点数あげをしたいから、高校時代の英語の先生がすごい良い先生で個人的にお願いしたら、今は親の介護で忙しいのでできないと言われてしまった。
    どこかオンラインでいいのでいい先生探せないか。あるとは思うけど、自分と合ういい先生にあたるまでがなかなか時間かかるんだよな、、。

    特に言語学で修士以上の学位をもつ方や、英語を書くことを本業としているジャーナリストや大学教授のような人々というのは、人件費がとても高く、時間単位の時給は日本大手企業の部長の数倍になることがある。
    コンサル、研究をやったほうがマニーがよい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

谷本真由美(たにもと まゆみ)

著述家。元国連職員。
1975年、神奈川県生まれ。
シラキュース大学大学院にて国際関係論
および情報管理学修士を取得。
ITベンチャー、コンサルティングファーム、
国連専門機関、 外資系金融会社を経て、現在はロンドン在住。
日本、イギリス、アメリカ、イタリアなど世界各国での就労経験がある。
ツイッター上では、「May_Roma」(めいろま)
として舌鋒鋭いツイートで好評を博する。
趣味はハードロック/ヘビーメタル鑑賞、
漫画、料理。
著書に『キャリアポルノは人生の無駄だ』(朝日新聞出版)、
『日本が世界一「貧しい」国である件について』(祥伝社)、
『不寛容社会』(ワニブックスPLUS新書)など多数。

「2021年 『世界のニュースを日本人は何も知らない3 - 大変革期にやりたい放題の海外事情 -』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷本真由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山崎 聡一郎
米澤 穂信
ヨシタケシンス...
村田 沙耶香
朝井 まかて
エラ・フランシス...
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×