名画の中で働く人々 ───「仕事」で学ぶ西洋史

著者 :
  • 集英社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 344
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087817263

作品紹介・あらすじ

【描かれた「仕事」で絵画を読み解けば、西洋史の驚きのストーリーが見えてくる!】

「看護師」はひと昔前なら「看護婦」。神話の時代からある仕事とは? 「リケ女」の走りは命がけ! 知っているようで知らない、仕事のルーツや歴史を、『怖い絵』シリーズの中野京子が解説。今まで見えてこなかった、もうひとつの西洋史がそこにある。
収録された絵画、全50点。中世から現代アメリカ絵画まで、幅広いラインナップと驚きのストーリーが「見る」西洋史の世界へ誘います。

闘牛士 ― 動物虐待か、スポーツか、はたまた神事か
侍女 ― 宮廷の奥深くに入り込む「侍女は見た」!?
香具師 ― 今も昔も変わらぬ騙す騙されの世界
宮廷音楽家 ― ライブが全てだった時代特有の苦労
羊飼い ― 社会のアウトサイダーにならざるを得なかった
女性科学者 ― 「リケ女」のはしりは命がけだった
道化 ― 舞台でおどけて、楽屋で泣いて
警官 ― 絵画の主役にはなりにくい役回り
思想家 ― 簡単なことを難しく考えるのが仕事?
ファッション・デザイナー ― 衣装を見ればどんな時代かわかる
大工 ― イエスと結びつき、神聖化された職業
看護婦 ― プロフェッショナルと認められるまでの長い道のり
政治家 ― ヘンリー八世に仕え、明暗をわけた政治家たち
修道女 ― 神に捧げる一生ですら時代に翻弄されて
船頭 ― 神話世界から続く職業も今や先細り
異端審問官 ― 泣く子も黙らせ、良い子も騙すテクニック
傭兵 ― 世界最古の男の仕事。舞台は戦場。
女優 ― 女はもともと演技上手。その最高峰が……
子どもも働く ― 厳しい環境を逞しく生き抜く
天使も働く ― 人間のためではなく神のために働くのは当然

◆中野京子(なかの きょうこ)
北海道生まれ。作家、ドイツ文学者。西洋の歴史や芸術に関する広範な知識をもとに絵画を読み解くエッセイや歴史書を多く執筆。『怖い絵』シリーズは好評を博し、2017年には「怖い絵展」、続く2022年には鈴木おさむによる脚本・演出で舞台化もされた。他の人気シリーズに『美貌の人』、『名画で読み解く12の物語』、『名画の謎』、『運命の絵』など。近著に『中野京子と読み解くフェルメールとオランダ黄金時代』がある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵の面白さは細部に宿る『名画の中で働く人々 ――「仕事」で学ぶ西洋史』
    中野京子さんに聞く
    青春と読書
    http://seidoku.shueisha.co.jp/2210/read01.html

    集英社学芸部 - 学芸・ノンフィクション
    http://gakugei.shueisha.co.jp/kikan/978-4-08-781726-3.html

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家・ドイツ文学者。北海道生まれ。2017年「怖い絵展」特別監修者。「怖い絵」シリーズ、「危険な世界史」シリーズ、『大人のための「怖いクラシック」オペラ篇』(すべて角川文庫)、『絵の中のモノ語り』(KADOKAWA)『異形のものたち 絵画のなかの「怪」を読む』(NHK出版新書)、「運命の絵」シリーズ(文藝春秋)、「名画で読み解く 王家12の物語」シリーズ(光文社新書)、『美貌のひと』(PHP新書)、『残酷な王と悲しみの王妃』(集英社文庫)、『画家とモデル』(新潮社)など、著書多数。

「2022年 『展覧会の「怖い絵」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野京子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
原田 ひ香
N
道尾 秀介
凪良 ゆう
知念 実希人
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×