かくかくしかじか 1 (愛蔵版コミックス)

著者 :
  • 集英社
4.23
  • (349)
  • (292)
  • (136)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 2717
感想 : 274
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087824575

作品紹介・あらすじ

これまで決して描かれなかった、東村アキコの半生がいよいよベールを脱ぐ…!少女まんが家を目指していたあの頃を、強烈なキャラとエピソードで描き出す、笑えて泣けるコミックエッセイ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東村さんの自伝漫画。

    漫画力、すさまじいです。
    ☆5つを強調表現したいくらい。

    リズムが良く、すばらしくエンターテイメント。
    笑えて、泣けて、感動できる。そのバランスも絶妙。
    完成度が高い漫画で、物語にぐいぐい惹きこまれます。

    センセイやアキコの間抜けなところ、かわいらしいところをよく描き、笑ってしまう。いわゆる筆者のツッコミ力のなせる技。いろんな人を客観的に観察してるからこそ、このツッコミの切れ味があるのだろう。

    そして、この漫画には涙がでるグッとくるシーンも多い。

    それは、主人公のアキコと絵のセンセイとの交流。
    指導は非常に厳しく、スパルタ。だけど素朴な、生徒のことをすごく思ってくれる先生に対して、アキコはあっけらかんと鈍感に先生によっかかっている。
    親の心子知らず。のような関係。
    子どもはのびのびと親に保護されていることも知らずに育っていく。親はいつでも子供が心配。そして心の底から愛している。

    そのような関係が師弟関係として成立している。
    現実の厳しさの前に、センセイの愛をさりげなく感じるときに感動する。

    美大を受験するということ、絵を極める世界の厳しも、ひしひしと伝わる。

    東村さんプロフェッショナルなんだなーと思わせるような、厳しい道をなんだかんだ勝ち抜いてきた選ばれし人なんだなーと、しみじみ思う。

    あっけらかんと、時に打算的に考えるような若さもありつつ、真剣に絵に向き合う、高校生の主人公に、青春の美しさを感じる。

  • 美大を受験するまでの絵画教室での先生との話を中心に
    マンガ家さんになるまでの東村さんの自伝マンガ。

    「ひまわりっ」では事実の基づきつつのフィクションだから
    自伝となる今回とはまた違った話になってて別物な部分もあるけど、
    ひまわりと少しリンクしつつ実際の様子が見れてうれしい。

    辿りつく結末に悲しいことがあることは分かってるから
    切ないけれど…、でも厳しくてあったかい先生の話と
    美術を学ぶということの断片が見れて楽しい。

    東村さんの高校生当時に思ってた「人生設計」。
    大学卒業とともに豊川悦司と結婚して、仕事は
    時々読み切りを描く程度にして家庭を一番に考えた
    幸せな生活って………、先生どれだけ連載抱えてんですか!
    な今の現状との差がパンパない[笑]

    切なさの中にもちゃんとしっかり笑いを入れてくれる
    東村さんが大好き!もし子供が生まれたら絶対読ませてあげたい。

  • 爆笑箇所がたくさん!最後は泣いた。いい先生だな〜。

  • 東村アキコ先生の自伝コミックエッセイ!自分は絵がうまい!と思っていた高3時代。美大受験を目指し、友人の紹介で通い始めた絵画教室。そこは竹刀を持った日高先生が教えるスパルタ絵画教室だった!

    楽しく絵を描いていた美術部の活動から一転、竹刀を振り回す絵画戦国時代へと突入!日高先生の強烈なキャラはすごい!ぼくだったら見学してすぐ辞める(笑) 東村先生のユーモアセンスもあって、厳しい中にも日高先生のあたたかみが感じられる内容になっていると思う。走って追ってくるシーンは爆笑してしまった。

    日高先生に連れていかれた居酒屋のシーンや、現在の東村先生が自分のためにお茶を淹れるシーンはほろ苦くて好き。このタイミングで過去を振り返って描くことが東村先生にとって必要だったんだなって伝わってくる。受験生とのやり取りも自分の当時を思い出して胸がギュッとなる。それにしても、学科試験対策でマークシート攻略とダウジングを使って8割とれるとかもはや超能力の領域(笑)

  • 書店にあった試し読みペーパーにハマり、即購入。自伝ものコミックってどうかなと思っていたけれど、予想以上の面白さに正直びっくり。ハイテンションで笑えて泣けて…やっぱ東村さんすげ~よ、と改めて思った。
    私自身も田舎生まれなので、田舎の中高生時代の勘違い自信家っぷりって、身に覚えがあるためわかりすぎて恥ずかしい(笑)
    そんな勘違いを瞬殺してくれた、美術教室の日高先生。美術を教えるのに竹刀って…アイアンクローとか、スパルタっぷりが激しくて、読み始めはかなりビビった。
    でも、先生のそのストレートさが読み進めるほどに胸に響くんだなぁ。なんだかんだ言いつつも、美大受験に向けて熱心にその教室に通い始める明子。
    東村さんとは年が近いから、読んでいて自分の高校生時代を色々思い出してしまったよ。センター試験とか。
    明子の受験時のエピソードも、ちょっとビターで、切なくなりました。
    勘違いした田舎の女子高生が様々な挫折を経験し、どう成長していくのか。そして、日高先生は続刊でどんなエピソードが飛び出すのか。楽しみでしょうがない。
    ところで「ダウジング」ってすごいよね。自分、センターは大玉砕したので、これで点数取れるなんてまさに奇跡だよなと素直に感心してしまった。
    ストーリーだけ追っていけば青春切ない系なのかもしれないけど、全体的にキャラが濃いので(笑)激しく笑ったり急に涙したり、とにかく忙しいマンガです。いろんな意味で、前向きになれるよ!

  • 【あらすじ】
    これまで決して描かれなかった、東村アキコの半生がいよいよベールを脱ぐ…!少女まんが家を目指していたあの頃を、強烈なキャラとエピソードで描き出す、笑えて泣けるコミックエッセイ!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • このマンガ東村アキコさんの
    高校時代からの話が書いています。

    面白いのでお勧めします。

    続きが、気になりますね。

  • もう1話目からグッときてしまった。
    東村先生が、これだけ赤裸々に自分の過去をさらけ出して伝えたかったもの。基本的には笑える話なのに、なんだか切なくなる。それはきっと、この漫画が東村先生の日高先生への想いで溢れているから。
    一見すると怖くてめちゃくちゃな先生だけど、読み進むうちに、きっとこの人はものすごく不器用でまっすぐな人なんだっていうのがわかる。
    自分の人生を真剣に考えてくれた先生への尊敬や感謝。それから、そんな先生の気持ちに応え切れなかった後悔の念。そんなものがひしひしと伝わってくる。

    東村先生は伝えたいことを的確に、かつ面白く読ませることに長けてる。これを読んでても、「アキコ」は自分を客観視できてるし、度胸がある。(お調子者だけど)運を自分で掴みに行ってる感じ。東村先生の作品は『東京タラレバ娘』しか読んだことないけど、考えてみればあんな作品を描くのもなかなか度胸のいることだと思う。

    先生とアキコがこの先どうなるのか、続きが気になる。

  • マンガ大賞2015の受賞作品と言うことで、1~4巻まで読んでみた。
    作者の自伝らしい。
    愛する先生へのリスペクトにあふれる作品です。
    面白くはある。
    しかし、これが大賞なの?と、ちょっと疑問・・・

  • 小学生の時、自分は漫画家になる。なれる!と思っていた。
    まるで著者の幼少期のように(笑)
    ただ、自分の場合は、中学で出逢った友達が、自分よりも遥かに絵がうまく、雑誌にも投稿をしていて、入賞もしていたので、自分の絵がド下手であることを痛感させられ、諦めた。
    (その友達は、美大に行き、デザイン系の仕事をしている)

    そんな過去があったので、自信満々な林明子の気持ちは手に取るようにわかる(笑)
    そして、日高先生を拒否しようとした気持ちも。

    でも、とても良い先生だね。。
    続編がとても楽しみ。

全274件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本一筆が速い漫画家。その活躍分野は少女マンガから青年漫画まで、恋愛マンガからギャグ漫画まで多岐にわたる。

「2017年 『東村アキコ完全プロデュース 超速!! 漫画ポーズ集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東村アキコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×